BENROMACH
ベンロマック

スコットランド北部、古くからあるフォレスの街のマーケットタウン郊外にあるベンロマック蒸留所は、スペイサイドにある蒸留所の中では最も規模の小さな蒸留所。1898年に設立された後、その経営の難しさから何度も所有者が変わったり、生産停止の危機に苦しんできた蒸留所は、1993年にモルトウイスキーの老舗であるゴードン&マクファイル社によって救われ、設立当初の栄光を取り戻すため大規模な改修工事が行われました。そして、設立から丁度100年目を迎えた1998年、イギリスのチャールズ皇太子立会いの元、正式に蒸留所の再開が発表され、ベンロマックは息を吹き返したのです。
オフィシャル
商品名 度数 容量税別価格 10%税込価格
ベンロマック10年bottled2020(OB/正規)43度700¥4,880¥5,368
ベンロマック15年bottled2020(OB/正規)43度700¥9,760¥10,736
ベンロマック21年bottled2020(OB/正規)再入荷43度700¥19,510¥21,461
ベンロマック・オーガニック2012bottled2021(オフィシャル/正規)new!46度700¥6,120¥6,732
ベンロマック・オーガニック2011bottled2019(OB/正規)特別価格43度700¥5,750¥6,325
ベンロマック・オーガニック2010bottled2015(OB/正規)43度700¥6,730¥7,403
ベンロマック・オーガニック2008/2014(OB/正規)43度700¥6,730¥7,403
ベンロマック・オーガニック2008bottled2015(OB/正規)43度700¥6,730¥7,403
ベンロマック・サシカイア・ウッドフィニッシュ2011bottled2019(OB/正規)45度700¥7,400¥8,140
ベンロマック・サシカイア・ウッドフィニッシュ2007bottled2016(OB/正規)1stフィルバーボン樽/サシカイア24ヶ月45度700¥7,400¥8,140
ベンロマック・トリプルディスティルド2009bottled2017(OB/正規)50度700¥5,780¥6,358
ベンロマック・トリプルディスティルド2009bottled2017(OB/正規)特別価格50度700¥5,780¥6,358
ベンロマック2007/2019ファーストフィルバーボンバレル#355(OB/シングルカスクforJIS)56.6度700¥9,760¥10,736
ベンロマック2002/2018ファーストフィルバーボンバレルfor The Whisky Hoop(オフィシャル)60.3度700¥23,500¥25,850

ベンロマック10年
bottled2020
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
税別価格¥4,880
(10%税込価格¥5,368)

【ベンロマックが新たなデザインとなって登場です】
ここ数年数々の賞を世界中で受賞し、新たなスペイサイドモルトのアイコンとして注目を集めているベンロマック蒸留所より新たなボトルデザインが発表されました。もちろん数々の賞を受賞したその味わい、品質、生産工程や理念などは全く変わらないままで、デザインのみを新たな装いに変更したものです。そのデザインについてベンロマック蒸留所のブランド責任者であるアンドリュー・ハンナー氏は、蒸留所の建物で象徴的な赤い煙突や赤い扉をモチーフに、さらにかつてキルン(乾燥棟)の屋根に手書きで描かれていた「BENROMACH」の文字からロゴの着想を得たと語っています。これまで刻んできた蒸留所の歴史や建造物などもパッケージにとりこみつつ、麦、水、イースト、そして長年培ってきた職人達の信念や技術はすべてそのまま新たなボトルに変わらず詰められています。
ワールド・ウイスキー・アワードにおける最優秀スペイサイド獲得(15年)など、輝かしい実績はそのままに、またここから新たなベンロマックの物語が始まります。すでにヨーロッパでは発表されていますが、アジアでは日本が他国に先駆けての発売になります。その変わない味わいと新たな決意が込められたデザインをぜひ実際に手に取ってお確かめください。(輸入元資料より)

ベンロマック15年
bottled2020
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
税別価格¥9,760
(10%税込価格¥10,736)

