COGNAC
コニャック

価格は、8%税込価格です。


テセロンLOT60
“THE GREAT SMOKER”
(コニャック)

度数:40% 容量:700ml
¥17,734
(8%税込価格)
品切れしております

【チャーチルが愛した“サボイ・リザーブ”が今ここに復活!】
戦時中の英国首相として有名なサー・ウィンストン・チャーチル(1874-1965)が、トレードマークでもある葉巻と共に、コニャックを愛飲していたといのは有名な話です。彼がロンドンの超高級ホテル「サボイ(THE SAVOY)」に足繁く通い、シガーと共に楽しんでいたのは「サボイ・リザーブ」というコニャックなのですが、そのコニャックこそがテセロン社によるものであるという事実は、あまり知られておりません。
「LOT60」は商品名に「ザ・グレート・スモーカー」と付けられておりますが、これはまさしくサー・ウィンストン・チャーチルを指します。同社が保有する膨大な古酒を巧みにブレンドすることで、当時チャーチルがサボイホテルで嗜んでいた「サボイ・リザーブ」を完全に再現、LOT60ということからも分る通り、中身の原酒は全て1960年以前のものが使われています。当時チャーチルが愛飲していたコニャックの味わいを楽しむだけでなく、もちろんシガーにもベストマッチします。これまでにシガーと相性の良い数々の蒸留酒がリリースされてきましたが、まさに決定版と言っても良い商品ではないでしょうか。まさにこのコニャックは、チャーチルに愛されたテセロン社にしか作り出すことは出来ません。(輸入資料より)

グランシャンパーニュ・コニャック1970年
(ジャン・グロスペラン)

度数:47.1% 容量:700ml
¥24,667
(8%税込価格)
品切れしております

本来シングルカスクとして世に出ることのなかった
貴重なヴィンテージ品を集めた垂涎のコレクション

【JISがどうしても輸入したかったコニャックがあります】
〜コレクションの「2トップ」1970&1971グランシャンパーニュを満を持してご紹介します〜
【どうしても皆様に知っていただきたかったコニャック】ジャパンインポートシステムが、いつも忘れずにいる理念があります。それはまだ見ぬ素晴らしいお酒、生産者の熱い思いが詰まったお酒を見つけ出し一人でも多くのお客様に知っていただきたいということ。そんな想いを共有している会社と出会ったのが一昨年でした。十数年前にできたその会社は、小さな生産者が宝物のように育ててきたコニャック原酒が、陽の目を見ることなく蔵で眠っていたり、大手メーカーにブレンド用として買い取られていくのを目にします。そしてこの至宝とも言える原酒を、その価値をわかっていただける人達になんとかして届けたいと彼らの蔵に眠る原酒を買い取って「ジャングロスペラン・コニャック・コレクション」を誕生させます。ポールジローやテセロンのような素晴らしいコニャックをすでに扱っていても、あえて新たなブランドをご紹介するのは、我々がまさに求める「埋もれている素晴らしいお酒」そのものがここにあったからなのです。
【コニャックの頂点を知るために必要なこと】生産地区で最も名前を知られるグランシャンパーニュ地区。広大なコニャックの中でも極わずかの区域しかないこの地区で生み出されるブドウは、繊細で上品、優美にして芳醇と、おそらくブドウが作り上げる最上の要素をすべて内包した極上の原料となります。しかしながらそのわずかな土地でできるブドウは少なく、誰もが使えるものではありません。そして何といっても一番の難点はその真価を発揮するのに、20〜30年という熟成をまたなければならないところににあります。しかしながら、幸運にもこの長い眠りについた原酒は、他では決して味わうことのできない極上のコニャックへとその姿を変えます。まだ現代のような最新の技術や設備が無い時代に、考えられる限りの手間と労力をかけてつくられた原酒が40年以上の時を経て今、我々の前に届けられました。
幸運にも素晴らしい生産者、長い熟成期間など全ての条件が揃って、まさに今この瞬間に頂点ともいえるコニャックの逸品を味わえる機会が、目の前にあります。わずかな数しかないために、皆様すべてにお届けできませんが、手に入れておくべき1本であることは間違いありません。
【一切の継足しもなく、年代測定や公的証明まで確認された確かな古酒】ここまで徹底してその出自を原酒に求めることは、まずありません。それだけこのコニャックの素晴らしさを証明し、皆様へ届けたいという熱い想いが、ここまで手間をかける原動力なのでしょう。我々が迷うことなく買い付けた素晴らしいシングルヴィンテージ・コニャック。貴重な古酒達の中からまずは、パワフルでさらなる熟成ポテンシャルを秘めたこの1970年と1971年をご紹介いたします。どうぞ生産者と我々のこの想いが一人でも多くの皆様に届きますように。手にとっていただけたらこれ以上の喜びはありません。(輸入資料より)

グランシャンパーニュ・コニャック1971年
(ジャン・グロスペラン)

