ジャパニーズ・シングルモルト、イチローズ・モルト

〜羽生蒸留所〜

埼玉県羽生蒸留所(東亜酒造)で造られていたモルトは、2000年を最後の蒸留としてポットスチル(蒸留釜)が撤去されその行き場を失っていました。そのピンチを救ったのが、東亜酒造の創業者のお孫さんである肥土伊知郎(あくといちろう)さんでした。肥土さんはその原酒を東北、福島の酒蔵、笹の川酒造さんの熟成庫で寝かせてもらって、ベンチャーウイスキーという会社を興し、「イチローズ・モルト」というシリーズで羽生蒸留所産のモルトを世に送り出したのです。そして、現在、秩父に新しい蒸留所を建設し、新しいモルトを仕込んでいます。まさに、モルトドリーム、この熱い思いとともに、埼玉から世界に羽ばたくシングル・モルトをぜひ味わってみてください。

秩父蒸留所、操業開始!!
詳しくは、こちらをどうぞ!

価格は8%税込価格となっております。


イチローズ
モルト&グレーン「プレミアム」
ブラックラベル・バッチ4

(ベンチャーウイスキー)

度数:50% 容量:700ml
完売いたしました

色は落ち着いたアンバー。
バニラ、コクのある焦がした砂糖菓子。
熟した果物を連想させるトップノート。
スイートで華やか、オイリー、重厚で複雑で長い余韻。
長期熟成原酒の特徴を感じるしっかりとした飲み応え。
(資料より)


モルト&グレーン<ブラックラベル>は「プレミアム」!!
〜長期熟成原酒が力を発揮した重厚で華やかなウイスキー〜
2008年に蒸留を開始した秩父蒸留所ではモルトウイスキー原酒をダンネージスタイルの伝統的な貯蔵庫でウイスキーの熟成を行っています。ひと樽ひと樽個性的な熟成をする原酒の中には、シングルカスクに向いたものやブレンドに使用することで力を発揮するものなどさまざまなタイプの原酒が育っていきます。このうちブレンドで力を発揮する原酒を選びキーモルトとして、全部で10蒸留所のモルト原酒と3蒸留所のグレーンウイスキーをブレンド、長期熟成原酒が力を発揮した、重厚で複雑、華やかなウイスキーになりました。また、自然の状態にこだわり、ノンチルフィルタ(冷却濾過なし)・ノンカラー(無着色)としました。(ベンチャーウイスキーさんコメント)

イチローズ「モルト&グレーン」
ホワイトラベル
(ベンチャーウイスキー)

度数:46% 容量:700ml
¥3,158
(8%税込価格)
品切れしております

色は明るく輝きのあるゴールド。
レモンピールやオレンジピールなど
爽やかな柑橘系の果物を感じるトップノート。
スイートで軽やかな中に複雑で奥深い原酒のハーモニー、
コクのある余韻を感じる。
(資料より)


夏の新定番!?イチローズよりブレンデッドウイスキー
2008年に蒸留を開始した秩父蒸留所ではモルトウイスキー原酒をダンネージスタイルの伝統的な貯蔵庫でウイスキーの熟成を行っています。ひと樽ひと樽個性的な熟成をする原酒の中には、シングルカスクに向いたものやブレンドに使用することで力を発揮するものなど、さまざまなタイプの原酒が育っていきます。このうちブレンドで力を発揮する原酒を選び、キーモルトとして、全部で9蒸留所のモルト原酒2蒸留所のグレーンウイスキーをブレンド、さわやかで、華やかなウイスキーに仕上りました。また、自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)としました。(資料より)

イチローズ・モルトWWR
〜ワイン・ウッド・リザーヴ〜
レッドリーフラベル

度数:46% 容量:700ml
ノンチルフィルター、ノンカラー
入荷未定

<テイスティングノート>
カラー:赤みを帯びた褐色。
トップノート:フルーティチョコレート
味わい:ビターチョコレートオレンジピール、フルーティでビター。
加水により徐々にマイルドフルーティさが際立つ。
フィニッシュ:ややビターフルーティな余韻。
(資料より)

イチローズモルト<リーフラベル>シリーズ・第3弾!
本製品は赤ワイン熟成樽の空き樽をウイスキーの後熟に使用しました。熟成樽を入れ替えるというひと手間が、通常の熟成とは異なる複雑さをウイスキーに与えることとなりました。モルトウイスキー100%のウイスキーの華やかさと、豊潤さに、フレンチオーク樽による個性が加わりました。フルーティなトップノート、ビターチョコレート、オレンジピールなどの複雑な味わいが特徴です。使用している原酒は羽生蒸留所モルトをキーモルトに、数種のモルトをヴァッティングフレンチオーク製の赤ワイン樽で後熟したピュアモルト(注1)です。また、ウイスキー本来の味わいを楽しんでいただくために、冷却濾過(注2)や人工的な着色はしておりません。(資料より)

注1:モルト同士をブレンドしたものでモルト100%ウイスキー。ブレンデッドモルトともいう。
注2:冷却濾過とはウイスキー、特にモルトは低温になると成分が析出しオリとなり沈殿物が発生する。この沈殿物が発生しないように、あらかじめ冷却してオリを発生させて濾過すると濁りが出なくなる。しかし同時に旨み成分も取り除き、味わいがやせてしまう。本製品ではこの冷却濾過をしていない(ノンチルフィルター)ため、オリや濁りが発生する場合がございますが、品質に問題はありません。

イチローズ・モルトMWR
〜ミズナラウッドリザーヴ〜
ゴールドリーフラベル

度数:46% 容量:700ml
ノンチルフィルター、ノンカラー
入荷未定

カラー:やや褐色を帯びたゴールド。
トップノート:ココナッツ、華やか、熟した果物
味わい:まろやかな甘みと複雑で深みのある味わい。
ハーブ、洋ナシを思わせるフルーティそしてピーティーさ
フィニッシュ:穏やかで甘く、深みある余韻が続く。
(資料より)

ワールドウイスキーアワード2010
ブレンデッドモルトNo age部門ベストジャパニーズウイスキー受賞
MWRとは、ミズナラ・ウッド・リザーヴの頭文字をとったものです。使用している原酒は、羽生蒸留所モルトをキーモルトに、数種のモルトをヴァッティング、ミズナラリザーヴヴァットで再熟成したピュアモルト(注1)です。ピーテッドモルトを多めに使用したことで、スイートさを引きたたせました。最初には奥深い甘みを感じ、やがて複雑な味わいとピート感が口の中に広がります。また、ウイスキー本来の味わいを楽しんでいただくために、冷却濾過(注2)や人工的な着色はしておりません。(資料より)

(注1)モルト同士をブレンドしたものでモルト100%ウイスキー。ブレンデットモルトともいう。
(注2)冷却濾過とはウイスキー、特にモルトは低温になると成分が析出しオリとなり、沈殿物が発生する。この沈殿物が発生しないように、あらかじめ冷却してオリを発生させて濾過すると濁りが出なくなる。しかし同時に旨み成分も取り除き、味わいがやせてしまう。本製品ではこの冷却濾過をしていない(ノンチルフィルター)ため、オリや濁りが発生する場合がありますが、品質には問題ありません。

イチローズ・モルトDD
〜ダブル・ディスティラリーズ〜
グリーンリーフラベル

度数:46% 容量:700ml
蒸留所:羽生蒸留所&秩父蒸留所
使用カスクタイプ:
ホワイトオークパンチョン、シェリーバット、ミズナラホグスヘッド
入荷未定

WWA2009(熟成年数なしのカテゴリー)、ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッドモルト!!
イチローズモルト・ダブルディスティラリーズ(DD)は、今はもうない羽生蒸留所のシングルモルト原酒と、2008年2月に稼動したばかりの秩父蒸留所のモルト原酒をブレンド(注1)して造ったピュアモルトです。羽生蒸留所原酒はパンチョン樽を主体にシェリー樽秩父蒸留所のモルト原酒はミズナラ樽を使用しました。そして、ミズナラ樽ならではのオリエンタルなフレーバーが、羽生蒸留所原酒のスイートさを引き出し、絶妙なハーモニーを奏でることになりました。ミズナラ樽は、スコッチの基準からすれば、ウイスキーになりませんが、秩父の気候ともあいまって、わずか1年程度の熟成とは思えない秩父蒸留所の力強い熟成がブレンドにより発揮されました。
またWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)2009(注2)において熟成年数なしのカテゴリーにおいて、ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッドモルトに選ばれました。自然の風味を大切にするために、ノンチルフィルター(注3)及びノンカラー(注4)となっております。このため、濁りやオリが発生する場合がございますが、品質には問題ございません。(資料より)
ニューバッチとなり、よりフルーティになりました。是非、お試し下さい。

(注1)モルト同士をブレンドすることを、バッティングともいいます。
(注2)ワールド・ウイスキー・アワード:世界60カ国以上で読まれているウイスキーの専門誌ウイスキーマガジン主催。各カテゴリーから1アイテムのみがベストウイスキーとして選出される権威あるアワード。
(注3)ノンチルフィルター:冷却濾過を行ってうまいこと。ウイスキー原酒は成分が濃く加水や冷却によって濁りや沈殿物が生じます。これを強制的に取り除くのが冷却濾過ですが、濁り成分は旨味の成分でもあるため、味がやせてしまうことがあります。
(注4)ノンカラー:人工的な着色を行っていないこと。