【パッケージ変更後、瞬く間に完売となった大人気ボトル】
ここ数年数々の賞を世界中で受賞し、新たなスペイサイドモルトのアイコンとして注目を集めているベンロマック蒸留所。7月に発表された新パッケージの定番商品2アイテムは、多くのお客様よりご好評いただき、特に15年は瞬く間に新着ボトルが完売となってしまいました。そしてようやく再入荷を果たしましたので、早速お待たせしてしまった皆様にご案内させていただきます。
数々の賞を受賞したその味わい、品質、生産工程や理念などは全く変わらないままで、デザインのみを新たな装いに変更したものです。そのデザインについてベンロマック蒸留所のブランド責任者であるアンドリュー・ハンナー氏は、蒸留所の建物で象徴的な赤い煙突や赤い扉をモチーフに、さらにかつてキルン(乾燥棟)の屋根に手書きで描かれていた「BENROMACH」の文字からロゴの着想を得たと語っています。これまで刻んできた蒸留所の歴史や建造物などもパッケージにとりこみつつ、麦、水、イースト、そして長年培ってきた職人達の信念や技術はすべてそのまま新たなボトルに変わらず詰められています。
ワールド・ウイスキー・アワードにおける最優秀スペイサイド獲得(15年)など、輝かしい実績はそのままに、またここから新たなベンロマックの物語が始まります。すでにヨーロッパでは発表されていますが、アジアでは日本が他国に先駆けての発売になります。その変わない味わいと新たな決意が込められたデザインをぜひ実際に手に取ってお確かめください。(輸入元資料より)

ベンロマック21年
bottled2020
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
税別価格¥19,510
(10%税込価格¥21,461)

[テイスティングノート]
香り:甘いシェリー香に柑橘系ジンジャー、オークがふわりとしたスモークを伴って感じられる
味わい:初めに粗挽きブラックペッパーと共に甘さが感じられ、セビーリャオレンジや
ラズベリーの風味が続いて、焼きリンゴやわずかなスパイスも

【ベンロマック定番ライン最長熟成品、21年が半年ぶりに待望の再入荷!】
〜初回より入荷倍増しましたので、この機会にぜひ、次回入荷は来年です〜
スペイサイドにおいて近年熱い注目を浴びる蒸留所「ベンロマック」。ついに定番ラインとしての最長熟成品「ベンロマック21年」が年初に登場となりましたが、瞬く間に完売となり大変ご迷惑をお掛けいたしました。ワールドウイスキーアワードにおいて最優秀スペサイドモルトに輝いた15年をさらに熟成させた待望のシリーズ最長熟成品だけにお問合せもたっくさんいただいておりました。ベンロマックのユニークな特徴であるファーストフィルシェリーとバーボン樽による熟成により、ふくよかなシェリー香の後に、わずかなスパイス、ラズベリーいった風味にオレンジを思わせるニュアンス、そして心地よいスモ−キーなフィニッシュへと繋がる実にスケールの大きなウイスキーに仕上がっています。最近世界中で注目の蒸留所が、満を持してリリースした長熟定番品、モルトファン、ベンロマックファンなら必飲です。入荷倍増となりましたが、それでも360本のみ、次回入荷は来年以降となりますので、年末分までしっかり確保しておくことをお薦めいたします!【限定360本】(輸入元資料より)

ベンロマック35年
bottled2019
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
完売いたしました

[テイスティングノート]
香り:シェリー樽の影響がしっかりと感じられ、オレンジマーマレード、キウイ、
グレープフルーツの香りに贅沢なシナモンが重なる
味わい:最初はハチミツ、フルーツケーキ、熟したバナナ、メロンの甘い味わいが広がる
滑らかなホワイトチョコレートの風味が広がるにつれて現れる、やわらかなメントールも
フィニッシュ:フルボディの滑らかかつフルーティなフィニッシュ