度数:47.1% 容量:700ml
¥21,200
(8%税込価格)
品切れしております

本来シングルカスクとして世に出ることのなかった
貴重なヴィンテージ品を集めた垂涎のコレクション

【JISがどうしても輸入したかったコニャックがあります】
〜コレクションの「2トップ」1970&1971グランシャンパーニュを満を持してご紹介します〜
【どうしても皆様に知っていただきたかったコニャック】ジャパンインポートシステムが、いつも忘れずにいる理念があります。それはまだ見ぬ素晴らしいお酒、生産者の熱い思いが詰まったお酒を見つけ出し一人でも多くのお客様に知っていただきたいということ。そんな想いを共有している会社と出会ったのが一昨年でした。十数年前にできたその会社は、小さな生産者が宝物のように育ててきたコニャック原酒が、陽の目を見ることなく蔵で眠っていたり、大手メーカーにブレンド用として買い取られていくのを目にします。そしてこの至宝とも言える原酒を、その価値をわかっていただける人達になんとかして届けたいと彼らの蔵に眠る原酒を買い取って「ジャングロスペラン・コニャック・コレクション」を誕生させます。ポールジローやテセロンのような素晴らしいコニャックをすでに扱っていても、あえて新たなブランドをご紹介するのは、我々がまさに求める「埋もれている素晴らしいお酒」そのものがここにあったからなのです。
【コニャックの頂点を知るために必要なこと】生産地区で最も名前を知られるグランシャンパーニュ地区。広大なコニャックの中でも極わずかの区域しかないこの地区で生み出されるブドウは、繊細で上品、優美にして芳醇と、おそらくブドウが作り上げる最上の要素をすべて内包した極上の原料となります。しかしながらそのわずかな土地でできるブドウは少なく、誰もが使えるものではありません。そして何といっても一番の難点はその真価を発揮するのに、20〜30年という熟成をまたなければならないところににあります。しかしながら、幸運にもこの長い眠りについた原酒は、他では決して味わうことのできない極上のコニャックへとその姿を変えます。まだ現代のような最新の技術や設備が無い時代に、考えられる限りの手間と労力をかけてつくられた原酒が40年以上の時を経て今、我々の前に届けられました。
幸運にも素晴らしい生産者、長い熟成期間など全ての条件が揃って、まさに今この瞬間に頂点ともいえるコニャックの逸品を味わえる機会が、目の前にあります。わずかな数しかないために、皆様すべてにお届けできませんが、手に入れておくべき1本であることは間違いありません。
【一切の継足しもなく、年代測定や公的証明まで確認された確かな古酒】ここまで徹底してその出自を原酒に求めることは、まずありません。それだけこのコニャックの素晴らしさを証明し、皆様へ届けたいという熱い想いが、ここまで手間をかける原動力なのでしょう。我々が迷うことなく買い付けた素晴らしいシングルヴィンテージ・コニャック。貴重な古酒達の中からまずは、パワフルでさらなる熟成ポテンシャルを秘めたこの1970年と1971年をご紹介いたします。どうぞ生産者と我々のこの想いが一人でも多くの皆様に届きますように。手にとっていただけたらこれ以上の喜びはありません。(輸入資料より)

バルデスピノ
ファミリー・ヘリテージ・ブランデー
(スパニッシュ・ブランデー)

度数:40% 容量:700ml
¥15,876
(8%税込価格)

【50年を越える驚異の熟成ブランデー】
〜平均熟成でさえ50年以上・19世紀の古酒も入っています!〜
【「レジェンド・オブ・キューバン・ラム」を遥かに凌ぐ驚異の熟成年数】高品質のシェリーを生産することで定評のあるバルデスピノ社ですが、「レジェンド・オブ・キューバンラム」などをはじめ、ソレラシステムを応用した長期熟成蒸留酒も、それ以上の人気と評価をこれまでに獲得してきました。同社の前オーナー、ミゲル・バルデスピノ氏のプライベートストックでもあった、19世紀から始まるというソレラシステムによって受け継がれてきた秘蔵の銘酒がこの「バルデスピノ・ファミリー・ヘリテージ・ブランデー」です。
【極上の長熟シェリーと濃厚なブランデーのカクテルのような逸品】何十年も熟成したシェリーが持つ、どこまでも複雑味のある果実香と濃縮したような深い味わいに、極上のブランデーだけが表現できる、甘みのエッセンスだけを凝縮したかのような滑らかで優雅な香りと味わい。まるで上質の熟成シェリーの香りが口中を支配した後、濃密で凝縮された熟成ブランデーの味わいが今度は広がります。超良質のシェリー樽で50年を越える眠りについていたブランデーだからこそ表現できる驚異の味わいをぜひ体験してください!【209本のみの緊急入荷】

<バルデスピノ・ファミリー・ヘリテージ・ブランデーについて>
1430年から酒造りをはじめ500年以上の歴史を誇るバルデスピノ家ですが、1999年に現オーナーにその在庫を全て売却しました。その中にあった前オーナーのプライベートストックにあったのがこのブランデーで、19世紀から始まるソレラシステムで造られ、平均熟成年数は50年を越え、100年以上前の古酒も含まれているといわれています。2004年に一部をリリースした後、再び眠りについていたものをボトリング。完売後も随分とお問い合わせをいただいておりましたが、新たに今年ボトリングした分を確保することができました。さらなる熟成を増した驚異のブランデー、シェリーの風味が溶け込んだ唯一無二の存在ともいえる味わいです。(輸入元資料より)

プティシャンパーニュ・コニャック1970年
(ジャン・グロスペラン)