イチローズ・モルト
ダブル・ディスティラリーズ
ギフトパッケージ

度数:46% 容量:200ml
蒸留所:羽生蒸留所&秩父蒸留所
使用カスクタイプ:
ホワイトオークパンチョン、シェリーバット、ミズナラホグスヘッド
入荷未定

WWA2009(熟成年数なしのカテゴリー)、ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッドモルト!!
イチローズモルト・ダブルディスティラリーズ(DD)は、今はもうない羽生蒸留所のシングルモルト原酒と、2008年2月に稼動したばかりの秩父蒸留所のモルト原酒をブレンド(注1)して造ったピュアモルトです。羽生蒸留所原酒はパンチョン樽を主体にシェリー樽秩父蒸留所のモルト原酒はミズナラ樽を使用しました。そして、ミズナラ樽ならではのオリエンタルなフレーバーが、羽生蒸留所原酒のスイートさを引き出し、絶妙なハーモニーを奏でることになりました。ミズナラ樽は、スコッチの基準からすれば、ウイスキーになりませんが、秩父の気候ともあいまって、わずか1年程度の熟成とは思えない秩父蒸留所の力強い熟成がブレンドにより発揮されました。
またWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)2009(注2)において熟成年数なしのカテゴリーにおいて、ベスト・ジャパニーズ・ブレンデッドモルトに選ばれました。自然の風味を大切にするために、ノンチルフィルター(注3)及びノンカラー(注4)となっております。このため、濁りやオリが発生する場合がございますが、品質には問題ございません。(資料より)

(注1)モルト同士をブレンドすることを、バッティングともいいます。
(注2)ワールド・ウイスキー・アワード:世界60カ国以上で読まれているウイスキーの専門誌ウイスキーマガジン主催。各カテゴリーから1アイテムのみがベストウイスキーとして選出される権威あるアワード。
(注3)ノンチルフィルター:冷却濾過を行ってうまいこと。ウイスキー原酒は成分が濃く加水や冷却によって濁りや沈殿物が生じます。これを強制的に取り除くのが冷却濾過ですが、濁り成分は旨味の成分でもあるため、味がやせてしまうことがあります。
(注4)ノンカラー:人工的な着色を行っていないこと。

TEN of DIAMONDS
テン・オブ・ダイアモンズ
(ダイヤの10)
イチローズ・モルト/カード

度数:54.9% 容量:700ml
ボトリング本数:585本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1990年〜ボトリング:2011年
1stカスク:ホグスヘッド
2ndカスク:アメリカンオークパンチョン
カスク#527
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

わずかに褐色を帯びたゴールド。
ミルクキャラメル、ミントやメンソール系のハーブ、
時間とともにフルーティー、スターアニスや乾燥イチジク、
スパイシーなアフターテイスト。
(資料より)


ワールドウイスキーアワード(WWA)2010
ベストジャパニーズウイスキー3部門受賞
1.SINGLE MALT WHISKY 21Years and Over イチローズモルト/カード キング・オブ・ハーツ
2.SINGLE MALT WHISKY 12Years and Under イチローズモルト/カード シックス・オブ・クラブス
3.BLENDED MALT WHISKY No age イチローズモルトMWR

去る2月21日(日)お台場ビッグサイトにて行われた、ウイスキーマガジン・ライヴ!において発表された、ベストジャパニーズウイスキーの発表の場において、弊社製造のウイスキーが11あるカテゴリーの内の3つの部門において日本一の評価を得ました。他の受賞ウイスキーがサントリーやニッカという大手メーカーの製品ということを考えると、私どものような地方の小さなメーカーが受賞させていただきましたこと、特にシングルモルト部門では熟成年数別3部門中2部門で最高の評価を得ましたことに驚いております。昨今、世界的に日本のウイスキーは高く評価されており、このような形で日本を代表するウイスキーとして選ばれたことを大変光栄に思っております。(ベンチャーウイスキーさんコメント)
WWAとは・・・世界100カ国以上で読まれているウイスキーマガジンの発行元である「パラグラフ・パブリッシング社」が企画、開催している世界的なウイスキー・コンペティション。製品名をウイスキーの専門家、業界著名人からなるテイスターである審査員パネラーに伝えずに評価をする「ブラインド・テイスティング」という方法によってスコアをつけてもらい選定する。パネラーは各国から選ばれ、最終選考でも国際色豊かな専門家たちによって最終選考がなされることになる。
これらのジャパニーズウイスキーが世界有数のウイスキーと同じステージに立ち、最終選考で世界一に輝くウイスキーとなる可能性もある。
EIGHT of CLUBS
エイト・オブ・クラブス
(クラブの8)
イチローズ・モルト/カード

度数:57.5% 容量:700ml
ボトリング本数:561本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1988年〜ボトリング:2011年
1stカスク:ホグスヘッド
2ndカスク:アメリカンオークパンチョン
カスク#7100
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

ゴールド。マロングラッセベッコウアメオイリー
スモーキーピーティーウッディー
繊細複雑なフレーバーでまとまりが良い。
加水スイートさが引きたつ。
(資料より)


TWO of SPADES
トゥ・オブ・スペーズ
(スペードの2)
イチローズ・モルト/カード

度数:55.8% 容量:700ml
ボトリング本数:290本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2011年
1stカスク:ホグスヘッド
2ndカスク:ポートホグスヘッド
カスク#477
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

輝きのあるオレンジブラウン。
濃縮されたベリー系ドライフルーツストロベリージャム
酸味ビターさのバランスが良い。
加水で、爽やかな柑橘系フルーツを感じる。
(資料より)


TEN of HEARTS
テン・オブ・ハーツ
(ハートの10)
イチローズ・モルト/カード

度数:61.0% 容量:700ml
ボトリング本数:295本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:2000年〜ボトリング:2011年
1stカスク:ホグスヘッド
2ndカスク:マディラホグスヘッド
カスク#463
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

褐色。
グミキャンディーのようなスイートさがある。
フルボディの赤ワインのようなビター感樽香
幾重にもかさなる複雑なフレーバー
(資料より)


FOUR of DIAMONDS
フォー・オブ・ダイアモンズ
(ダイアの4)
イチローズ・モルト/カード

度数:56.9% 容量:700ml
ボトリング本数:546本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:2000年〜ボトリング:2011年
1stカスク:ホグスヘッド
2ndカスク:ペドロヒメネスシェリーバット
カスク#9030
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

濃褐色。
キャラメルマロングラッセ
栗の渋皮のようなビターさがほんのり。
焦がした砂糖菓子
(資料より)


KING of CLUBS
キング・オブ・クラブス
(クラブのK)
イチローズ・モルト/カード

度数:58.0% 容量:700ml
ボトリング本数:417本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1988年〜ボトリング:2010年
カスク#9108
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:コニャックカスク
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

艶のあるゴールド。ウッディー&ピーティ、飴、スモークウッド様。口の中では、強力ではないがはっきりとした奥行きのあるピート香が広がる。樹液マロングラッセを感じ心地の良い熟成感となっている。(資料より)

NINE of SPADES
ナイン・オブ・スペーズ
(スペードの9)
イチローズ・モルト/カード

度数:52.4% 容量:700ml
ボトリング本数:584本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1990年〜ボトリング:2010年
カスク#9108
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:クリームシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

濃い褐色。クッキー干しブドウを思わせる甘さのトップノート。口に含むととってもスイートドライフルーツ。バランスの良い甘さはシェリー樽ファンにはたまらない。(資料より)

シングルグレーン川崎1981
(イチローズ・チョイス)

度数:62.4% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留所:神奈川県川崎市 所蔵庫:山梨県山梨市
ボトリング場所:埼玉県秩父市
蒸留年:1981年〜ボトリング年:2009年
メインカスク:リフィルシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター
ボトリング本数:710本

2009年、年明けまもなく、山梨の貯蔵庫にてあるウイスキーが発見されました。幻の「シングルグレーン川崎」です。もうすでに存在しない川崎の蒸留所にてつくられたグレーンウイスキーは、遠く山梨の地まで運ばれて、貯蔵されていました。そして、日本のグレーンとしては稀な長期熟成をした原酒となりました。
そして今回、様々な偶然と出会いが重なり、秩父蒸留所にてボトリングされ「シングルグレーン川崎」として発売されることになりました。ジャパニーズ・グレーンウイスキーで、これほどの長期熟成タイプが発売されたことは記憶にありません。(資料より)
「川崎」は、メルシャンの前身、三楽時代の蒸留所。偶然に発見された樽を現在に蘇らせた「イチローズ・チョイス」、今回は何と!シングルグレーンウイスキーです!時代の証言者となるのは、あなたです。以下、蒸留所見学の際に、ブラインドで試飲したときの印象・・・何とも言えない日本的な香り(白檀?)と柑橘系のさわやかさ。古樽で熟成されたであろう軽やかなフルーティな味わい。何となく日本的なニュアンスを感じる。丹念に調べると小麦系の味わいが顔を出してくる?
非常に印象的なウイスキー、はまります!是非、カスクマジックの名手による閉鎖蒸留所のシングルグレーンをお試し下さい!!
※本品は樽出しの自然の風味を生かすため、冷却濾過を施しておりません。したがって、濁りや沈殿物が生じ易くなっておりますが、品質には問題ございません。また、人口的な着色は一切行っておりません。

bPHANYUシングルカスク1990
逆輸入イチローズモルト(輸出ラベル)!!