【失われてしまったかつての味わいを現代へ「ベンロマック35年」シェリーカスク】
1983年3月24日ベンロマック蒸留所はその長い歴史に一旦終止符を打ちました。そこから15年後、蒸留所創立100周年の年にゴードン&マクファイル社によって再開され、現在に至るのですが、同社が再開してからのベンロマックは、戦前、戦後あたりのヨーロッパのみならず世界中が混乱していた時代のレシピを参考に現在に蘇らせた新たな味わいとなっています。
すでに失われてしまったかつての70〜80年代、ウイスキー業界苦難の時代に造られていた希少な長期熟成酒を瓶詰めしたしのが今回ご紹介のボトルです。長きにわたりベンロマックを見つけ続けてきた当時のセラーマスターが大切に育ててきた樽から、現存している貴重な原酒を特別にに瓶詰めいたしました。この後新生ベンロマックが新たに迎えるであろう35年目の熟成品とは全く異なる味わいとなっているはずです。苦難の時代を乗り越えて現在に生き残った古のベンロマック。貴重なオフィシャルボトルをぜひお手元に。(輸入元資料より)

ベンロマック45年
bottled2020
(オフィシャル/正規)

度数:42.1% 容量:700ml
完売いたしました

[テイスティングノート]
外観は深い琥珀色で、豊潤なシェリーのアロマが、ブラウンシュガーやほのかな苦みを持ったシトラスと混ざり合います。
焼きリンゴが香り立ち、甘くて濃いハチミツへと続きます。
味わいは滑らかで、ミルクチョコレートやレザーをたっぷりと感じ、柔らかい胡椒によって整えられます。
わずかにオークが現れ、赤いベリー類や穏やかなスパイスを感じる長くてしっかりとした僅かにドライなフィニッシュへと続きます。

【閉鎖以前に蒸留された貴重な長熟ストック】
今注目の蒸留所「ベンロマック」より閉鎖以前に蒸留された貴重な長熟ストックがリリースされましたので、ご紹介させていただきます。正直まだこんな樽が残っていたのかという古いモルトです。現行蒸留所がゴードン&マクファイル社のもとで再開されてからまだ20年と少々なので、その倍以上の歴史を刻んだ古樽となります。かつての職人達が当時のレシピで造り上げた原酒でも、これだけ長く保管されていたということは出来の良い良質な原酒ということが伺えます。ここまでしっかりと熟成させたベンロマック、想像を超える味わいを見せてくれるのではないでしょうか?国内入荷はわずかに30本のみとなりますので、どうぞお見逃しないようにご検討ください。(輸入元資料より)

ベンロマック10年
bottled2019
(オフィシャル/正規)

度数:46% 容量:700ml
完売いたしました


ベンロマック10年100プルーフ
bottled2016
(オフィシャル/正規)

度数:57% 容量:700ml
完売いたしました

香り:力強いシェリーの香りと、たっぷりと感じられる煮込んだリンゴ、洋ナシ、そして陽気なバニラのさやのアロマ。
焼かれた麦芽の芳ばしいアロマが広がり、奥に広がるメンソールが重なり合う。
味わい:砕いた黒胡椒、果汁たっぷりの新鮮なイチゴとラズベリーが感じられる。
そしてオレンジの皮とミルクチョコレートが繊細はスモークと重なり、見事に調和。

【スーパースタンダード「ベンロマック10年」の素晴らしさを更に凝縮した上級版!】
1898年に設立されたベンロマック蒸留所。1993年にシングルモルトのパイオニアで老舗ボトラーのゴードン&マクファイル(以下GM)社が新オーナーとなり、大々的な修復後、1998年10月チャールズ皇太子の立会いのもと正式に再開されました。わずか4人のスタッフで、皆が全工程を担当し造られるこのクラフトモルトは、様々な品評会にて数々の賞、トップクラスの評価を得て、業界で常に注目を集めています。
蒸留所のスタンダード品である「ベンロマック10年」は、麦を初めとする原料をスコットランド産にこだわり、製造工程も機会やコンピューターを使わない、全てにおいて1960年代以前の昔ながらのスペイサイドモルトを目指したコンセプト・素晴らしさが色濃く反映された代表銘柄です。オフィシャルのスタンダードとは思えないクラスををはるかに超えた品質に大変ご好評いただいておりますが、その10年を更に凝縮した上級版がこの「ベンロマック10年100プルーフ」です。100プルーフという商品、近年あまり見かけなくなりましたが、懐かしさを感じる方も多いと思います。以前はオーナーであるGM社の様々なボトルがあり、昔のオフィシャルのマッカランもありました。正に失われつつあるクラシック・スペイサイドモルトを復活させる熱い想いがぐっと詰まったこのボトル、ぜひご堪能ください!(輸入元資料より)

