「ザガッティ・パーソナル・チョイス」
世界一著名なイタリア人コレクター、バレンティーノ・ザガッティ氏
コレクション開始50周年を祝う、日本・イタリア限定流通品

世界一有名なコレクターと言っても過言ではないバレンティーノ・ザガッティ氏。氏が自らのコレクションを紹介した1999年と2004年出版の「THE BEST COLLECTION OF MALT SCOTCH WHISKY」でご存知の方も多いのではないでしょうか。今年の初めにイタリア・ハイスピリッツ社において、ザガッティ氏のコレクション開始50周年を祝う記念ボトリングの企画が立ち上がりました。しかしザガッティ氏による樽の選定は非常に厳しく、リリース時期が大幅に遅れ、ようやく今回ご案内出来ることとなりました。
コレクターによるボトリングと言えば、1970年代後半エドワード・ジャコーネ氏によるものが有名です。そのボトルは現在各種オークションなどにより評価が高騰しておりますが、今回の商品はまさにジャコーネ・ボトルの再来とも言えるリリースではないでしょうか。
イタリアには数多くのコレクターが存在しますが、ザガッティ氏に関して特筆すべきはウイスキーに対する情熱という点です。全くウイスキーを飲まないコレクターも実在する中、氏は全盲でありながら全てのボトルを愛し、見分けることが出来ます。そして毎日ウイスキーを嗜み、価格や希少性に関わらず飲みたくなれば開栓し、ゲストにも振舞ってしまいます。氏の50年に渡るコレクションは、その愛情が全てだと言っても過言ではありません。そんな氏が選んだ「カリラ」、「クライヌリッシュ」、グレンリヴェット」、「リンクウッド」、「モートラック」、「スプリングバンク」の6本は、祝福に値する彼の人生そのものではないでしょうか。残念ながら現在、氏は収集を止めてしまっているため、この6本がおそらく最後のコレクションとなるでしょう・・・。(輸入元資料より)

<バレンティーノ・ザガッティ氏より(裏ラベルに一部記載)>
1958年1月19日、私が初めて買ったウイスキーはGilbey’s Spey Royalでした。当時はウイスキーが私の人生をここまで大きく変えることにになろうとは思いも寄りませんでしたが、この魔法のような飲み物への情熱はゆっくりと“蒸留”され、ウイスキーはますます私の心を打つようになりました。ウイスキーの虜となった私は、収集したボトルをすぐに味わいたいと思い、同じものを2本入手し、1本は毎昼食後、儀式のように、もちろん節度を保ちつつ、味わっていたのです。その数年後、1960年の終わり頃だったと記憶していますが、私は遂にモルトウイスキーに出会いました。もちろん今でもブレンデッドウイスキーのことを軽視する訳ではありませんが、私はそのモルトウイスキーとの新しい出会いに、とても心を奪われたのです。
そして50年が経った今日、長年身を捧げてきたこのコレクションに幕を閉じる日がやってきました。今や膨大な種類のウイスキーがリリースされているので、このまま収集を続けることはとても難しいと感じたからです。しかし、日々の楽しみであるウイスキーは止められません。そして上質なウイスキーを味わった時にはやはり感動するものです。私は50年間にも渡る長いコレクションの道のりを経てゴールにたどり着いたお祝いに、特に気に入っている蒸留所から幾つかのモルトウイスキーを選びたいと思ってきました。気さくな友人であり、また熟知したウイスキーファンである仲間と共にコレクションをしていましたが、彼らと意見を交わしつつ、今回のボトリングの為に、様々な生産地からこの6つのモルトウイスキーを選びました。大いなる情熱の集大成であり、あなたも気に入ってもらえればと思います。
<バレンティーノ・ザガッティ氏 略歴>
1934年生まれ。1945年に自宅近くの地雷が爆破したことにより、全盲となる。学生時代にはアコーディオンで頭角を現し、各種コンクールで優勝をさらう。その腕前はプロ級と言われ、現在でも時折演奏することがある。1958年に初めてウイスキーを購入。1960年には日に12本吸っていた煙草をやめ、全てをウイスキーに注ぎ込むようになる。ブレンデッドウイスキーからシングルモルトにそのコレクションの対象を移し、現在その数は6000本以上、その9割をシングルモルトが占める。2008年にコレクションを終了。