度数:61.5% 容量:700ml
完売いたしました

本来シングルカスクとして世に出ることのなかった
貴重なヴィンテージ品を集めた垂涎のコレクション

【JISがどうしても輸入したかったコニャックがあります】
〜久々にめぐり会えた眠れる稀少古酒・ここにしかないコニャックの至宝をぜひ入手ください〜
【どうしても皆様に知っていただきたかったコニャック】ジャパンインポートシステムが、いつも忘れずにいる理念があります。それはまだ見ぬ素晴らしいお酒、生産者の熱い思いが詰まったお酒を見つけ出し一人でも多くのお客様に知っていただきたいということ。そんな想いを共有している会社と出会ったのが一昨年でした。十数年前にできたその会社は、小さな生産者が宝物のように育ててきたコニャック原酒が、陽の目を見ることなく蔵で眠っていたり、大手メーカーにブレンド用として買い取られていくのを目にします。そしてこの至宝とも言える原酒を、その価値をわかっていただける人達になんとかして届けたいと彼らの蔵に眠る原酒を買い取って「ジャングロスペラン・コニャック・コレクション」を誕生させます。ポールジローやテセロンのような素晴らしいコニャックをすでに扱っていても、あえて新たなブランドをご紹介するのは、我々がまさに求める「埋もれている素晴らしいお酒」そのものがここにあったからなのです。
【大手ブランドメーカーがこぞって欲しがるプティシャンパーニュの古酒】生産地区で最も名前を知られるグランシャンパーニュ産のコニャックに目が行きがちですが、フルーツや花のような華やかな香りを加えるために、その特徴が顕著なプティシャンパーニュの、しかも貴重な古酒は大手ブランデーメーカーがこぞって欲しがるところ。おそらく今後コニャック古酒は相当価格が高騰するはずです。ほとんどのコニャックは、40%程度に加水されて出荷されますが、このボトルは60%を超え、めったに見ない酒質の強さを持ちます。これだけしっかりとボディをもった古酒コニャックを味わえるだけでも価値があります。加水すればもちろん柔らかく、伸びやかな別の一面を楽しむこともできますし、しかも古酒にありがちな開栓後の品質低下もこれだけのハイプルーフなら心配はありません。
【一切の継足しもなく、年代測定や公的証明まで確認された確かな古酒】ここまで徹底してその出自を原酒に求めることは、まずありません。それだけこのコニャックの素晴らしさを証明し、皆様へ届けたいという熱い想いが、ここまで手間をかける原動力なのでしょう。我々が迷うことなく買い付けた素晴らしいシングルヴィンテージ・コニャック。貴重な古酒達の中からまずは、パワフルでさらなる熟成ポテンシャルを秘めたこの1970年をご紹介いたします。どうぞ生産者と我々のこの想いが一人でも多くの皆様に届きますように。手にとっていただけたらこれ以上の喜びはありません。(輸入資料より)

ビスキー・コニャック
スリースター
1970年代後半〜1980年代流通品

(コニャック)

度数:40% 容量:700ml
¥10,409
(8%税込価格)
完売いたしました

【貴重な70〜80年代流通のコニャックが破格で入荷】
〜通常相場は倍以上、ぜひ今回のロットをお求めください!〜
熱狂的なファンのいるオールドボトルですが、特にコニャックは人気が高く、その希少性もあいまって価格もかなり高騰しています。ビッグブランドになると3万円を軽くオーバーすつことも普通で、なかなか簡単には入手しづらいのが現状です。そんな中、かつて19世紀末にはコニャック・ビッグ3に数えられていた名門中の名門、ビスキー社のオールドコニャックが入荷しました。
通常この手のボトルは1本限りということがほとんどですが、久しぶりにややまとまって発見することができました。後口の柔らかさと品のある甘みが人気で、1800年の創業以来長く愛されてきたブランドです。日本にも80年代にはすでに正規輸入されておりましたが(もっと以前から入っていたかもしれませんが、詳細は不明です)、当時はナポレオン、VSOPなどが主流で、このスリースターはなじみが薄かったようです。しかしながら、かつてのコニャックはこのクラスでも非常にしっかりとしたつくりをしており、とてもスリースターとは思えないほど豊かな味わいを持ったものが多く、価格を考えるともっと注目されるべきアイテムでもあります。この手のボトルをこうして案内できるのは、非常に稀なのでぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!(輸入資料より)

テセロンLOT65
EMOTION

(コニャック)

度数:40% 容量:700ml
¥16,941
(8%税込価格)

その品質の高さで、徐々に人気が高まっています!
〜コニャック・テセロン、日本市場限定「LOT65」〜
2008年9月取扱いを開始したコニャック・テセロンの中で、徐々に人気が高まっているのが、1965年以前のヴィンテージのみの原酒で構成され、日本市場向けに特別に商品化された、この「LOT65」です。本来はデキャンタ入りのギフト商品としてラインナップされていましたが、日本市場であれば「テセロンの本来の品質を理解してもらえるであろう」という同社の判断により、通常ボトルでの商品化が実現しました。
ボンボンの原酒を瓶詰めする際には樽で半年ほど落ち着かせますが、この「LOT65」は非常に繊細な原酒であったため、2〜3ヶ月程度に留めて余計な木の香りが付かないよう細心の注意が払われています。1965年以前のヴィンテージをブレンドすることで、通常市販されているコニャックでは味わえない熟成感があります。そして葡萄を凝縮したような味わいはシガーにもベストマッチ!皆様に是非一度お楽しみ頂きたい商品です。

<テセロン社について>テセロン社は当主のアベール・テセロン氏によって、1905年に設立。氏によって当時集められたコニャックはコニャックで1と言われ、今でもテセロン社のセラーに眠っています。25リットルのボンボン(=ガラス製大型容器)へ移し、ワックスで封をすることで空気との接触を完全に遮断して保管されていますが、ヴィンテージが記されたラベルは古すぎて判読不能な状態になっています。現在その数は約17,000を数え、「LOT29」や「LOT53」など古酒の商品の品質を支えているのです。
世界中で商品化されているコニャックの90%がVSやVSOPだといわれていますが、テセロン社ではこのような若い商品はリリースしません。全てのコニャックの僅か10%に属する、稀少なコニャックの生産に集中しています。これは創設者アベール・テセロン氏が収集した莫大な在庫によるものであり、同時に同社以外では実現できない商品ラインナップであるとも言えます。古酒を熟成させているセラーは12世紀の建造物です。熟成にはリムーザンオークや、古いコニャックが熟成されていた樽を使用しており、コニャック・テセロンに深いアロマを加えています。(輸入資料より)