ベンロマック15年
bottled2018
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
完売いたしました

香り:シェリー樽熟成のアロマがバニラのさや、オレンジの皮、
スパイシーなジンジャーと絶妙なバランスを見せ、カモミールとメンソールの香りも加わる。
味わい:心地よく濃厚なフルーツケーキ、煮込んだスモモ、赤リンゴの表皮、
そしてキルッとしたキウイフルーツのニュアンスを感じる。

【WWAでスペイサイド頂点モルトとなり世界中で注目の的】
〜オフィシャルボトルの再評価がなされる今!家飲みでもお店でも使える1本〜
1898年に設立され、1993年にシングルモルトのパイオニアで老舗ボトラーのゴードン&マクファイル社が新オーナーとなり、大々的な修復後、1998年10月チャールズ皇太子の立会いのもと正式に再開されたベンロマック蒸留所。15年は、業界で最も知名度のあると言っても過言ではないコンペティションWorld Whisky Award(WWAワールドウイスキーアワード)において、スペサイドカテゴリーにおいて最優秀賞(ベストスコッチスペイサイドシングルモルト)を授与されました!これは単なる賞ではございません。WWAの審査はトーナメント方式となっており、それぞれのカテゴリー(熟成年数別)でエントリーされた多数のウイスキーから選ばれた金賞、その金賞の中から1品それぞれのカテゴリーウィナーが選出され、さらにそのカテゴリーウィナーの中から1本だけが「ベストウイスキー」として選出されるため正にスペイサイドの頂点に立ったのです!21年以上のカテゴリーもありながらこの15年がトップに認められたことは快挙と言えると思います。いつでも入手可能とは言い切れませんので、ぜひこの機会にお求めください!様々なボトラーが乱立しオフィシャルボトルの再評価がなされる今、家飲みでもお店でも使えるボトルをご案内いたします!(輸入元資料より)

ベンロマック2010/10年
Exclusively Bottled for JAPAN IMPORT SYSTEM
(オフィシャル/正規)

度数:59.8% 容量:700ml
ファーストフィルバーボンバレル
完売いたしました

カスクaF391/ボトリング本数:260本
蒸留:2010年7月5日〜ボトリング:2020年8月27日

甘いシトラスの香りがバニラやほのかなチョコレートを
伴って感じられ、軽めのスモークがあとに続く

【NEWボトルとなって初となるベンロマック・シングルカスクforJIS】
〜ベンロマックの真のクオリティが味わえる日本市場限定スペシャルカスク〜
1898年設立のベンロマック蒸留所。1993年にシングルモルトのパイオニアで老舗ボトラーのゴードン&マクファイル社が新オーナーとなり、大々的な修復後、1998年10月チャールズ皇太子の立会のもと正式に再開されました。わずか5人のスタッフで、皆が全工程を担当し作られるこのハンドメイドモルトは、様々な品評会にて数々の賞、トップクラスの評価を得ていて、業界で常に注目を集めています。ベンロマック全てのウスキーには、麦を初めとする原料をスコットランド産にこだわり、製造工程も機会やコンピューターを使わないと言う、全てにおいて1960年代以前の昔ながらのスペイサイドモルトを目指したコンセプト・素晴らしさが色濃く反映されており、特にオフィシャルのスタンダード品である「ベンロマック10年」は、オフィシャルのスタンダードとは思えないクラスをはるかに超えた品質で、大変ご好評いただいております。
そんなベンロマックは、2020年ボトルデザインが一新され、また21年物がラインアップに加わるなど、さらなる進化をし続けておりますが、今回のご紹介は、注目度1!年に一度、シングルカスクとしてくるオファーの中から選りすぐった日本市場限定スペシャルカスク「ベンロマック・シングルカスクforJIS」です。NEWボトルとなって初となるリリースですが、内容は「2010ヴィンテージの10年熟成」。正にスーパースタンダードの10年の主たる原酒を樽出しで、今この蒸留所のクオリティが存分に感じられ、これがベンロマックだ!と真の実力を味わうことが出来ます。この年数&度数で、アルコールの刺激や未熟感が全くないのはなぜでしょう?通常ラインナップとは違う、この貴重なボトルをお見逃しのないようお願いいたします。