申し訳ございません!5%の税込価格のままです。8%の消費税となりますので、価格が違います。


スプリングバンク1991/17年
(ハイスピリッツ/ザガッティ・パーソナルチョイス
50周年記念ボトル)


度数:46% 容量:700ml
¥15,737
(8%税込価格)
完売いたしました

【世界的コレクター、ザガッティ氏が最後に選んだスプリングバンク!これこそ真の味わい!】
〜かつてのスプリングバンクの味わいを求めてやまないあなたへ〜
以前に世界的なウイスキーコレクター、ザガッティ氏がかつて詰めたシェリー樽熟成のリンクウッドをご紹介させていただき、その味わいの素晴らしさから全て完売となりました。そして今回、もう一つのシリーズで注目して欲しいボトル「スプリングバンク」をご紹介させていただきます。
こちらも同じく瓶詰めより5年以上が経過し、すでにオールドボトル的風格もでてきました。ほのかに舌に残る潮の風味、鼻から抜けるかすかなピート、そして最後のフィニッシュは実に上品な柑橘系のフルーツ香が口の中を支配します。現在のスプリングバンクにどこか物足りなさや現代的な味わいを感じてしまう方、これこそが追い求めていたスプリングバンクの味わいではないでしょうか?孤高のコレクター、ザガッティ氏がそのコレクションの集大成に選んだスプリングバンク、今その真価が花開いたのかもしれません。もちろん当時のままの価格、今後ボトラーズのスプリングバンクはますます品薄になるでしょうから、ぜひ1本お手元においていただきたいボトルです。たった22本限りのご案内です。どうか買っておけば良かった。。。と嘆くことのないように、ぜひお早めに!【瓶詰め5年を経て今まさに飲み頃です・限定22本】(輸入元資料より)

リンクウッド1991/16年
シェリー樽熟成
(ハイスピリッツ/ザガッティ・パーソナルチョイス
50周年記念ボトル)


度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

ガッツリ甘く濃厚な特濃シェリー樽モルトをお求めのあなた!
弊社在庫で最強のシェリー熟成がこれです!


【弊社保有在庫で最も濃厚なシェリー樽熟成モルト】
世界一のウイスキーコレクターと言われたバレンティーノ・ザガッティ氏が、自らのコレクション開始50周年を記念し、またそのコレクター人生に一区切りをつけるために6種類のモルトを厳選し、リリースしたのは約5年前のことでした。その際に一際濃厚な色合いで目を引いたのがこのリンクウッドでした。世界最高のコレクターと言われた氏が、その集大成に選んだ樽ですから、非常にレベルの高い仕上がりであることは言うまでもありませんが、当時はまだシェリー樽の風味が強くやや飲みにくい感がありました。そして瓶詰めから約5年、今テイスティングしてみるとなんとも質のいい、たっぷりとした甘みがでており、上質なメオプルシロップや、黒糖をカラメリゼしたような濃厚な甘さが絶妙な具合になってきました。
とにかく濃厚で味わいの濃いシェリー樽が、最近は少なくなったと嘆いているあなたへ、まさにこのボトルなら満足のいく答えとなってくれることを約束いたします。上質の熟成シェリー系のボトルによくでてくる、ダシを思わせるようなコクのある風味に、やや塩っぽい味わいが加わり、非常にクリーミーで今飲んで抜群に旨いモルトに変貌をとげています。在庫は70本少々となりますので、ぜひこの価格でこのクラスのボトルが手に入る内に1本確保ください。絶対に損の無いボトルだと思います。(輸入元資料より)

カリラ1984/24年
(ザガッティ・パーソナルチョイス
50thセレブレイティング)


度数:46% 容量:700ml
¥19,430
品切れしております


モートラック1990/18年
(ザガッティ・パーソナルチョイス
50thセレブレイティング)


度数:46% 容量:700ml
¥12,870
品切れしております


クライヌリッシュ1991/16年
(ザガッティ・パーソナルチョイス
50thセレブレイティング)


度数:46% 容量:700ml
完売いたしました


グレンリヴェット1990/18年
(ザガッティ・パーソナルチョイス
50thセレブレイティング)


度数:46% 容量:700ml
完売いたしました


その他のシングルモルトのページ イチローズ・モルト マルスウィスキー シングルカスク駒ケ岳

ご注文はメール、またはお電話でお願いします。



(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 ダイエー三芳店前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 毎週水曜
営業時間 9時30分〜20時
未成年の飲酒は禁じられています