RAGNAUD−SABOURIN
ラニョーサボラン

このところ新聞や雑誌等で紹介されているコニャック。どうやらモルトに続いて静かなブームを巻き起こしているようです。その中でも特に注目されているのが、いわゆる「シングルコニャック」。このシングルコニャックは俗称であり、現地では「プロプリエテール」と呼ばれる、自家栽培・自家蒸留・自家熟成・自家瓶詰している、現在の造り手では少なくなった、製造工程の最初から最後までを手掛ける生産者のコニャックのことなのです。規模はとても小さくいわゆる農家の域を出ないのですが、大手の生産者には出来ない、製造工程のすべてに造り手の管理が行き届いた、希少なコニャックです。現在数あるコニャックの生産者のなかで、入念にテイスティングを行い、かつ高度なブレンディング技術をもって高品質のコニャックを生産しているのは、10社前後しかないとの事です。
そんな希少な生産者のなかで、特にその品質に関して評価が高いのがこのラニョーサボラン社。同社は1850年にコニャック地方のグラン・シャンパーニュ地区に畑を購入し、ぶどうの栽培を始めたところからスタートしています。その後の1945年頃に、当時コニャック生産者協会の会長であった、ガストン・ブリアン氏が自分自身のブランドでコニャックの生産を開始しました。その彼を継いだのが娘のデニスだったのです。そして現在では、デニスの娘のアニー、アニーの娘のパトリシアと共に、それぞれの夫の手を借りながら、3世代の女性3人で経営しています。同社はグラン・シャンパーニュの超一等地、アンブレヴィーユに46ヘクタールの畑を所有しています。ブレンディングに関しては、少し乾燥した熟成庫と、湿度の高い熟成庫で眠っていたそれぞれのコニャックを絶妙に使い分けて、高品質に仕上げています。自ら畑を耕し、大切に育てたぶどうを感じてほしいので、ぶどう本来の風味を大切にしています!流行を追った樽の味が支配するどっしりした味わいではない、純粋無垢なぶどう(原料)を感じるエレガントコニャック、今の時代に希少な造り手です。(輸入元資料より)
ラニョーサボラン
フォンヴィエイユbR5
(コニャック/正規)

度数:43% 容量:700ml
¥17,075
(8%税込価格)

フォンヴィエイユ(最も古い畑の名前)
平均熟成年数:35年
ぶどう品種:60%ユニブラン、40%フォルブランシュとコロンバール

ブレンドバランスが魅力的。
3つのぶどうのブレンドバランスが絶妙で一体感、透明感は芸術的。
広がりは実にクリーンで伸びやか。エレガントコニャックの代名詞!
ラニョーサボランそのものを体感できる。
(輸入元資料より)


ラニョーサボラン
フロリレージュ
(コニャック/正規)

度数:46% 容量:700ml
加水なしの樽出し度数
¥22,939
品切れしております

フロリレージュ(結晶の意味)
平均熟成年数:45年
ぶどう品種:60%ユニブラン、40%フォルブランシュ

シャラント・ランシオ香を感じさせてくれるグラン・シャンパーニュの典型的名品。
洗練の先にあるものが無垢であることを感じさせてくれる。
(輸入元資料より)


PAUL GIRAUD
ポールジロー


ポールジロー
ベネラブル・エディション2013
(コニャック)

度数:42% 容量:500ml
¥11,869
(8%税込価格)
完売いたしました

【“究極の一樽”再降臨!】
皆様お待たせいたしました。前回の2005エディション終売後、再販の声が多く寄せられていたポールジロー・ベネラブルが再びボトリングされました。ベネラブル“VENERABLE”とは、「尊い・神々しい」の意味があり、その名前に相応しく、ポールジロー氏の持つ技術や経験、そして情熱から生み出された究極のポールジローと言っても過言ではありません。それは長い年月、たくさんのコニャックとともに生き、子供のように育ててきたポールジロー氏にしか生み出すことのできないまさに“究極の一樽”です。
とても芳醇な味わいに長期熟成の重厚感を併せ持ち、飲んだ後しばらくすると、心地よい暖かさを感じます。それはまさに、たくさんの太陽の日差しを浴びるグランシャンパーニュの葡萄畑を連想させます。ご案内できる数量に限りがある事が残念ですが、ぜひこの極めた味わいを多くの方にご堪能いただきたいと思っております。皆様のご注文お待ちしています。容量は500mlですのでご注意ください。

【裏ラベル訳】過去の実験的な試みの結果として、今回のベネラブルをボトリングしました。熟成による酸化をできる限り増やしてみたのです。少ない量のコニャックを大きな樽にいれ、空気に触れる表面積を広くしてみました。たくさんの時が経って、他の樽と比べてみたその結果は、より柔らかな口当たりと、はっきりとしたランシオを感じることができました。古いシャンパーニュのコニャックの特徴を表現できた、この樽独特の味わいだと思います。〜ポールジロー〜

最初のベネラブルからそうであるように、このボトルもカスクストレングスでボトリングしました。ポールジローのコニャックとしては、珍しいことです。他の商品は40%に合わせているのに対し、まれに日本向けた商品だけ、樽出しの度数を選んでいます。日本のお客様にいつもとは若干異なる味わいやアロマをお楽しみいただけたら幸いです。(輸入元資料より)

ポールジロー
キュベスペシャル・エディション2013
(コニャック)