ベンロマック2007/2019
for WHISKY LOVERS in JAPAN
(オフィシャル/
シングルカスクforJIS)


度数:56.6% 容量:700ml
ファーストフィルバーボンバレル
税別価格¥9,760
(10%税込価格¥10,736)

カスク355/ボトリング本数:230本
蒸留:2007年〜ボトリング:2019年

甘いシトラスの風味が砂糖漬けのパイナップルやリッチなトフィと
ともに現れ、後から長く続くピートスモークが感じられる。

【ベンロマック・シングルカスクのニューバージョン】
〜For Whisky Lovers in JAPAN2007が登場です〜
蒸留所再開より20年が経過し、15年がワールドウイスキーアワードにおいて最優秀スペイサイドモルトを受賞するなど、今やスペイサイドのトップモルトの仲間入りを果たしたといっても過言ではありません。日本市場でも2019年度は3年前の約3倍の出荷量を記録し、徐々にスペイサイドモルトのスタンダード品としての新たな選択肢として定着してきました。
そんな今熱い注目を集めるベンロマックより、再度日本のウイスキーファンのために、日本市場限定のスペシャルカスクを瓶詰めしてもらいました。今回のシングルカスクは、通常ラインアップの10年と15年の中間の「12年熟成」、シェリーカスクで巧みにバッティングされた通常アイテムとは異なり、バーボン樽で、麦の旨さと果実感、オイリーさとピートスモークがストレートに感じられる個性、まさにシングルカスクの醍醐味ある内容となっております。定番品はなんといってもシェリー樽の風味が特徴的ですが、このボトルはバーボン樽の特徴が実によく出た秀逸な1本。定番とはまた一味違うベンロマックのシングルカスク、ぜひ多くの皆さまに召し上がっていただきたい新商品です。(輸入元資料より)

ベンロマック2000/2019
for Campbelltoun Loch’s 20th Anniversary
(オフィシャル/正規)

度数:54.8% 容量:700ml
完売いたしました

カスクタイプ:1stフィルバーボンバレル
カスクaF756
ボトリング:2019年
ボトリング本数:213本

【有楽町の名店・キャンベルタウンロッホさん20周年記念ボトル】


ベンロマック2006/2018
for WHISKY LOVERS in JAPAN
(オフィシャル/
シングルカスクforJIS)


度数:59.9% 容量:700ml
ファーストフィルバーボンバレル
完売いたしました

カスク97/ボトリング本数:211本
蒸留:2006年〜ボトリング:2018年


ベンロマック2008カスクストレングス
BATCH1
(オフィシャル/正規)

度数:57.9% 容量:700ml
完売いたしました

カスクタイプ:1stフィルシェリーカスク&1stフィルバーボンカスク
ボトリング:2019年

香り:強烈なシェリー香、煮込んだリンゴ、バニラ、洋ナシ、トーストされた麦芽の香り。
味わい:ブラックペッパー、フレッシュストロベリー、ラズベリーを感じる。
オレンジピールとミルクチョコレートのかすかな風味がデリケートなスモークのニュアンスと
混ざり合いながら、リッチな甘さと塩気が感じられる。

【これこそ古典にして最新のスペイサイドモルト】
〜新たなスペイサイド・スタンダードの出現と言ってもいいでしょう〜
ここ数年さまざまな賞を獲得し、今やスペイサイドの数ある蒸留所の中でも注目度ナンバーワンと言っていいベンロマック。ピートスモークシェリー樽熟成も強烈な1本でしたが、今回もインパクト十分、必飲の新商品が登場です。濃厚な風味でファンの多かった終売アイテム「100プルーフ」代わる新たなハイプルーフボトルとして登場したのは「200年カスクストレングス」。57.9%と100プルーフよりもさらに度数が上がりボディも厚くなりました。ほのかなピートに濃厚なシェリー、オレンジピールにミルクチョコと濃密な味わいが重なった中に、フィニッシュに感じる塩気は、ベンロマックの新たな一つの完成形ではないでしょうか。今作のインパクトたっぷり。必ず置いておきたいタイプのリッチで満足感溢れるモルトです。(輸入元資料より)

