DUN BHEAGAN
ダン・ベーガン

「DUN BHEAGAN」とはスコットランドのスカイ島にある村の名前で、この地を支配していた地元もクラン(部族)が、生産者であるウィリアム・マックスウェル社の創業家と深いつながりがあったことから、このブランド名になりました。1997年にフランス向けにボトリングをスタートしたのですが、その後2002年後半に現在のパッケージになり、アメリカ、ヨーロッパや台湾などの世界各国で販売を開始しました。このボトラーの特徴は、お値段が非常にお手頃でありながら品質も優れ、売れ筋商品も含めて数多くラインナップしているところです。(輸入元資料より)

申し訳ございません!5%税込価格のままです。8%の消費税となりますので、価格が違っております。


アードベッグ1998/15年
for Three Rivers
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:57.5% 容量:700ml
バレル
完売いたしました

蒸留:1998年6月〜ボトリング:2013年
カスク1780
ボトリング本数:226本

<テイスティングノート>
香りはスモーク、ヨード、バニラ&モルト、柑橘系ピール。
味はヨードとスモーク、生ハム系の乳酸、ミント。
フィニッシュはスモークハム、レモンピール、ミンティーで潮。


【日本市場向けシングルカスク・アードベッグ1998リリース!】
今回はもうおあんじみとなったスコットランドのボトラー、ダン・ベーガンより日本市場向けにリリースされたアードベッグ蒸留所の1998ヴィンテージ15年熟成を皆様にご紹介いたします。「DUN BHEAGAN」とはスコットランドのスカイ島にある村の名前で、この地を支配していた地元もクラン(部族)が、生産者であるウィリアム・マックスウェル社の創業家と深いつながりがあったことから、このブランド名になりました。1997年にフランス向けにボトリングをスタートしたのですが、その後2002年後半に現在のパッケージになり、アメリカ、ヨーロッパや台湾などの世界各国で販売を開始しました。このボトラーの特徴は、お値段が非常にお手頃でありながら品質も優れ、売れ筋商品も含めて数多くラインナップしているところです。
今回は現地よりサンプルを取り寄せテイスティングを行い選んだアードベッグを、ダン・ベーガンのシングルカスク日本市場向けとしてリリースしました。上記テイスティングノートをご参照ください。ボトラーからのリリースがほとんどなくなった希少なアイラの人気蒸留所アードベッグですので、是非この機会にお買い求めください!(スリーリバーズさんコメント)

ブナハーブン1997/15年
ピーテッド
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:43% 容量:700ml
ホグスヘッド
完売いたしました

蒸留:1997年12月〜ボトリング:2013年
カスク5475/5478
ボトリング本数:1,548本

干草、ピート、スモーク、
ボディは優しくピーティー&ヨードとモルト、
フィニッシュにレモンピールやクローブの苦み
(輸入元資料より)


ティーニニック1982/30年
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:47.5% 容量:700ml
バット
完売いたしました

蒸留:1982年5月〜ボトリング:2013年
カスク4453
ボトリング本数:576本

オイリーなオーク、爽やかな白ワイン、甘くモルティー、
フィニッシュにかけてクリーミーな甘み、
フィニッシュはスパイシーで若干スモーキー
※加水タイプ
(輸入元資料より)


アードベッグ1998/14年
オロロソシェリーフィニッシュ
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:42.9% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留:1998年6月〜ボトリング:2012年
カスク91031/91032
ボトリング本数:1216本

色はやや濃いペールカラー。
香りはピーティーでスモーキー、ソルティー。
味はスモーク&ヨード、磯で若干のシェリー香フィニッシュ。
スモーキーで柑橘系の酸味があり全体的にソフトなアードベッグ。
奥に感じるシェリー香が心地よい。
(輸入元資料より)


クライヌリッシュ1997/15年
ラムフィニッシュ
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:48.3% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留:1997年4月〜ボトリング:2012年
カスク93451/93453
ボトリング本数:813本