度数:42% 容量:500ml
¥11,869
(8%税込価格)
品切れしております

【ポールジロー・キュベスペシャル史上最高の出来栄え!】
〜これまでのポールジローの中でも出色の完成度、絶対に飲んでいただきたい1本〜
かつて非常にご好評をいただきながらここ数年リリースのなかった「ポールジロー・キュベスペシャル」が、今年ついに復活。「将来のコニャック作りを決心した」1968年ヴィンテージ、「初めて現場でコニャック作りを体験した」1975年、そして「初めて自分のブランド販売を開始した」1976年と、節目の年につくられた特別なコニャックがこれまで瓶詰めされてきました。今年久々に日本に届いたのは、再び1976年ヴィンテージです。

「久々にため息がでるようなお酒に出会いました」

これまでもこのキュベスペシャルは非常に素晴らしい味わいでしたが、今回のキュベは、かつてのすべてのキュベスペシャルを凌駕する、このシリーズ最高の出来映えとなっていました。ジロー氏ならではの、繊細で柔らかい風味を保ちつつ、透明感のある柑橘系の香りが、どこまでも伸びやかに鼻腔をくすぐります。そして素晴らしい古酒に共通する果実香が、余韻とともに口の中を支配します。飲んだ後に誰もがため息をつくようなそんな傑出したブランデーに仕上りました。このお酒だけは一人でも多くの方に飲んでいただきたい、そんな気にさせる素晴らしいポールジローです。たった一度だけのキュベスペシャル・エデョション2013、どうぞぜひ飲んでみてください。(輸入元資料より)

【裏ラベル訳】私自身がコニャックの生産を始める前に、父とは2年ほど一緒に畑仕事をし、ブドウ農家としてのノウハウを学びました。とても面白く構造的で、何より学校で習ったこととは全く違ていたのが印象的でした。そして、自分で本を読んで分ったつもりだったブドウにまつわる内容には、驚かされるばかりでした。父のこれまでの経験は、机上で学んだ理論と同じくらい重要な知識であることを実感しました。この1976年という年は、収穫が始まるまさにその日まで非常に乾燥していたことを覚えています。開始日にとても大きな嵐がありましたが、その後は平穏に進み、十分に熟したブドウを収穫することができました。過去に一度同じヴィンテージをボトリングしたことがありますが、それはいまでも鮮やかに蘇る、感慨深い思い出です。初めて自分で作ったコニャックをボトリングした年であり、また初めて自分のブランドで発売したのですから。それからたくさんの年が過ぎていった2013年8月30日、私は再びこのヴィンテージコニャックを瓶に詰めました。味わってみると、香りはより強く、深くなり、グランシャンパーニュのコニャックとして、その品質を惜しげもなく披露してくれています。ブードビルでゆっくり熟成して、その風土を閉じ込めた味わいをお楽しみください。〜ポールジロー〜

ポールジロー
コンティニュアス・エクスペリエンス・ド・ビオディナミ
(コニャック)

度数:42% 容量:500ml
¥7,149
(8%税込価格)
品切れしております

【幻のポールジロー“ビオディナミ”再び】
〜さらなる熟成・進化を経て最終リリース!〜
1998年に一度だけ、ポールジローで試行錯誤の末につくられた幻のビオディナミ農法によるコニャックがリリースされたのは、2008年のことでした。ワインの世界では、すでにおなじみの農法ですが、コニャックの世界ではほとんど実践されていない、非常に手間とコストのかかる手法でもあります。ポールジロー氏も発見が色々とあり、非常に面白い経験だったと述べていますが、その継続はかなわず、たった一度だけしか作られなかった幻のコニャックとなってしまいました。
その時に蒸留された最後のストックが、さらなる熟成を経て、ついにリリースされることとなりました。氏が自ら「レボリューションを遂げた」と言うほど、より滑らかで繊細なコニャックに育ったようです。ポールジロー氏が苦労を重ねた夢の続きが、このボトルに詰まっています。当時作られたビオディナミ農法のよるストックはこれが最後となります。二度とつくられることのないポールジロー、ぜひお手元に。(輸入元資料より)

【「昔は自然の流れや季節の移ろいを感じながら、ブドウの栽培に従事していたものでした。限りなく伝統的な製法を踏襲しているとはいえ、文明が発達した今の時代から見て、ビオディナミ農法というものは私にとって長年興味を引かれた手法でありました。そこで一時期、畑の一区画でこのビオディナミを試みたことがあります。数年間試行錯誤を繰り返した後、最高のレベルに達したのは1998年のことでした。出来上がったブランデーは、非常にふくよかで印象深く、また芳香溢れるものでありました。
2008年に皆様に“エクスペリエンス・ド・ビオディナミ”をご紹介いたしましたが、今回はその後のビオディナミをご紹介できることとなりました。熟成が長くなりレボリューションを遂げたおかげで、よりふくよかに、よりシルキーに仕上っています。フローラルなアロマも健在で、優しく、好ましく香りが立ちあがります。ブードビル村で一番有名なこのコニャックは、村の美しい斜面で育てられた素晴らしいブドウからできており、土地の風土も特別な手法によって、より色濃く反映されています」〜ポールジロー氏談】


【ビオディナミ農法とは】1924年にルドルフ・シュタイナーが提唱した究極の農法。化学肥料や除草剤を一切使用しない有機農法であるだけでなく、農作物の生育に天体が深く関連し、そのエネルギーがテロワールに宿るという考えの元、星の運行や月の満ち欠けによって定められた農作業を行い、その際には肥料としてビオディナミ独自の調合剤(プレパラシオン)を用いる。バイオダイナミクス農法。