度数:55.5% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留:1990年〜ボトリング:2007年
カスクaF9511 ボトリング本数:374本
ファースト・カスク:バーボン・ホグスヘッド
セカンド・カスク:ジャパニーズ・オーク

羽生蒸留所産のモルトをナンバーワン・ドリンクス社向けにボトリングしたミズナラ樽フィニッシュもの。ナンバーワン・ドリンクス社は、イギリスと日本に事務所を持ち、ヨーロッパへ日本のウイスキーを輸入販売している会社です。

ユナイティング・ネイションズ
セカンドリリース
(ベンチャーウイスキー)

度数:50% 容量:700ml
完売いたしました

色:マホガニー
香り:アンズ飴、完熟メロン、シェリー、バニラ、スモーク、ホワイトチョコ。
味:トロリとした舌触り。ピーチ、バニラ、ピリッとした塩気とピート、シェリー。
(資料より)

第2弾はペドロヒメネスシェリーカスクが肝!!
イチローズモルトで国内外を問わず大注目のベンチャーウイスキー社の肥土伊知郎氏。ユナイティング・ネイションズはその肥土伊知郎氏が、日英友好150周年となる記念の年に日本とスコットランドのシングルモルトを数種ヴァッティングしたベンチャーウイスキーならではの商品です。日本の壁、両国の壁を乗り越え国と国とがウイスキーにより結びついたこのボトルは、英国大使館が主催するUK−JAPAN2008公認ウイスキーです。
今年5月に発売された第1弾は話題性と品質の高さで900本ほどが完売となっております。第2弾となる今回の特徴はペドロヒメネスシェリー樽。マリッジの約5ヶ月間をファーストフィルのペドロヒメネスシェリー樽で寝かすことで、リッチで複雑な味わいをつくり上げています。
香りはトップから甘いシェリーの心地よい香りが立ち上がり、奥に潜んでいるピートスモーク、ハーブが徐々に現れます。口に含むとトロリとした甘いシロップが舌を包み込み、完熟フルーツフレーバーの後にしっかりと塩気を感じます。すばらしいボリューム感とバランスです。
ラベルは日本の花の象徴とイギリスの草花の象徴を大麦でつなげるユニークなラベルでボトルはどっしりとしており高級感抜群です。ブレンド比率・銘柄は第1弾同様、諸事情により明かす事はできませんが、イチローズモルトの羽生蒸留所は勿論、複数の日本の蒸留所のモルトが含まれております!メーカーの垣根を越えた稀有なウイスキーです。限定数は約1000本となりますので、お早めに!(資料より)

秩父蒸留所シングルモルト・ニューボーン
イチローズモルトよりシングルモルト「秩父蒸留所ニューボーン」をご案内させていただきます。今回のリリースは「ダブル・マチュアード」「ヘビーピーテッド」の2種です。
ニューボーンとは、<生まれたて>という意味。生まれたてのシングルモルト原酒でありながら、秩父蒸留所の気候とあいまって、数ヶ月〜数年の熟成とは信じられない味わいです。今後熟成庫の原酒がどんな熟成をしてゆくか、想像しながらお楽しみください。(資料より)
イチローズモルト
秩父ニューボーン
「ダブル・マチュアード」

度数:61.4% 容量:700ml
カスク#445
ボトリング本数:359本
完売いたしました

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年4〜5月〜ボトリング:2009年11月
1stカスクイン:2008年5月〜6月
カスクタイプ:フレッシュバーボンバレル(ヘブンヒル)
2ndカスクイン:2009年6月
カスクタイプ:ニュー・アメリカンオーク・ホグスヘッド
大麦品種:ブレマー(ノンピーテッド)
ノンチルフィルター、ノンカラー

ゴールド、バニラキャラメルプリンを思わせるスイートさ
ウッディーさと、甘さ酸味を感じるフィニッシュ
(資料より)


イチローズモルト
秩父ニューボーン
「ヘビーピーテッド」

度数:61.4% 容量:700ml
カスク#453
ボトリング本数:360本
完売いたしました

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2009年6月〜7月〜ボトリング年:2009年11月
カスクタイプ:ニュー・アメリカンオーク・ホグスヘッド
大麦品種:オプティック
ヘビーピート・フェノール値:51ppm
ノンチルフィルター、ノンカラー

2ヶ月ちょっとの熟成とは思えないピーテッドモルト。
スモーキーにほんのりヨード香。
ブラインドで出されるとアイラモルトと思ってしまうかもしれない。
(資料より)


イチローズモルト
秩父ニューボーン
「ダブル・マチュアード」

度数:61.3% 容量:700ml
カスク#447
ボトリング本数:352本
完売しております。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年4〜5月〜ボトリング:2009年10月
1stカスクイン:2008年5月〜6月
カスクタイプ:フレッシュバーボンバレル(ヘブンヒル)
2ndカスクイン:2009年6月
カスクタイプ:ニュー・アメリカンオーク・ホグスヘッド
大麦品種:ブレマー(ノンピーテッド)
ノンチルフィルター、ノンカラー

ゴールド、バニラキャラメルプリンを思わせるスイートさ
ウッディーさと、甘さ酸味を感じるフィニッシュ
(資料より)


イチローズモルト
秩父ニューボーン
「ヘビーピーテッド」

度数:61.3% 容量:700ml
カスク#451
ボトリング本数:360本
完売しております。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2009年6月〜7月〜ボトリング年:2009年10月
カスクタイプ:ニュー・アメリカンオーク・ホグスヘッド
大麦品種:オプティック
ヘビーピート・フェノール値:51ppm
ノンチルフィルター、ノンカラー

2ヶ月ちょっとの熟成とは思えないピーテッドモルト。
スモーキーにほんのりヨード香。
ブラインドで出されるとアイラモルトと思ってしまうかもしれない。
(資料より)


イチローズモルト
秩父蒸留所ニューボーン

〜肥土伊知郎氏の新蒸留所「秩父」から初ウイスキー〜

イチローズモルトで国内外を問わず非常に高い評価を受けているベンチャーウイスキー社の肥土伊知郎氏が世界中から注目が集まる中、今年2月に埼玉の地に秩父蒸留所がオープンいたしました。
今回は秩父蒸留所産の出来立てのシングルモルトウイスキーが初登場いたしました。秩父ニューボーンと名づけられたこの商品は、スコットランドでは通常「ニュースピリッツ」と呼ばれますが、日本ではウイスキーに分類されスピリッツ表記ができない為、「ニューボーン(生まれたばかりの)」というネーミングになっています。フレッシュバーボンバレルアメリカンオークの新樽ホグスヘッドで数ヶ月のみ熟成された原酒をカスクストレングスでボトリングした、通常、蒸留所見学などでしか飲むことのできない大変珍しい商品です。
秩父蒸留所には肥土氏のチャレンジ精神が溢れています。世界初となるミズナラのウォッシュバック(発酵槽)、ネックの短いずんぐりした小型のポットスチルが生み出すヘビーなスピリッツは秩父蒸留所の個性がしっかりと表れ、今後の期待◎です。
定番ウイスキーが発売されまでにはしばらく時間がかかります。是非、一足先に世界が注目する真のイチローズモルトをお試しください!
イチローズモルト
秩父ニューボーン
ミズナラ

度数:63.3% 容量:700ml
ボトリング本数:644本
完売いたしました。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年2・3月〜ボトリング:2009年2月
大麦品種:オプティック(ノンピート)
カスクタイプ:ミズナラ・ホグスヘッド(新樽)
カスク#9&#10

今度のニューボーンはミズナラ!!
2008年2月に稼動を開始した秩父蒸留所のモルト原酒“ニューボーン”。ニューボーンとは「生まれたて」という意味で、まさに生まれたてのシングルモルト原酒でありながら、今回リリースするニューボーンはミズナラの新樽。国内のウイスキー愛好家はもとより、世界各国でも話題になっているミズナラ。しかも短期熟成のミズナラ原酒が製品化されるのは非常に珍しいことです。
秩父の気候ともあいまって、わずか10ヶ月の熟成とは信じられない色合いと熟成感、大麦や樽由来の甘みやミズナラならではのハーブ系のフレーバーを感じることが出来ます。今後熟成庫の原酒がどんな熟成をしてゆくのか、想像しながらお楽しみください。
なお、本品は熟成期間が数ヶ月のためスコットランドではスピリッツに分類されますが、日本の酒税法上では熟成年数に関する規定がないため品目はウイスキーに分類されます。また、熟成期間も短いためウイスキー愛好家向けのモルトともいえます。(資料より)

イチローズモルト
秩父ニューボーン
ニューホグスヘッド#23

度数:62.9% 容量:700ml
ボトリング本数:357本
完売しております。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年4月〜ボトリング:2008年10月
大麦品種:オプティック(ノンピート)
カスクタイプ:ニューアメリカンオーク・ホグスヘッド(新樽)
カスク#23


イチローズモルト
秩父ニューボーン
バーボンバレル#80

度数:63% 容量:700ml
ボトリング本数:266本
完売しております。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年5月〜ボトリング:2008年9月
大麦品種:ブレマー(ノンピート)
カスクタイプ:フレッシュバーボンバレル(ヘブンヒル)
カスク#80


イチローズモルト
秩父ニューボーン
バーボンバレル#81

度数:63.3% 容量:700ml
ボトリング本数:270本
申し訳ございません。
完売しております。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年5月〜ボトリング:2008年9月
大麦品種:ブレマー(ノンピート)
カスクタイプ:フレッシュバーボンバレル
カスク#81


イシローズモルト
秩父ニューボーン
ニューホグスヘッド#22

度数:62.8% 容量:700ml
ボトリング本数:346本
完売しております。

蒸留所:秩父蒸留所
蒸留年:2008年4月〜ボトリング:2008年9月
大麦品種:オプティック(ノンピート)
カスクタイプ:ニューアメリカンオーク・ホグスヘッド(新樽)
カスク#22


ギンコー
ジャパニーズ・ブレンデッド・モルト

度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

<テイスティングノート(資料より)>
色:ライトゴールド
香り:シトラスバナナミルクシェイクのような甘さ
味:イングリッシュティーの中にスモーキーさを感じる
なんといっても舌触りの滑らかさが特筆で何杯でも飲めてしまいそう

肥土伊知郎氏、情熱の力作!!!
このギンコーは、ベンチャーウイスキー社の肥土伊知郎氏が海外に日本の素晴らしいウイスキーを紹介していきたいという信念の元、日本の蒸留所にその気持ちを伝え貴重な原酒を入手、シングルモルトのみをブレンディングし遂に完成した商品です。
総ボトリング本数6,000本。その中で日本においてもこの歴史的な商品を紹介していきたいとの日本サイドの意向があり半分の3,000本を国内で販売することになりました。ブレンド比率・銘柄は諸事情により明かすことはできませんがイチローズモルトの羽生蒸留所はもちろん、日本の複数の蒸留所のものが含まれています!気になる味ですがブレンデッドモルトにありがちな凡庸さはありません!!
今後、このようなリリースをされることは難しいと思いますので、ストックしておいても損がないのでは?!ぜひ!お試し下さい!!
※ギンコーとは日本でいう銀杏(ぎんなん、いちょう)の意味 銀杏は中国原産でアジアに広まり、ヨーロッパに渡った植物。アジアからヨーロッパへ・・・肥土氏のウイスキー造りへの情熱(日本にもおいしいウイスキーがある!)が伝わってくるネーミングです!