香りはラム、洋ナシ、ソルティーで、
味はワクシーでフルーツキャンディー、フィニッシュはジンジャー。
ラム&ペッパーで、若干ソルティーの香りからラムフィニッシュのニュアンスを感じ、
ボディはクライヌリッシュらしいワクシーでフルーツキャンディー、
フィニッシュにも現れるラムが面白い!
(輸入元資料より)


ラフロイグ1994/17年
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:49.2% 容量:700ml
ホグスヘッド
完売いたしました

蒸留:1994年5月〜ボトリング:2012年
カスク5035/5037
ボトリング本数:954本

香りは麦芽、スモーキー、レモン系柑橘で、
ボディは香ばしい麦にトーストしたパン、フィニッシュはヨードとクローブ。
スモーキーかつピーティーの中に、
香ばしいトーストした風味が心地よく感じられるラフロイグ!
(輸入元資料より)


グレンアギー1980/30年
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:50% 容量:700ml
シェリーバット
完売いたしました

蒸留:1980年9月〜ボトリング:2010年
カスク5375
ボトリング本数:606本

“ダン・ベーガン”ニューボトリングから希少で高品質なグレンアギー!
今回はもうお馴染みとなったスコットランドのボトラー、ダン・ベーガンの新ボトリングの中から、我々がテイスティングを行い、その品質の高さを確認したグレンアギー1980を皆様にご紹介いたします。味に関しては、香りはナッティ、アーモンドにプルーンで、味はやはりナッティで強いボディと焦がした麦。フィニッシュはスパイシーで、コーヒー豆やオレンジピールを感じます。全体的にナッティでパワフルなボディに、フィニッシュはビターで心地よいオレンジピールのような柑橘系も顔を出してきます。
スコットランドで一番東端にあった蒸留所・グレンアギーは残念ながら1983年に閉鎖されました。一時閉鎖ではなく、まったく別業界の会社に売却され、すでに蒸留器等もなくなってしまっています。とてもレアなブランドで、オフィシャルものは一度もリリースされることはありませんでした。レアな蒸留所の30年熟成にしてはお手頃価格で、しかも品質が高いこのグレンアギーを是非この機会にお買い求めください。(輸入元資料より)

ザ・シックス・アイルズ
(ウィリアム・マックスウェル)

度数:43度 容量:700ml
¥3,550
品切れしております

名前のとうり、スコットランドの6つの島で造られるモルトを絶妙にヴァッティングした“ピュアアイランドモルトウイスキー”です。6つの島とは、アイラ・ジュラ・スカイ・マル・オークニーそしてアラン島です。アイラには、8つの蒸留所、オークニーには、2つの蒸留所がありますが、どの蒸留所のモルトが使われているのかを想像しながら飲むのもいいんではないでしょうか? 他の4つの島には、それぞれアイル・オブ・ジュラ、タリスカー、トバモリー、アイル・オブ・アランがあるのみです。ボトリングは、エジンバラに本拠を構えるウィリアムマックスウェル社が行っています。ちなみに、ジム・マレー氏の著書「ウイスキーバイブル2004」誌上において、“ベストニュースコッチブランド”に選ばれたそうです。
輸入元のテイスティングノート・・・香りは甘めでその奥に若干のピートがみつけられる。麦、ピート、ソルティーの順でゆっくりと旨味が広がりフィニッシュは潮の味わいが楽しめる秀逸なピュアモルト。香りで想像する以上にボディは太く、フィニッシュも長いのが印象的。

シックス・アイルズ
ペトリュスガイア・ワインカスク・フィニッシュ
LIMITED EDITION
(ウィリアム・マックスウェル)