ポールジロー
スパークリング・グレープジュース2013

度数:0% 容量:750ml
完売いたしました

【9月以降に収穫されるブドウを搾る、話題沸騰中のジュース!】
毎年恒例となりましたポールジロー・スパークリング・グレープジュース、2012年収穫分のご案内をいたします。ここ数年、一般のお客様や各種メディアからのお問い合わせが急増しております。雑誌やブログなどで紹介される等、年末年始にとても話題性のある商品となりました。コニャックを作るのに使用するユニブラン種を、そのまま搾って仕上げるこの無添加のスパークリング・グレープジュースは、まさしくポールジロー・コニャックの原点であり、飲んだ方だけが実感できるコニャックのルーツと言うことができます。
しかし、最近では類似品が出回るようになってしまいました。ワイン用品種のブドウなどを搾ったジュースが時折販売されておりますが、自然な甘みと酸味のバランス、そして何よりこの凝縮感は、ポールジロー氏が作るジュースしか出せません。一度飲んでいただければ、お客様にも必ずお分かりいただけると思います。何年も前から有名レストランや一流ホテル、オーセンティックバーといった多くのお取引先様に継続してお取り扱いいただいているのは、このジュースが「コニャック・ポールジロー」に基づいた確かな品質を、長年保ち続けているからだと考えております。
ポールジロー・コニャックのチェイサーとして、またポールジロー・コニャックをこのジュースで割るという飲み方だけでなく、車の運転や妊娠中などの理由で飲酒出来ない方にも多くお楽しみいただいております。まるでシャンパーニュを楽しんでいるような雰囲気を味わえるとのご意見も頂戴しております。もちろん無添加の「100%グレープジュース」ですので、お子様でも安心してお楽しみいただけます。
一般のお客様から寄せられる「どこで買えるのか?」というお問い合わせは、年中絶えることがありません。今年の味わいは、後述するポールジロー氏からのブドウ収穫レポートをご参考ください。皆様からのご注文お待ちしております!(輸入元資料より)

<ポールジロー・スパークリング・グレープジュース2013収穫レポート>
1月からの半年はほとんど雨が降っており、ここはイングランドか!!!と思いたくなるような天気でした。もちろんそんなことはなく、自分たちはグランドシャンパーニュの中心にあるブードビル村で、この最悪な気象条件の下、眠れない日々をすごしていたのですが…。ブドウは育つために、太陽を好みます。ブドウの生長には開花の時期の太陽が特に大きく寄与しますが、ちょうど開花が始まるころ最初の太陽が顔を出し、晴天が続いたことは幸運でした。後は受粉がうまくいき、種子がたくさんできれば、できあがる量にも期待できます。現時点では、例年通りの量ができあがるのではないか、と希望をもてるようになりました。しかし同時に大事なのは、ブドウの実の質がとれもいいこと、葉っぱも同時に健康的に育っているということです。ですから今は、今年の初めよりはずっと、安心しています。〜2013年7月24日ポールジロー〜

ポールジロー
オードビー2012サブールインテンス

度数:70% 容量:500ml
¥4,454
品切れしております

収穫開始日:2012年10月3日〜収穫終了日:2012年10月22日
ワイン度数:9.6%
蒸留開始日:2013年3月12日〜ボトリング日:2013年5月23日

【2009年以来久々の生産!その名も「鮮烈な香り」(サブールインテンス)】
〜これこそがポールジロー・コニャックのスタート地点
抜群の香りと繊細な酒質を持ったオードビー2012年入荷です!〜

2000年代の中期には、毎年の風物詩ともいえるほど好評を博していましたポールジローが作るできたての蒸留酒「オードビー」が、2009年ビンテージ以来、久々に生産再開となりました。去年、おととしと、「今年の入荷は無いのですか?」とファンの方からのお問い合わせを多数いただいておりましたが、コニャック地方の天候不順など悪条件が重なり、生産がストップしておりました。
実に3年ぶりとなる入荷ですが、ジロー氏の言葉どおり、10年、20年と熟成が進めば、間違いなく素晴らしいコニャックになると実感させてくれるほど、この原酒の段階で溢れるほどの香りと、繊細ながらも次々と現れてくる複雑な味わいを感じ取れます。通常この手の若い蒸留酒は、まだまだそのお酒が持つ本来の香りや味わいが表面にでていないものが多いですが、ジロー氏が自信を持って3年ぶりにリリースするだけあって、現段階でも十二分にその旨さを堪能できる酒質を持っています。人気の定番ラインナップとともに、そして年末から来年にかけて入荷してくるであろう大人気のジュースとともに、飲み比べていただくとポールジローの奥深さ、素晴らしさを存分に堪能いただけることと確信しています。もちろんこの2012年ビンテージは1度限りの生産、入荷となりますのでこの機会を逃すと2度と入手できない商品です。500mlボトルでわずか900本限り。過去のリリース品もすべて完売しておりますので、ぜひお早めに!(輸入元資料より)
【「素晴らしいグランドシャンパーニュのコニャックに変貌を遂げるだろうと確信しています」〜ポールジロー氏談】

ポールジロー・トラディション
(コニャック/正規)

度数:40% 容量:700ml
¥6,620
(8%税込価格)

お求めやすい価格ながら、グランシャンパーニュ・ブードビル村のテロワールと
伝統的な製法によるポールジローならではの味わいを楽しめる商品。
(輸入元資料より)


ポールジロー15年
ヴィエイユ・レゼルヴ
(コニャック/正規)

度数:40% 容量:700ml
¥10,282
(8%税込価格)

グランシャンパーニュは年を重ねるほどそのよさを発揮するが、
15年はまさに「古酒の入り口」。
フレッシュな風味と熟成感のバランスが絶妙。
(輸入元資料より)


ポールジロー25年
エクストラ・ヴィユー
(コニャック/正規)