ユナイティング・ネイションズ
(ベンチャーウイスキー)

度数:50% 容量:700ml
完売です。

香りは、熟れて汁が滴り落ちそうなビワやブラウウンシュガー、樹液
味は、フルーティでサトウキビのニュアンスがあり、どっしりとした芯がある。
加えて心地よい白胡椒のスパイス感、
舌触りは餡蜜の汁のように滑らか。至極のバランス。(資料より)

UK−Japan2008公認ウイスキー
日英修好通商条約150年記念ボトリング!

このユナイティング・ネイションズは、日英修好通商条約150年を記念してつくられたもので、ボトリングしたのは、イチローズモルトで国内外を問わず非常に高い評価を受けているベンチャーウイスキー社の肥土伊知郎氏です。肥土氏は海外に日本の素晴らしいウイスキーを紹介していきたいという信念の元、日本の蒸留所にその気持ちを伝え貴重な原酒を入手。シングルモルトのみをブレンドし、日本を代表するブレンデッドモルト「ギンコー」を造り上げました。その類稀なジャパニーズモルトに更にスコッチのシングルモルトを加える事により完成したのがこのユナイティング・ネイションズです。日本の中の壁、両国の壁を乗り越え国と国とがウイスキーにより結びついたこのボトルは、英国大使館などが主催するUK−Japan2008公認ウイスキーです。
ラベルは、日本の花の象徴とイギリスの草花の象徴を大麦がつなげるユニークなラベルでボトルはどっしりとしており、高級感抜群です。ブレンド比率・銘柄は諸事情により明かすことはできませんが、イチローズモルトの羽生蒸留所は勿論、複数の蒸留所のものが含まれております!ギンコーの46%に対して50%でボトリングされており、力強く、熟成感も増しています。(輸入元資料より)

日本先行発売!世界限定1000本のみ!!
ウイスキーの歴史的快挙。世界に流出する前にストックしてみてはいかがでしょうか!?


イチローズ・チョイス/ピーテッド・ゴールデン・プロミス1994

ベンチャーウイスキー社から新しいモルトがリリースされました!その名も「イチローズ・チョイス/ピーテッド・ゴールデン・プロミス1994」。これは、羽生蒸留所のモルトではなく、日本でも有数の避暑地である小さな蒸留所(軽井沢)で造られたシングルモルトです。この蒸留所では伝統的なウイスキー造りにこだわり、オレゴンパイン製の醗酵槽、小型のポットスチルで少量生産で、こだわりのウイスキー造りをしています。
2006年の夏に、この蒸留所で伊知郎さんはウイスキー造りをする機会を得たそうです。そこで、ウイスキー造りをする傍ら、貯蔵庫に出入りし、そこで眠るウイスキーをいろいろテイスティングしたそうです。ある日、偶然にもグレンリヴェットの空き樽で貯蔵されている原酒に目がとまり、テイスティングさせていただいたそうです。
「このモルトを口にするとピートのパンチが効いています。本来この蒸留所ではノンピートのゴールデンプロミスを100%使用するのがハウススタイルのはずです。聞けば、ワンロットだけピートを効かせたモルトで仕込みを行ったということでした。」(資料より抜粋)
グレンリヴェットの空き樽、ワンロットだけのピーテッドバージョン、しかも、ゴールデンプロミス・・・。これだけそろえば、飲まずにいられないでしょう!!偶然の出会いからボトリングされた興味深いモルトをぜひ!!
ゴールデンプロミス・・・1960年代に登場した大麦品種。スコットランド産大麦に革命をもたらしたといわれています。しかし、現在では他の品種に比べ、アルコール収量や収穫量の低さのため、農家で栽培したがらなり、最新の優良品種にその地位を譲りつつあります。そしてもうひとつ、このゴールデンプロミスにこだわり続けている蒸留所があります。それは、なんと・・・シングルモルトのロールスロイスと形容されるマッカランです!マッカランでは、蒸留所周辺の農地を買収し、農家に委託して作ってもらっているほどです。

ピーテッド・ゴールデン・プロミス1994
イチローズ・チョイス 

度数:61度 容量:700ml
完売です。

蒸留:1994年 ボトリング:2006年
蒸留所:軽井沢 ボトリング本数:505本
モルトタイプ:ピーテッド・ゴールデンプロミス
カスクタイプ:EXグレンリヴェット・シェリーバット
カスクストレングス、ノンシルフィルター

テイススティングノート(資料より)・・・オイリーでハチミツや麦芽糖を思わせるスイート、ピーティさ。口の中でひろがる明らかなピート、同時に深みのある大麦を感じる甘み、僅かに香ばしいシェリー樽の影響を感じる。滑らかな舌触りやフルーティさはリヴェット樽の影響か!?

イチローズ・チョイス
シェリー・インフルエンス1983

度数:59度 容量:700ml
完売いたしました

蒸留所:軽井沢蒸留所
蒸留:1983年〜ボトリング:2007年
カスクタイプ:シェリーバット
ノンチルフィルター、ノンカラー
ボトリング本数:131本

軽井沢蒸留所のスタイルはゴールデンプロミス、ノンピート、シェリー樽貯蔵。
今後再稼動の予定が無い中、貴重になりつつあるヴィンテージ秘蔵モルトの中から典型的なシェリーバットをチョイス。
柔らかな口当たりと、シェリー樽由来の甘みと、飲み込んだ後口の中で広がる余韻をお愉しみ下さい。(資料より)


シングルグレーン川崎1982
(イチローズ・チョイス)

度数:65.4% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留所:神奈川県川崎市 所蔵庫:山梨県山梨市
ボトリング場所:埼玉県秩父市
蒸留年:1982年〜ボトリング年:2009年
メインカスク:リフィルシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター
ボトリング本数:668本

2009年、年明けまもなく、山梨の貯蔵庫にてあるウイスキーが発見されました。幻の「シングルグレーン川崎」です。川崎蒸留所ではコフィースチルを設備し、メイズ(トウモロコシ)とモルトを原料に本格的なグレーンウイスキー造りが行われていました。蒸留所稼動直後はバーボン樽を熟成に使用していましたが、後にリフィルシェリー樽も使用するようになり、山梨の桃畑に囲まれた貯蔵庫でゆっくりと熟成が進んで行きました。
様々な偶然が重なり、2009年にこの樽が見つかり秩父に移動国産のグレーンウイスキーとしては稀な長期熟成ものとしてボトリングしました。既存のグレーンウイスキーのイメージを覆す、長期熟成ならではの力強く奥行きのある味わいは、時が作り上げた過去からの贈り物です。ジャパニーズグレーンウイスキーとして、これほどの長期熟成タイプは大変稀です。(資料より)
※本品は樽出しの自然の風味を生かすため、冷却濾過を施しておりません。したがって、濁りや沈殿物が生じ易くなっておりますが、品質には問題ございません。また、人口的な着色は一切行っておりません。

シングルグレーン川崎1976
(イチローズ・チョイス)

度数:65.6% 容量:700ml
完売いたしました

蒸留所:神奈川県川崎市 所蔵庫:山梨県山梨市
ボトリング場所:埼玉県秩父市
蒸留年:1976年〜ボトリング年:2009年
メインカスク:リフィルシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター
ボトリング本数:432本

2009年、年明けまもなく、山梨の貯蔵庫にてあるウイスキーが発見されました。幻の「シングルグレーン川崎」です。もうすでに存在しない川崎の蒸留所にてつくられたグレーンウイスキーは、遠く山梨の地まで運ばれて、貯蔵されていました。そして、日本のグレーンとしては稀な長期熟成をした原酒となりました。
そして今回、様々な偶然と出会いが重なり、秩父蒸留所にてボトリングされ「シングルグレーン川崎」として発売されることになりました。ジャパニーズ・グレーンウイスキーで、これほどの長期熟成タイプが発売されたことは記憶にありません。(資料より)
「川崎」は、メルシャンの前身、三楽時代の蒸留所。偶然に発見された樽を現在に蘇らせた「イチローズ・チョイス」、今回は何と!シングルグレーンウイスキーです!時代の証言者となるのは、あなたです。以下、蒸留所見学の際にブラインドで試飲したときの印象・・・甘いトップノート。口に含むとバーボン様の甘さ、でもどことなくシェリーの甘さも感じる。なんとなく味わったことがある感触だが、明らかに違う味わい・・・バーボンのカスクフィニッシュ?・・・
カスクマジックの名手、肥土氏による閉鎖蒸留所の長熟シングルグレーン、是非お試し下さい!!
※本品は樽出しの自然の風味を生かすため、冷却濾過を施しておりません。したがって、濁りや沈殿物が生じ易くなっておりますが、品質には問題ございません。また、人口的な着色は一切行っておりません。

イチローズ・モルト
ザ・ファイナル・ヴィンテージ・オブ・羽生

度数:60% 容量:700ml
完売です。

WWA2008ベストジャパニーズシングルモルト受賞!
(熟成年数12年以下のクラス)


蒸留所:埼玉県羽生蒸留所
蒸留:2000年〜ボトリング:2008年
ボトリング本数:438本 カスクaF6095
カスクタイプ:アメリカンオーク・パンチョン
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

「ワールド・ウイスキー・アワード」(WWA)・・・世界100カ国以上で愛読されているウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が主催。ウイスキーだけを審査する唯一の世界コンテストで、ウイスキーエキスパート達によるブラインド・テイスティングによって各賞が選ばれます。「シングルモルト」をはじめ、「ブレンデッドウイスキー」、「アメリカンウイスキー」など6つの部門からなり、各部門内で数多くの製品が賞を授与されるということではなく、各部門でたったひとつだけがアワード授与の栄光に輝きます。2月10日に発表されたジャパニーズシングルモルトでは3つある熟成年数のカテゴリーのうち2つをイチローズモルトが獲得しました!!