度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

あのシックス・アイルズのワインフィニッシュ限定品第3弾、ついに登場!
いつも皆様にご愛顧頂いておりますブレンデッドモルトウイスキー「ザ・シックス・アイルズ」。名前の通り、スコットランドの6つの島(アイラ・ジュラ・スカイ・マル・オークニー・アラン)で造られるウイスキーを絶妙にブレンドした“アイランド・ブレンデッドモルトウイスキー”です。今回は、過去に2回リリースされ、大好評を頂きました限定品のワインフィニッシュシリーズ第3弾が遂にリリースされましたので、いち早く皆様にご紹介いたします。
この限定品「ペトリュスガイア・ワインカスクフィニッシュ」は、2003年蒸留の「シックスアイルズ」を約7年間熟成させた後ボルドーのシャトー、ペトリュスガイアの赤ワイン樽に移し替え、約1年間フィニッシュをかけています。総生産数は3,036本で46%での瓶詰めです。ちなみにこのシャトー、ペトリュスガイアは、同じボルドーの著名なペトリュスとは関係がありませんが、訴訟の末、「ペトリュス」の名を使用することを認められています。やはり赤ワインの樽ということで、少しオレンジがかった色をしており、スタンダード品と比べるとその色の違いが良くわかります。もちろん実際にテイスティングしましたが、ピーティかつソルティーで、12ヶ月のワイン樽フィニッシュにより、程よい甘さと酸味が出て、より複雑でボディーの太いウイスキーに仕上っています。どちらかと言うと、赤ワイン樽フィニッシュのモルトは珍味系で、評価が分かれるものが多いですが、このシックスアイルズはどなたでも充分楽しめる仕上がりになっています。
パッケージは、スタンダード品のデザインを踏襲しつつ、ボルドーカラーを意識した、存在感のある紫色のラベルです。蒸留年、ボトリング年や総生産本数も記載されていますので、まさに限定品たしいパッケージで、スタンダード品との差別化も図れます。限定品ながら非常にお手頃な価格でご案内できますので、パッケージ・味・価格の3拍子そろった“ベストバイ”ウイスキーでしょう。ボトリングはエディンバラに本拠を構えるウィリアム・マックスウェル社が行っています。過去2回のボトリングもリリース後に即完売となった大人気商品です!是非この機会にお買い求め下さい。(輸入元資料より)

ミルトンダフ1987/24年
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:55% 容量:700ml
ホグスヘッド
完売いたしました

蒸留:1987年5月〜ボトリング:2011年
カスク30071&30072
ボトリング本数:333本


アイル・オブ・ジュラ2000/11年
St.エティエンヌ・ラム・フィニッシュ
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留:2000年5月〜ボトリング:2011年
カスク91441、91443、91444
ボトリング本数:1061本


インチガワー1982/29年
(ウィリアム・マックスウェル
/ダン・ベーガン)


度数:54.3% 容量:700ml
ホグスヘッド
完売いたしました

蒸留:1982年6月〜ボトリング:2011年
カスク6993
ボトリング本数:223本


イリアン・アイランド2002/9年
(ウィリアム・マックスウェル
/シールダイグ・コレクション)


度数:58.8% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留:2002年〜ボトリング:2012年
カスク800536
ボトリング本数:260本

【孤島の嵐と呼ぶにふさわしい一本】
色は明るいレモン色。
オレンジの甘い香りとピートを感じる。
シロップのような甘さ、ピーティーでスモーキーさが広がる。
フィニッシュは長く、飲み応えがある。
甘みが広がり仄かに塩っぽさが残る。
(資料より)


【ウィリアム・マックスウェル社】「シールダイグ・コレクション」とは、「ザ・ピーター・J・ラッセル・グループ」傘下の「ウィリアム・マックスウェル社」がフランス市場向けに作ったブランド。エジンバラ近郊に本拠を構え、豊富な在庫から選ばれた質の高いボトリングを行っている。ブランド名となっている「シールダイグ」とは、西ハイランドにある小さな漁村の名前。なお、同系列の会社に「グレンゴイン」「グレンファークラス」や「アイル・オブ・スカイ」などを手掛ける「イアン・マクロード社」がある。(輸入元資料より)

その他のシングルモルトのページ イチローズ・モルト マルスウィスキー シングルカスク駒ケ岳

ご注文はメール、またはお電話でお願いします。



(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 ダイエー三芳店前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 毎週水曜
営業時間 9時30分〜20時
未成年の飲酒は禁じられています