度数:40% 容量:700ml
¥13,316
(8%税込価格)

25年の良さは、その秀逸なバランス。
グランシャンパーニュ・コニャックとしての円熟味、
そしてポールジローの醍醐味が存分に感じられる商品。
(輸入元資料より)


ポールジロー35年
トレラール
(コニャック/正規)

度数:40% 容量:700ml
¥23,231
(8%税込価格)
品切れしております

35年の特徴は、その熟成感。
角の取れた、達人のような逸品。
グランシャンパーニュ・コニャックの極みといっていい程の、ある種の到達感が感じられる。
(輸入元資料より)


ポール・ジロー35年
トレラール旧瓶
(コニャック)

度数:40% 容量:700ml
完売いたしました

【デッドストック】
国内唯一のデッスストック品で「ポールジロー35年トレラール(旧瓶)が入荷いたしました。絶対に損のない一押し商品です!現行ではJISが輸入しておりますが、これはそれ以前のヤスマ(株)が輸入していた頃のデッドストック品。ヤスマ(株)によると1996年に輸入した商品とのことで、約20年弱の時間が経過しております。熟成が35年で輸入されたのが約20年前・・・ということは蒸留から50年の歳月が・・・。見た目は現行品(並行品)とほとんど変わりはありません。
味わいに関しては現行品とは全く異なります。好みなので良し悪しは何とも言えませんが、熟成のバランス、後味に残るグレープの心地良い余韻が秀逸です。なお、試験的に抜栓したキャップ(コルク部分含む)の状態も良好です。液面もやや低いですが、品質への影響はございません。このような貴重なボトルが、現行品よりも安い価格でのご提供となりますので、是非この機会をお見逃し無くご利用ください。お客様も間違いなく喜んでいただける自信を持ってお奨めさせていただく今月の目玉商品です。(輸入元資料より)

レイモン・ラニョー
レゼルヴ
(コニャック)

度数:40% 容量:700ml
品切れしております



レイモン・ラニョー
ヴィエイユ・レゼルヴ
(コニャック)

度数:41% 容量:700ml
品切れしております


レイモン・ラニョー
エクストラ・ヴィユー
(コニャック)

度数:42% 容量:700ml
品切れしております



レイモン・ラニョー
オルダージュ
(コニャック)

度数:43% 容量:700ml
¥18,608
(8%税込価格)
品切れしております


レオポルド・グルメル
プルミエール・サブール

度数:40% 容量:700ml
¥4,525
完売いたしました

“コニャックの真髄”レオポルド・グルメル
本格派プルミエール・サブール
ヨーロッパ各国で絶大な人気を誇るコニャック“レオポルド・グルメル”。高級レストランはもちろんのこと、仏大統領府エリゼ宮や英国王室御用達の百貨店ハロッズ、シンガポールのラッフルズホテル等において楽しまれているその品質は、フランス国内だけにとどまらず世界各国で認められています。また、ワインの神様:ロバートパーカー氏も愛飲しているレオポルドグルメルについて、同社のオーナーであるオリビエ・ブラン氏は次のように語っています。

「私たちが作るコニャックは、ポットスチルから出てきた瞬間から香り高く、原酒の複雑さがすぐに分かるほど丁寧に生産されています。コニャックは添加物が使用されるのが当たり前のようになっていますが、葡萄の個性が最大限に生かされたコニャックにするために、私たちは添加物を一切使用せず自然の風味が残るよう努力しています。そのためによく、“レオポルド・グルメルは色が薄い”と揶揄されることもありますが、我々はむしろそれを誇りに思っています。」

また妥協を許さない彼らの姿勢は、下記のような点にも見受けられます。
1.無添加
コニャックの大手ブランドでは、色や味わいを調整するためにカラメルやシロップ等の添加が行われますが、レオポルド・グルメルには添加物が一切含まれておりません。
2.単一畑・単一年
葡萄は全てプルミエクリュ・ファンボア地区の単一畑から最良のものだけを厳選して使用。異なる年の原酒をブレンドすることはありません。
3.加水方法
アルコール度数の高い樽出し原酒を、一旦度数を下げたコニャック原酒に時間をかけてゆっくりと加えていくことで度数調整を行っています。一般的な方法とは逆の方法で加水が行われます。

プルミエール・サブールは親しみやすさを持ちながらも、葡萄が感じられるしっかりとした味わいで、品のある華やかな香りが口中に広がります。是非一度、皆様にお試し頂きたいコニャックです。(インポーター資料より)

ニーメ・デルクルー1974
(アルマニャック)

度数:40% 容量:700ml
bottled:2014年5月26日
完売いたしました

【2014年が40年の記念ヴィンテージ】
ココナッツ、ミルクチョコ、白檀の香り、
ボディは優しく葡萄やタンニン、心地よい酸味、
フィニッシュはややホットで力強く長く続く、
長期熟成の複雑なテイストを十分に感じる!
(輸入元資料より)


ニーメ・デルクルー1964
(アルマニャック)

度数:40% 容量:700ml
bottled:2014年5月26日
¥28,409
(8%税込価格)
完売いたしました

【2014年が50年の記念ヴィンテージ】
ビターチョコ、シガー、陶酔感、パッションフルーツ、チョコレートや杏子、
優しく滑らかなボディは長期熟成の古酒で、複雑なフィニッシュは素晴らしく長く続く!
(輸入元資料より)


ジェラス30年
(アルマニャック)

度数:40% 容量:700ml
¥13,208
(8%税込価格)
品切れしております

ユニブランとバコ種をブレンドしたこのボトルは、ジャスミンやドライフルーツの繊細な香りを持ち、
シガー、花、バニラ、スパイスと様々なアロマが徐々に現れてきます。
グラスに注いだ瞬間にプルーンやスミレの花を思わせる贅沢な風味が広がり、
バニラとスモークの香りを漂わせながら長くスパイシーなフィニッシュへ。