THE FINAL VINTAGE
OF HANYU2000/2009
ザ・ファイナル・ヴィンテージ・
オブ・羽生2000/2009
(イチローズ・モルト)

度数:61.1% 容量:700ml
蒸留所:羽生蒸留所
蒸留:2000年〜ボトリング:2009年
カスクタイプ:アメリカンオーク・ホグスヘッド
カスク#:6063&6079
ボトリング本数:961本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター
完売いたしました。

<テイスティングコメント>
色:やや褐色がかったゴールド。
香り:瑞々しいフルーツ〜ハチミツ、メイプルシロップへと変化。
合間にモルティーさを感じる。
味:甘みとフルーツ、深みのある熟成感が口の中でひろがり、
ハーブを思わせるタンニンなど樽由来のフレーバーが豊富で余韻も長い。


大好評のファイナル・ヴィンテージの第二弾!!
200年が最後の蒸留となり、2004年には設備を完全に撤去してしまった「羽生蒸留所」。その最後の年に蒸留し、約450リットルサイズのパンチョン樽に貯蔵して熟成させた貴重な原酒のなかから、2樽を選びバッティングしました。同じ貯蔵庫内で熟成させていても、置き場所により、温度や湿度の微妙な違いにより、一樽一樽熟成の仕方が異なります。
今回選択したカスク#6063はフルーティー傾向が強め#6079はモルティー感が出ているタイプ。このコンビネーションをお愉しみ下さい。(蒸留所コメント)
ファーストを思い起こさせるプラムのような甘い上立香。口に含んでから徐々にスパイシーなモルト感が顔を出してくる。様々に変化する味わいをお愉しみください。

ザ・ファイナル・ヴィンテージ・オブ・ハニュウ
2000/10年
シングルカスク
(イチローズモルト)

度数:60.1% 容量:700ml
カスクタイプ:アメリカンオーク・パンチョン
完売いたしました

蒸留所:埼玉県羽生市
蒸留年:2000年〜ボトリング年:2010年
カスク#:6092 ボトリング本数:462本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

<テイスティングコメント>
やや褐色がかったゴールド。
フルーティ、バニラ〜ハチミツ、メイプルシロップへと変化。
甘みフルーツ深みのある熟成感が口の中でひろがり、
ハーブを思わせるタンニンなど樽由来のフレーバーが豊富で余韻も長い。
基本的な骨格を維持したまま、10年を迎え更に複雑で芳醇さを増した。
(資料より)

人気のファイナルヴィンテージ!!
2000年が最後の蒸留となり、2004年には設備を完全に撤去してしまった「羽生蒸留所」。その最後の年に蒸留し、約450リットルサイズのパンチョン樽で熟成させた原酒が10年を迎えました。これを記念して、数樽をカスクストレングス、シングルカスクでボトリングすることにしました。また、高級感あるれるコルクキャップの新型ボトルを採用しました。(資料より)

イチローズ・モルト
ミズナラ・ウッド・リザーヴ

度数:61% 容量:700ml
完売です。

WWA2008ロンドン大会審査製品(3月)

ボトリング:2008年
ブレンデッド・モルト・ウイスキー
リザーヴカスク:ジャパニーズオーク“ミズナラ”
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

ミズナラ・・・日本のナラの代表的な樹種。欧米産の材に比べ、液体がもれやすいため、樽にはあまり向かないとされてきましたが、最近になりその香味が注目されてきた樽材。その香味とは、「伽羅」や「白檀」にも似た、何とも言えぬ日本的なニュアンスです。ぜひ、ジャパニーズオーク“ミズナラ”を感じてみてください!!

イチローズモルトMWR

度数:46% 容量:700ml
ボトリング本数:797本
ノンチルフィルター、ノンカラー
完売しております。

カラー:明るいゴールド。
トップノート:ココナッツ、マロングラッセ、華やか。
味わい:複雑で深みのある味わい。ハーブ、洋ナシを思わせるフルーティー。
フィニッシュ:穏やかで甘く、深みのある余韻が続く。
(資料より)

MWRとは、ミズナラ・ウッド・リザーヴの頭文字をとったものです。使用している原酒は、羽生蒸留所モルトをキーモルトに、数種のモルトを使用したブレンデッド(ヴァッテッド)モルト(注)です。ミズナラ樽でフィニッシュされています。ミズナラは、世界的にも類を見ない、貴重な国産材で別名オオナラともいい、森の王様とも呼ばれています。この樽は、ブレンダーでもある肥土伊知郎氏が自ら北海道旭川でミズナラの丸太を買いつけたものを、樽職人がパンチョン樽に加工しました。
気になる味わいですが、瑞々しい果物の感じ(洋ナシ?)からビワのようなジューシーさ透明感のあるクリーミーさと相まって舌の上を滑っていきます(後口に多少あの味わいも感じられますが・・・)。前回よりもフルーティさ、滑らかさが増しており、気がついたら2杯、3杯と飲み続けてしまいます!!是非、お試しください!!

注:ブレンデッドモルトとは、SWA(スコッチウイスキーアソシエーション)の指針により、モルト同士をブレンドしたもので、モルト100%ウイスキーの呼び名。ヴァッテッドモルト、ピュアモルトと同意。



イチローズモルト・シリーズ

スコットランドの伝統的な手法に従い羽生蒸留所で造られたシングルモルトに蒸留所の設立者の孫の名前を冠したシリーズ。ポットスチルは2004年に撤去されましたが、そのスチルは移設され新蒸留所として稼動する時を待っています。


イチローズ・モルト
ヴィンテージ・シングル・モルト1986

度数:58度 容量:700ml
完売です。

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留:1986年〜ボトリング:2007年
カスクタイプ:ホグスヘッド
ノンチルフィルター、ノンカラー
ボトリング本数:225本

2000年が最後の蒸留となりその後設備を撤去した羽生蒸留所。
その貴重な原酒の中から1986をチョイス。
ホグスヘッドの古樽でゆっくりと熟成された、落ち着きのある味わいをお愉しみ下さい。(資料より)

羽生蒸留所のスッピンの味わい。このモルトを軸にしてカードシリーズが展開されていきます。
ベリー系の味わいの中にもしっかりとした羽生蒸留所の個性(穏やかなピート、樽の苦味、スパイシーさ)が感じられる、
しみじみと「やっぱり、うまいなぁ〜」と感じられるモルト。
もうちょっと熟成してくると、はっきりとストロベリー系になってくるのかな・・・?


イチローズ・モルト
ヴィンテージ・シングル・モルト1988


度数:56度 容量:720ml
完売です。

記念すべきファースト・ボトリング
蒸留所:羽生蒸留所(埼玉県) 貯蔵庫:笹の川酒造(福島県)
蒸留年:1988年 ボトリング年:2005年
カスクタイプ:ホグスヘッド オールドウイスキーカスク
1988年の樽をヴァッティング、ノンカラー、ノンフィルター、ナチュラルカスクストレングス
限定数量:600本(ボトルナンバー入り)

テイスティングコメント(資料より)
いちご、ベッコウアメ、ハチミツ、オーク、樹液カンゾウ系、ピート、ハイビスカス、
ももの濃厚な香り、フィニッシュはオーク系、上品な木の香り、シガーの葉、栗っぽさ、
リッチさがありながらドライ、山の中を感じる、桶、舌の上に残るビター、居心地の良い辛口、
ミント、ロングフィニッシュ、好ましい甘さ、マロングラッセ、スパイシー


イチローズ・モルト
シングル・カスク2000

度数:60度 容量:720ml
完売です。

セカンド・ボトリング
蒸留所:羽生蒸留所(埼玉県) 貯蔵庫:笹の川酒造(福島県)
蒸留年:2000年 ボトリング年:2005年
カスクタイプ:パンチョン リフィルアメリカンオーク(グレーンウイスキーを6年9ヶ月貯蔵後の樽)
カスクナンバー:6076 限定数量:516本(ボトルナンバー入り)
クーパー:斉藤光雄氏(1927年生まれ、埼玉県羽生市のマルエス洋樽の社長さんで日本最高齢の現役の樽職人)

テイスティングコメント(資料より)
ハーブ、ミント、草原の青草、ナッティー、マーマレード、スパイシー、シロップ、トフィー、キャラメル、シナモン、アメリカンオークのテイストが感じられる。


スケアクロウ10年ブラック・モルト・ウイスキー

度数:40度 容量:720ml
完売いたしました

貯蔵庫:笹の川酒造 カスクの種類:オールドウイスキーカスク

スケアクロウは、「案山子、こけおどし」の意味です。
見た目のインパクトは強いですが、気軽に楽しんでいただける優しい味わいのモルトです。
アライド社から買い付けた8年物のヴァッテッドモルトを国内で更に2年熟成。
フィニッシュはハードチャーした(強く焦がした)再製樽を使用し、ブラックウイスキー処理。