ベンロマック・ピートスモーク2010
シェリーカスクマチュアード
(オフィシャル/正規)

度数:59.9% 容量:700ml
完売いたしました

カスクタイプ:1stフィルシェリーホグスヘッド
ボトリング:2018年

香り:クリーミーなバニラ香、ほのかなチョコレート、ドライフルーツ、
かすかなタバコの風味が広がる。
味わい:煮込んだプルーン、レーズンの風味がシェリー樽によって深みを増して現れる。
残り火をおもわせる風味とともにフィニッシュへ。


【アイラとは一味違うスペイサイドのピートスモーク】
〜たっぷりのシェリー樽熟成による驚愕の融合をぜひ!〜
以前発売時にその強烈かつ分かり易く、受けがいい味わいで大変人気となりました限定アイテム「ベンロマック・ピートスモーク2010シェリー樽」。予想に反して一度きりの生産となってしまい、すべて完売となっておりましたが現地に140本ほど最終在庫が残っていたので買い付けることができました。強烈なピート臭に濃厚すぎるシェリー樽の風味、そして59.9%という飲み応え。稀有なこのスペックが好きな方には堪らないマストバイの商品です。次回入荷はもうありませんので、お見逃しなく。
ここ数年さまざまな賞を獲得し、今やスペイサイドの数ある蒸留所のなかでも注目度ナンバーワンと言ってもいいベンロマック。10年、15年といった定番に加え、よりピートを効かせたピートスモークも根強い人気を誇っていますが、満を持したかのように新たな超強力新商品が登場しました。従来のピートスモークを濃厚なファーストフィルのシェリー樽で熟成し、そのままカスクでボトリングをしたインパクト満点の新アイテムです。たっぷりのピートに濃厚シェリー、あまりにも分りやすい期待通りの味わいに、一口飲めば思わず笑みがこぼれます。これほどインパクトのあるモルトも久しぶり。これはぜひ1本おいておきたい極めつけの濃厚シングルモルト。ぜひ、確保してください。(輸入元資料より)

ベンロマック・オーガニック2012
(オフィシャル/正規)

度数:46% 容量:700ml
税別価格¥6,120
(10%税込価格¥6,732)

カスクタイプ:バージンアメリカンオーク樽
ボトリング:2021年

甘いバニラや熟した果実がシトラスの表皮を伴って感じられる
トーストしたモルトに続いて青リンゴも感じらる香り
味わいは、柔らいペッパーやバタースコッチを伴ったクリーミーな風味
挽き立てのコーヒーがドライバナンやわずかなハーブのニュアンスと共に現れる
アニスやココアパウダーを感じるミディアムボディで長いフィニッシュ


【待望の新パッケージでの再入荷!「ベンロマック・オーガニック」】
〜世界初のオーガニック認定シングルモルト〜
ここ数年、世界中で毎年のように数々の賞を受賞し、新たなスペイサイドモルトのアイコンとして注目を集めているベンロマック蒸留所。たくさんのお問合せを頂いておりました「ベンロマック・オーガニック」が新パッケージで待望の再入荷です!2006年に発売開始された世界初のオーガニック認定のシングルモルトウイスキーで、製造の全工程に対して英国土壌協会による認可を受けています。バージンアメリカンオーク樽での熟成により、クリーミーばペッパーやバナナ、コーヒー、ココアの風味を伴ったスイートかつ麦芽を感じる味わいに仕上がっています。今回も即完売となり次回入荷まで少し時間があいてしまうと予想されますので、絶対にお見逃しのないようお願いいたします!(輸入元資料より)

ベンロマック・オーガニック2011
bottled2019
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
通常価格
税別価格¥5,750
(10%税込価格¥6,325)

特別価格
税別価格¥4,790
(10%税込価格¥5,269)

無くなり次第、終了


ベンロマック・オーガニック2010
bottled2015
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
税別価格¥6,730
(10%税込価格¥7,403)



ベンロマック・オーガニック2008
bottled2015
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
税別価格¥6,730
(10%税込価格¥7,403)



ベンロマック・オーガニック2008
bottled2014
(オフィシャル/正規)