イチローズモルト スクエアボトル

埼玉県羽生蒸留所で造られたモルトは、現在東北の酒蔵、笹の川酒造の熟成庫で眠っています。その貴重な原酒を樽から少量ずつ払出しヴァッティングし、それぞれ300本ずつスクエアボトルにボトリング。それぞれ異なる熟成年数と後熟樽とし自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)となっております。
ラベルには県花、県木、県鳥であるサクラ草、ケヤキの葉、そして天然記念物のシラコバトを一匹配し、さりげなく蒸留所のオリジンを主張しています。(シラコバトがどこにいるかは、ラベルを手にとって探してみてください。)シラコバトの数はボトリングを重ねるごとに増やし、何代目のボトルかわかるようです。そして、ボトリングを重ねるごとに異なる味わいが楽しめるというこだわりよう。
小さく無名だがこだわりの造りをしていた蒸留所のジャパニーズ・シングルモルトの深い味わいをぜひ、お試しください。
イチローズ・モルト15年スクエアボトル

度数:46度 容量:720ml
完売です。

最低酒齢15年以上の原酒をコニャック樽で後熟。

テイスティングノート(資料より)
褐色がかったゴールド。フローラルで穏やかなトップノート。
深みのあるフレンチオーク由来のハチミツのような穏やかな甘みの中にスパイシーさを感じる。
やがて穏やかな甘みの余韻が残る上品なフィニッシュ。


イチローズ・モルト15年セカンドボトリング

度数:46度 容量:700ml
最低酒齢15年以上の原酒をコニャック樽で後熟
完売です。

今回から丸瓶に変更になり、フルーティーな香りはそのままに、ボディに厚みが増しました。
シラコバトも、1匹増えております。

<テイスティングノート(資料より)>
褐色がかったゴールド。フローラルで穏やかなトップノート。
深みのあるフレンチオーク由来のハチミツのような穏やかな甘み。
スパイシーさ。重厚なボディー。
フィニッシュは、穏やかで甘く、しっかりとした余韻。



イチローズモルト15年
サードボトリング

度数:46% 容量:700ml
ボトリング本数:766本
最低酒齢15年以上の原酒をコニャック樽で後熟
申し訳ございません。
完売しております。

<テイスティングノート(資料より)>
色:褐色がかったゴールド。
香り:フルーティさとともに、長期熟成樽の影響を感じさせるウッディーさ。
味わい:深みのあるフレンチオーク由来のタンニン、メイプルシロップのような甘み。
スパイシーさや重厚なボディ感が増した。
フィニッシュ:穏やかで甘く、深みのある余韻が続く。


Ichiro’s Malt 15Years Old 3rd Bottling
2000年が最後の蒸留となり、2004年には設備を取り外してしまった羽生蒸留所。その貴重な原酒を樽から少量ずつ払出しバッティング、年数ごとに異なる後熟樽を使用しました。また、自然の状態にこだわり、ノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)としました。
ラベルには県花、県木、県鳥であるサクラ草、ケヤキの葉、そして天然記念物のシラコバトを配し、さりげなく蒸留所のオリジンを主張しています。ボトリングを重ねるごとに増えてゆくシラコバトの数は3羽目となりました。今回のボトリングでは、いままでよりも重厚感が増した味わいをお届けいたします。
小さく無名だがこだわりの造りをしていたジャパニーズ・シングルモルトの深い味わいをお楽しみください。(資料より)

イチローズモルト15年
4th Bottling
(イチローズモルト)

度数:46% 容量:700ml
ボトリング本数:約2,100本
完売いたしました

最低酒齢15年以上の原酒をコニャック樽で後熟した原酒を中心に使用

カラー:褐色がかったゴールド。
味わい:アップルアプリコットを思わせる華やかなフルーティさ
長期熟成の影響を感じさせる熟成感フレンチオーク由来のタンニン
メイプルシロップのような甘み。スパイシー複雑なボディがある。
フィニッシュ:やわらかなフルーツスイートさ、余韻が長く穏やか。
(資料より)

次回のボトリングは2015年!!
2000年が最後の蒸留となり、2004年には設備を取り外してしまった羽生蒸留所。その貴重な原酒を樽から少量ずつ払出しバッティングしたシングルモルトウイスキーです。また、自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)としました。
ラベルには県花、県木、県鳥であるサクラ草、ケヤキの葉、そして天然記念物のシラコバトを配し、さりげなく蒸留所のオリジンを主張しています。ボトリングを重ねるごとに増えてゆくシラコバトの数は、4羽目となりました。今回のボトリングでは、フルーティかつ熟成感がさらに増しました。人気を博していた15年ですが、原酒在庫の関係で次回の発売は2015年の予定です。これを機会に少量生産のブティックスタイル・シングルモルト「イチローズモルト15年」をご賞味いただければ幸いです。(資料より)

イチローズモルト20年スクエアボトル

度数:46度 容量:720ml
完売です。

最低酒齢20年以上の原酒をシェリー樽で後熟。

テイスティングノート(資料より)
褐色がかったゴールド。甘く芳ばしいトップノート。
焼き菓子を思わせる芳ばしく複雑な甘み。
余韻が長くしっかりとしたフィニッシュ。


イチローズ・モルト20年
セカンド・ボトリング
カスクストレングス

度数:57.5% 容量:700ml
蒸留所:羽生蒸留所
ボトリング本数:633本
ノンカラー、ノンチルフィルター
完売いたしました

やや赤みを帯びた褐色。
スイート濃厚さを感じるトップノート。時間と共に変化する甘美な複雑さ
マロングラッセのようなフレーバーやビターさは、シガーなどをくゆらせながらマリアージュもお勧め。
余韻が長く熟成感を存分に楽しめる。
食後にゆったりとした気持ちで楽しみたい。
シガーモルトと呼んでもいいかもしれない。
(資料より)

20年のセカンドボトリングはカスクストレングス!!
2000年が最後の蒸留となり、2004年に設備を取り外してしまった羽生蒸留所。その貴重な原酒を樽から少量ずつ払い出しヴァッティング、年数ごとに異なる後熟樽を使用しました。また、自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)としました。さらには、20年という時の重みを十分に堪能していただくためにカスクストレングスとしました。食後に時間をかけて、ゆったりと飲んでいただきたいと思います。
ラベルには県花、県木、県鳥であるサクラ草、ケヤキの葉、そして天然記念物のシラコバトを配し、さりげなく蒸留所のオリジンを主張しています。ボトリングを重ねるごとに増えてゆくシラコバトの数は2羽目となりました。小さくとも、こだわりの造りをしていたジャパニーズ・シングルモルトの深い味わいをお楽しみください。(資料より)
ミント、クローヴ、ハチミツ、軽いショウノウ、徐々にスパイシーさ。タンニン、渋みの下にシロップ漬けのフルーツ(パイン系?)。十分な熟成感を感じ、くつろいだ気分にさせてくれるモルト。



イチローズモルト カードシリーズ

カードシリーズは、トランプをモチーフにして53種類の発売を目指すユニークなコンセプトを持つシリーズ。ホグスヘッド樽貯蔵の後、最後の数ヶ月を様々なカスク(樽)でフィニッシュし、それぞれ異なる個性と複雑さを表現。まさに、カスクマジック!その異なる個性の中にも、共通した羽生蒸留所の個性(個人的には、樹液っぽいタンニンの効いた苦味)が感じられます。
さあ、今後のリリースも含め53種類すべてのボトルを試してみませんか!?
SEVEN of DIAMONDS
セブン・オブ・ダイアモンズ
(ダイヤの7)
イチローズ・モルト/カード

度数:54.8% 容量:700ml
ボトリング本数:570本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2010年
カスク#9108
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ペドロヒメネスシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

濃い褐色。焦がした砂糖やわずかにを感じるトップノート。ウッディーさ砂糖醤油をつけたお餅マジパン。ほんのりウッディーでビターな余韻。(資料より)

THREE of HEARTS
スリー・オブ・ハーツ
(ハートの3)
イチローズ・モルト/カード

度数:61.2% 容量:700ml
ボトリング本数:807本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2010年
カスク#9108
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ポートパイプ
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

赤みがかった褐色〜オレンジ。甘みが強く程よいウッディーさ砂糖漬けのチェリーや厚みと膨らみのあるオレンジピールビタースイートな複雑さ。(資料より)

Jack of Hearts
ジャック・オブ・ハーツ
(ハートのJ)
イチローズ・モルト/カード

度数:56.1% 容量:700ml
ボトリング本数:329本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2010年
カスク#378
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:レッドオーク・ヘッズ・ホグスヘッド
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

輝きのあるゴールド。バタースコッチ、キャラメル、みつろう、ワックスを思わせるトップノート。
わずかにスモーキー焼きたてのフランスパン。徐々にタンニンのビターさが現れるフィニッシュ。(資料より)


チローズが少なく漏れやすいために、あまり樽材には使用されないレッドオーク。今回特別にヘッド(鏡板)に部分に使用した樽を使用。レッドオーク材で再び樽を造る可能性は低いかも。貴重な1本です。(ベンチャーウイスキーさんコメント)

Four of Spades
フォー・オブ・スペーズ
(スペードの4)
イチローズ・モルト/カード

度数:58.6% 容量:700ml
ボトリング本数:570本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:2000年〜ボトリング:2010年
カスク#60
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ミズナラ・パンチョン
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

やや赤みが勝った褐色。オーツクッキー、ココナッツ様のトップノート。
ハチミツのスイートさの中に、焙煎したコーヒー豆のビターさを感じる。
フィニッシュで上品なハーブティー甘草スイート&ビターの余韻。(資料より)

ミズナラの丸太を旭川の木材市場で買い付けるところから始めた思い入れのある熟成樽を使用。(ベンチャーウイスキーさんコメント)


Queen of Spades
クイーン・オブ・スペーズ
(スペードのQ)
イチローズ・モルト/カード

度数:53.1% 容量:700ml
ボトリング本数:737本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1990年〜ボトリング:2009年
カスク#466
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ポートパイプ
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

イチローズモルト初登場のポートパイプ熟成
カラーは褐色。フルーティで濃厚なトップノートベリー系の酸味を帯びたフルーツイチジクドライフルーツチェリーイチゴのショートケーキ。(資料より)

Eight of Diamonds
エイト・オブ・ダイアモンズ
(ダイアの8)
イチローズ・モルト/カード

度数:57.1% 容量:700ml
ボトリング本数:595本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2009年
カスク#9302
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:スパニッシュオーク・オロロソシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

カラーは濃い褐色。抑えられたスパニッシュオークの印象が徐々に開いてゆく黒糖のようなスイートさからマロンほろ苦くビターチョコへと変化してゆく。(資料より)

King of Hearts
キング・オブ・ハーツ
(ハートのK)
イチローズ・モルト/カード

度数:55.4% 容量:700ml
ボトリング本数:444本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1986年〜ボトリング:2009年
カスク#9033
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ペドロヒメネス・シェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

ワールドウイスキーアワード(WWA)2010
シングルモルト21Years and Over部門ベストジャパニーズウイスキー受賞
やや濃い褐色のカラー。ペドロヒメネスの濃厚なスイートさ樽由来のタンニン感は時間とともにメイプルシロップに変化。ドライフルーツ濃厚でパンチのあるフィニッシュ。(資料より)

Six of Clubs
シックス・オブ・クラブス
(クラブの6)
イチローズ・モルト/カード

度数:57.9% 容量:700ml
ボトリング本数:597本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:2000年〜ボトリング:2009年
カスク#466
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:クリームシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

ワールドウイスキーアワード(WWA)2010
シングルモルト12Years and Under部門ベストジャパニーズウイスキー受賞
明るめの褐色のカラー。ウッディー潮汁。最初は硬く閉ざされていたベールに包まれたベリー系フルーツの香りが徐々に開花スパイシーかつ甘い焼き菓子を思わせるフィニッシュ。(資料より)

Two of Hearts
トゥ・オブ・ハーツ
(ハートの2)
イチローズ・モルト/カード

度数:56.3% 容量:700ml
ボトリング本数:309本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1986年〜ボトリング:2009年
カスク#482
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:マディラ・ホグスヘッド
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

カードシリーズ初登場マディラワイン樽によるフィニッシュをかけたウイスキー。凝縮した果実ドライフルーツを思わせるトップノート。複雑かつ厚みのあるボディ。熟成が似ているマディラ樽ウイスキー相性はなかなか良い(資料より)

Five of Clubs
ファイヴ・オブ・クラブス
(クラブの5)
イチローズ・モルト/カード

度数:57.4% 容量:700ml
ボトリング本数:372本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2009年
カスク#371
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ミズナラホグスヘッド
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

トップノートでココナッツウッドスモーク香木甘さの性質黒糖からハチミツに変化してゆく。フィニッシュでスイート&ビターの余韻が長く楽しめる(資料より)

Nine of Diamonds
ナイン・オブ・ダイアモンズ
<ダイアの9>
(イチローズ・モルト/カード)

度数:58.2% 容量:700ml
完売いたしました。

蒸留所:埼玉県羽生市
蒸留年:1985年〜ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:バーボンバレル
カスクナンバー:9421 ボトリング本数:248本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

現存する羽生蒸留所最長熟モルトが久々に登場!
フルーティなトップノート。
かろやかな飲み口だが、余韻は長く奥行きのある深い味わい
長期熟成でありながらバランスの良い樽熟成
(資料より)


Three of Clubs
スリー・オブ・クラブス
<クラブの3>
(イチローズ・モルト/カード)

度数:61.1% 容量:700ml
完売いたしました。

蒸留所:埼玉県羽生市
蒸留年:2000年〜ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド
2nd&3rdカスク:アメリカンオーク新樽パンチョン
カスクナンバー:7020 ボトリング本数:592本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

フィニッシュに新樽を2回使用した「ダブルニューウッド」!!
トータルで3種類の樽を使用して熟成!

新樽由来のバニラ系のスイートさ&ウッディーさ
そしてアフターにスパイシーさ
タンニン、白木のような爽快感
(資料より)


Ace of Diamonds
エース・オブ・ダイアモンズ
(ダイアのA)
イチローズ・モルト/カード
〜FOUR SHERRY BUTTS〜

度数:56.4% 容量:700ml
ボトリング本数:527本
完売いたしました

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1986年〜ボトリング:2008年
カスク#9023
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:クリームシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター


Ten of Clubs
テン・オブ・クラブス
(クラブの10)
イチローズ・モルト/カード
〜FOUR SHERRY BUTTS〜

度数:52.4% 容量:700ml
ボトリング本数:576本
完売いたしました。

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1990年〜ボトリング:2008年
カスク#9032
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:ペドロヒメネスシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター


Eight of Hearts
エイト・オブ・ハーツ
(ハートの8)
イチローズ・モルト/カード
〜FOUR SHERRY BUTTS〜

度数:56.8% 容量:700ml
ボトリング本数:617本
完売しております。

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2008年
カスク#9002
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:スパニッシュオーク・オロロソシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター


Five of Spades
ファイブ・オブ・スペーズ
(スペードの5)
イチローズ・モルト/カード
〜FOUR SHERRY BUTTS〜

度数:60.5% 容量:700ml
ボトリング本数:632本
完売しております。

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:2000年〜ボトリング:2008年
カスク#9601
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:アメリカンオーク・リフィルシェリーバット
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター


トゥ・オブ・ダイアモンズ
(ダイアの2)
イチローズ・モルト/カード

度数:58%(実測値58.1%) 容量:700ml
ボトリング本数:259本
申し訳ございません。
完売しております。

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:1991年〜ボトリング:2008年
カスク#9412
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:フレッシュバーボンバレル

カラー:ゴールド
素朴さを感じるオーツクッキー、麦藁。ベッコウアメ。
フルーティーでほのかな酸味と甘みの融合はプラムを思わせる。
フィニッシュで感じる複雑な余韻が続く。
(資料より)


セブン・オブ・クラブス
(クラブの7)
イチローズ・モルト/カード

度数:59% 容量:700ml
ボトリング本数:345本
申し訳ございません。
完売しております。

蒸留所:羽生蒸留所
蒸留年:2000年〜ボトリング:2008年
カスク#7004
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド

褐色がかった艶のあるゴールド。
メイプルシロップ、バタークッキー、チャーした樽を感じさせる。
バニラ系の甘みの奥からタンニンが顔を出す。
加水によりウッディーさが強調される。
(資料より)


クイーン・オブ・クラブス
(クラブのQ)
イチローズ・モルト/カード

度数:56% 容量:700ml
完売です。

蒸留所:埼玉県羽生蒸留所
蒸留:1988年〜ボトリング:2008年
ボトリング本数:330本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:ニューアメリカンオークホグスヘッド(#7003)
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター


ジャック・オブ・ダイアモンズ
(ダイヤのJ)
イチローズモルト/カード

度数:56% 容量:700ml
完売です。

蒸留所:埼玉県羽生蒸留所
蒸留:1988年〜ボトリング:2008年
ボトリング本数:403本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:フレンチオークコニャックカスク(#9103)
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

今回のカードシリーズより、秩父蒸留所でのボトリングとなっております。
ベンチャーウイスキー秩父蒸留所からの記念すべき初リリースです。


エイト・オブ・スペーズ
(スペードの8)
イチローズモルト/カード

度数:58% 容量:700ml
完売です。

蒸留所:埼玉県羽生蒸留所
蒸留:2000年〜ボトリング:2008年
ボトリング本数:629本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:スパニッシュオークシェリーバット(#9301)
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

今回のカードシリーズより、秩父蒸留所でのボトリングとなっております。
ベンチャーウイスキー秩父蒸留所からの記念すべき初リリースです。


ファイブ・オブ・ハーツ
(ハートの5)
イチローズモルト/カード

度数:60% 容量:700ml
完売しております。

蒸留所:埼玉県羽生蒸留所
蒸留:2000年〜ボトリング:2008年
ボトリング本数:326本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:フレンチオークコニャックカスク(#9100)
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター


イチローズ・モルト
エース・オブ・ハーツ(ハートのA)


度数:56度 容量:700ml
品切れしております。

アメリカンオーク シェリーウッドフィニッシュ
蒸留:1985年〜ボトリング:2007年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:アメリカンオーク・シェリーバット
ボトリング本数:389本 カスクナンバー:9004

<テイスティングノート(資料より)>
香り:木の蜜、ハーブ、オーク樽、香草、樹液、酸味の利いた果実。
味:リッチで樽由来のタンニンがしっかり、口の中でシェリーの風味が広がる、濃厚だがしつこくない。
シガーやチョコレートに合わせて。


イチローズ・モルト
クイーン・オブ・ダイアモンズ

(ダイヤのQ)
コニャックウッド・フィニッシュ

度数:58度 容量:700ml
完売しております。

蒸留:1985年〜ボトリング:2007年
ボトリング本数:223本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:フレンチオーク・コニャック

<テイスティングノート(資料より)>
色:琥珀
香り:爽やかなウッディネス、柑橘系フルーツ、樹液、後にキャラメルを思わせる甘い香り。
味:果実香が口の中に広がり、甘みと酸味が複雑に交わる。飲み口はソフト、フィニッシュは複雑。
コニャック樽のヒントとフレンチオークの特徴が楽しめる。


イチローズ・モルト
ジャック・オブ・スペーズ
(スペードのJ)
ニューウッド・フィニッシュ

度数:54度 容量:700ml
完売しております。

蒸留:1990年〜ボトリング:2007年
ボトリング本数:349本 カスク・ナンバー:7002
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:ニューアメリカン・オーク・ホグスヘッド