度数:43% 容量:700ml
税別価格¥6,730
(10%税込価格¥7,403)



ベンロマック2011
サシカイアウッド・フィニッシュ
(オフィシャル/正規)

度数:45% 容量:700ml
税別価格¥7,400
(10%税込価格¥8,140)

カスクタイプ:1stフィルバーボン/サシカイアのワイン樽で24ヶ月間フィニッシュ
ボトリング:2019年/ボトリング本数:7,026本

香り:とろみのある赤いベリー類とジンジャー、シナモンのほのかな香りが広がり、わずかにスモークが漂う。
味わい:はじめはコショウを感じ、次第にたっぷりのよく熟れたフルーツが広がる。
イチゴ、ラズベリー、オレンジの皮、さらには華やかなミルクチョコレート。


【今回も完売必至!大人気のベンロマック・サシカイアFIN】
〜イタリアの至宝とスペイサイドの最高峰蒸留所の融合作品〜
ベンロマック蒸留所より限定のウッドフィニッシュシリーズで断トツの一番人気を誇る「サシカイア・ウッドフィニッシュ」最新ヴィンテージが入荷してまいりました。生産数の少なく、各国で人気も高いことから毎回わずかなボトルしか入荷してこないこのアイテム、今回も国内入荷は300本限り。ファーストフィルのバーボンバレルで熟成後、イタリアワインの至宝、スーパータスカンの代名詞とも言われるサシカイアの樽で24ヶ月追熟されました。超銘醸ワイン樽のフィニッシュとあってモルトファンのみならず、ワインラバーからも人気のボトルだけに、毎回すぐに完売となるこのアイテム。数多あるウッドフィニッシュ物の中でも出色の出来と評価も高い1本です。今最も勢いのある蒸留所と言っても過言ではないベンロマックの大人気アイテム。年に一度しか入荷しない限定品だけに押えておかないという選択肢はありえません。ぜひ多めに確保しておくことをお薦めいたします。(輸入元資料より)

ベンロマック2007
サシカイアウッド・フィニッシュ
(オフィシャル/正規)

度数:45% 容量:700ml
税別価格¥7,400
(10%税込価格¥8,140)

ボトリング:2016年


ベンロマック2009
トリプルディスティルド
(オフィシャル/正規)

度数:50% 容量:700ml
ボトリング:2017年
通常価格
税別価格¥5,780
(10%税込価格¥6,358)

特別価格
税別価格¥4,820
(10%税込価格¥5,302)

無くなり次第、終了


ベンロマック2009
トリプルディスティルド
(オフィシャル/正規)

度数:50% 容量:700ml
税別価格¥5,780
(10%税込価格¥6,358)

ボトリング:2017年


ベンロマック
“ピート・スモーク2nd”
(オフィシャル)

度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

<テイスティングノート>
色:深い麦わら色。
香り:甘くスモーキーな香りが前面に表れる。
心地よいシガーや青リンゴのフレッシュな香り。
加水するとより繊細なピートスモークが表れる。
芳香性があり花のような香りは、新鮮なカットグラスを思い出させる。
味わい:微かなフェノールのフレーバーと重厚感のある甘いピートスモークの影響を感じる。
加水すると煙たさと木を感じ、ヘビーな甘さが影響して、
糖蜜、トフィーやクリーミーさを生み出す。
ミディアムボディ、フニッシュは長い。
(資料より)

「ピートスモーク」セカンドリリース
ゴードン&マクファイル社が所有するスペイサイドで一番小さな蒸留所・ベンロマックから、今年もオフィシャルボトル「PEAT SMOKE」が到着いたしました!今回のセカンドリリースは、フェノール値35ppm、2002年に蒸留され、2008年に瓶詰めされた限定商品です。熟成はファーストフィル・バーボンバレルにて行われており、缶ラベルにはビンテージやカスクタイプ、フェノール値等の情報が記載されています。

オフィシャルシングルモルトのページ ゴードン&マクファイル 

ご注文はメール、またはお電話でお願いします。



(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 スーパーKASUMI前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 第3火曜・毎週水曜
営業時間 10時〜20時
未成年の飲酒は禁じられています