<テイスティングノート(資料より)>
色:赤みがかった褐色。
香り:バニラ、スモーク、スパイス、時間と共に甘みとホワイトオークのフレーバーが強くなる。
味:燻製を思わせるスモーキー、バニラ、ビターさを伴う甘み。新樽らしい味わい。


イチローズ・モルト
セブン・オブ・ハーツ

(ハートの7)
シェリーウッド・フィニッシュ

度数:54度 容量:700ml
完売しております。

蒸留:1990年〜ボトリング:2007年
ボトリング本数:636本 カスク・ナンバー:9002
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:アメリカン・オーク・シェリー・バット

<テイスティングノート(資料より)>
色:やや褐色がかったゴールド。
香り:酸味を帯びた果実、キャラメルを思わせる甘いトップノート。時間とともに干し葡萄。
味:オロロソ、ペドロヒメネスを思わせるが穏やかな甘み。
ハチミツ、メープルシロップ、薫香を伴う。複雑。


イチローズ・モルト
フォー・オブ・クラブス

(クラブの4)
ラムウッド・フィニッシュ

度数:58度 容量:700ml
完売しております。

蒸留:1990年〜ボトリング:2007年
ボトリング本数:266本 カスクナンバー:9802
ファースト・カスク:ホグスヘッド セカンド・カスク:ラム・カスク

<テイスティングノート(資料より)>
色:ゴールド。
香り:香木的なウッディーさ。爽やかなトップノート。
味:のみ口は軽いが葡萄、ベリー系スイート。意外な余韻の長さ。


イチローズ・モルト
スリー・オブ・スペーズ

(スペードの3)

度数:57度 容量:700ml
完売しております。

蒸留:2000年〜ボトリング:2007年
ボトリング本数:354本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:ニュー・アメリカンオーク・ホグスヘッド
ノンカラー、ノンチルフィルター


イチローズ・モルト
シックス・オブ・ダイアモンズ
(ダイヤの6)

度数:60度 容量:700ml
完売しております。

蒸留:2000年〜ボトリング:2007年
ボトリング本数:277本
ファースト・カスク:ホグスヘッド
セカンド・カスク:ファーストフィル・バーボンバレル
ノンカラー、ノンチルフィルター


イチローズモルト カードシリーズ

トランプの絵柄をモチーフにしたカードシリーズから、新たな切り札がリリースされました。今回も様々な樽でフィニッシングを行い、いろいろな個性を楽しめます!特に、ミズナラフィニッシュ(完売です)は、ウイスキーマガジンライブ2007でカテゴリー別の部門賞を受賞し、あっという間になくなってしまいました・・・。どこかのバーで見かけたら、ぜひお試しください!!また、(前のボトリングの)スペードのAと(今回のボトリングの)ハートのAのエース同士の比較もおもしろいのではないでしょうか?前者は、スパニッシュオークのシェリー、後者は、アメリカンオークのシェリー。シェリー樽でも材質によって味わいが変わるという格好のサンプル(にしては高くつきますが・・・)になるのではないでしょうか?そして、ヴィンテージとして初登場の86年スペードのKやダイヤのK、スペードの10でも使われた88年ヴィンテージのダイヤの3。すでに前回のボトリングをお持ちの方も、まだお試しになられていない方も、ぜひお試しください!!
イチローズ・モルト
キング・オブ・スペーズ(スペードのK)


度数:57度 容量:700ml
完売です。

バーボンウッドフィニッシュ
蒸留:1986年〜ボトリング:2007年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:バーボンバレル
ボトリング本数:271本 カスクナンバー:9418

<テスティングノート(資料より)>
香り:バニラ、クリーミー、もなか、樽香、やがて熟したりんご、カルバドス。
味:安心感のあるウッディーさ、ラム、わずかにピーティー、ミント。
ハギスやスモーク系の食事とも合う。


イチローズ・モルト
スリー・オブ・ダイヤモンズ(ダイヤの3)


度数:56度 容量:700ml
完売です。

バーボンウッドフィニッシュ
蒸留:1988年〜ボトリング:2007年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:バーボン・バレル
ボトリング本数:273本 カスクナンバー:9417

<テイスティングノート(資料より)>
香り:ミント、香草、パイナップルの皮、ピーチリキュール、スモーキー、りんごを中心としたフルーティーさ。
味:バニラ系の甘み、模範的、薬草、潮の風味。
軽いシガーと合わせて。複雑な味わいを食前食後にじっくりと楽しみたい。


イチローズ・モルト
トゥー・オブ・クラブス(クラブの2)

度数:56度 容量:700ml
完売です。

ジャパニーズオーク“ミズナラ”フィニッシュ
蒸留:2000年〜ボトリング:2007年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:ジャパニーズオーク“ミズナラ”ホグスヘッド
ボトリング本数:318本 カスクナンバー:9500

<テイスティングノート(資料より)>
香り:キャラメルのような甘いトップノート、若い木樽、潮の風味、ミネラル、しおこんぶ。
味:甘みとタンニンの渋みの絶妙なバランス。
木の実の渋皮、日本的なキャラクター、香木、レザー、きりっと透き通った芯のあるフレーバー。


イチローズモルト カードシリーズfor UK

日本国内向けに2005年に発売され、好評を博し、また、ウイスキーマガジン誌で高い評価を受けたことから、イギリスからオファーがあり輸出が決まったシリーズ。それと同時に日本国内向けに再リリースが決まりました。前回と同じ樽から700mlでボトリング(前回は720ml)、ボトリング本数は、輸出用と国内向けの合計だそうです。

イチローズ・モルト
エース・オブ・スペーズ(スペードのA)

度数:55度 容量:700ml
完売です。

蒸留:1985年 ボトリング:2006年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:スパニッシュオーク・シェリーバット
ボトリング本数:300本

<テイスティングノート(資料より)>
濃厚な甘い香りが立ち昇る。ダークシェリー、メイプルシロップを思わせる。
スパニッシュオークの力強さ、甘みと香ばしさ、厚みのある味わいが口の中で広がる。


イチローズ・モルト
キング・オブ・ダイヤモンズ(ダイヤのK)


度数:56度 容量:700ml
完売です。

蒸留:1988年 ボトリング:2006年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:アメリカンオーク・シェリーバット
ボトリング本数:555本

ウイスキーマガジン誌の国産プレミアムモルト特集で最高得点のゴールドアワード受賞
<テイスティングノート(資料より)>
シェリーのニュアンスとピートやヨードを思わせる印象深いトップノート。
アイラモルトを彷彿とさせる複雑な味わい。


イチローズ・モルト
クイーン・オブ・ハーツ(ハートのQ)


度数:54度 容量:700ml
完売です。

蒸留:1990年 ボトリング:2006年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:フレンチオーク・コニャックカスク
ボトリング本数:328本

<テイスティングノート(資料より)>
フィノシェリーを思わせるフローラルなトップノート。
口の中でフレッシュで爽やか、穏やかなタンニン。コニャックウッドならではの繊細な味と香り。


イチローズ・モルト
ジャック・オブ・クラブス(クラブのJ)


度数:56度 容量:700ml
完売です。

蒸留:1991年 ボトリング:2006年
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:アメリカンオーク・シェリーバット
ボトリング本数:330本

<テイスティングノート(資料より)>
スペイサイドモルトを思い起こさせるバランス。フローラルで穏やかな香りと、
シロップのような甘み、ココナッツやココア、ビターチョコ、ホワイトオークを感じるタンニン。


イチローズモルト カードシリーズ

埼玉県羽生蒸留所産の貴重な原酒を樽から少量ずつ払出しボトリングした、切り札ともいうべきシングルモルトウイスキー「カードシリーズ」。このシリーズのダイヤのキングは、ウイスキーマガジン誌ジャパニーズモルト特集で見事、金賞を受賞!埼玉発のシングルモルトが世界から認められました。おめでとうございます。
今回、新たにリリースされたモルトは「ハートの9」と「スペードの10」。ニュースペーパーとトランプを組み合わせたラベルデザインは秀逸。もちろん、中身も自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)とし、こだわりの味わいが楽しめます。それぞれ約200本ずつのボトリング。それぞれの違った個性をお楽しみください!
イチローズ・モルト
ナイン・オブ・ハーツ(ハートの9)

度数:46度 容量:720ml
完売です。

蒸留年:2000年 ボトリング年:2006年
ボトリング本数:210本 ノンチル、ノンカラー
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:アメリカンオークシェリーバット

テイスティングノート(資料より)
ゴールド。フレッシュさのある甘みを感じるトップノート。
ソフトな麦の甘み、ハチミツ、メイプルシロップ、ビターチョコ、
樽、ミネラル、牧草、オーガニック、ハーブティー。
穏やかなシェリーの余韻。


イチローズ・モルト
テン・オブ・スペーズ(スペードの10)

度数:46度 容量:720ml
完売です。

蒸留年:1988年 ボトリング年:2006年
ボトリング本数:202本 ノンチル、ノンカラー
ファーストカスク:ホグスヘッド セカンドカスク:パンチョン

テイスティングノート(資料より)
褐色がかったゴールド。
スモーク、アプリコット、ストロベリージャム、ピーチ。
ピーティー&スモーキー、焦がした樽材、カルバドス、アップルティー、ビターチョコなど複雑な味わい。
長めの余韻としっかりとしたフィニッシュ。

その他のシングルモルトはコチラから  マルスウィスキー シングカスク「駒ケ岳」もおすすめ 

お問い合わせはお電話、またはメールでお願い申し上げます。
メールを出すご注文、お待ちしております!


(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 ダイエー三芳店前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 毎週水曜
営業時間 9時30分〜20時
未成年の飲酒は禁じられています



トップへ戻る