【コストパフォーマンス優れるメゾン・ジェラスの自信作!】
〜かつての人気商品「ジェラス25年」を上回る長熟品がついに日本入荷です〜
アルマニャックだからこそ可能なコストパフォーマンス!以前より稀少なシングル・ドメーヌ・アルマニャックの数々をリリースしているメゾン・ジェラス。今はもう存在しない生産者の原酒を含む素晴らしいラインナップはもう日本の皆様にもおなじみと思います。そして彼らが誇る自社ブランドの熟成品もまた、これまでも非常にご好評をいただいてきました。しかしながら「25年」という長期熟成の主力商品が取り扱い終了となってしまい、たくさんのお客様からお問合せをいただいておりました。
そして本日ようやく前作を上回る素晴らしい1本をご紹介できることとなりました。以前より熟成が伸びた「アルマニャック・ジェラス30年」が限定ながら新たに発売となります。今や30年を超える蒸留酒はかなりの価格を覚悟しなければならないのですが、本品は前作のコストパフォーマンスを継承。この価格帯で入手できるブランデーとしては驚異の長期熟成品です。最後を締めくくる1杯としてはもちろん、シガーとも抜群の相性をしめす素晴らしい1本です。メゾン・ジェラスの自信作、ぜひお試しください。【180本限定】(輸入資料より)

シャトー・ラ・ベロジェ1974
(アルマニャック)

度数:44.6% 容量:700ml
造り手:ベルナール・リュイリエ
¥13,207
品切れしております

香り:非常にふくよかで、上品なバニラに微かなタバコのニュアンス。
味わい:ドライプラムと甘いスパイスのバランスの取れたアラック。
ドライフルーツの風味を伴いつつ、どこまでも続くフィニッシュへ。
フィニッシュ:極上のポートワインのような余韻にバニラの甘い香り。
[セパージュ:バコ&ユニブラン]

【失われたアルマニャック生産者ベルナール・リュイリエの稀少在庫!】
〜貴重なバックヴィンテージが入荷!旧ボトルを60本だけ入手!〜
まだまだその魅力を知らない方が多いアルマニャック。失われつつある稀少なブドウ品種を使用している稀有なこのお酒を、リーズナブルな価格で楽しむことができるのは我々にとっては喜ぶべきことですが、まだまだ一部の消費者のみが楽しんでいるマイナーなカテゴリーでもあります。しかしながら、いまだに貴重なバックヴィンテージが適正価格で入手でき、かつその品質もコニャックを凌駕するような素晴らしいものが数多くあるこの蒸留酒を知らずにいるのは、あまりにももったいないと考えます。とはいえ、貴重な古酒は徐々にそのストックが枯渇しつつあり、生産者自体も廃業をしてしまうことが少なくないため、いつまでも気軽に入手可能な商品ではありません。まさに今のうちに入手しておくべきお酒といえるでしょう。
今回ご紹介するボトルも、造り手のベルナール・リュイリエは、すでにアルマニャックの生産を止めてしまっており、現存ストックが無くなれば永久に失われてしまう銘酒でもあります。最近は新しいラベルになった1977年が好評でしたが、旧ラベルで詰められた貴重な1974ヴィンテージを入手できましたので、わずかながらご紹介いたします。60〜70年代のブランデーが入手困難になる時代はもうすぐそこまで来ています。どうぞこの失われつつある至高の1本をお手元に。(輸入資料より)

【ジェラス社より興味深い熟成品が到着】
〜アルマニャックとしては非常にレアなハイプルーフのシングルカスク!〜
素晴らしい原酒を多数保有する「ジェラス」より新たなアルマニャックの可能性を感じさせる、非常に期待度の高いアイテムが届きました。それぞれオーク樽で熟成させた後、ひとつはボルドーワインの樽にて、もうひとつは日本でもおなじみのエミリオ・ルスタウ社のシェリー樽で熟成をさせた限定ボトルです。ボルドーワイン、シェリー酒とアルマニャックの出会いも興味深いのですが、もうひとつこのアイテムの特徴は、アルマニャックとしては珍しい高い度数でボトリングされていることです。味わいのバランスを見極めながら、オーセンティックなアルマニャックの手法を貫いた新たな境地の意欲作。
ルスタウ社はシェリーボデガの中でも数々の受賞歴を誇る、古酒ストック豊富な銘醸蔵、Ch.ファヨーもパリ農業コンクールで金賞を受賞するなど、熟成樽のポテンシャルも非常に優れており、ブランデーファンならずとも期待が高まります。スタンダードな10年と飲み比べると面白いのではないでしょうか。それぞれ60本ずつの少量入荷です。ぜひお見逃しなく。(輸入元資料より)
ジェラス7年シングルカスク
ファヨー・カディヤック・フィニッシュ
(アルマニャック)

度数:49.3% 容量:700ml
¥5,205
品切れしております

ボルドーのカディヤック地区にあるメドヴィル家が造る「シャトー・ファヨー」の空樽にてフィニッシュ。シャトーは貴腐ワインと伝統的なボルドーワインを造っており、コストパフォーマンスの高いワインで知られています。6年半の熟成後、半年間の後熟を経てボトリング。熟成年が短めの原酒に特徴的なプルーンやスパイスの香りに、エキゾチックなワイン樽の風味が加わり芳醇な味わいを醸し出しています。バコ、ユニブランを50%ずつ使用。(輸入元資料より)

ジェラス12年シングルカスク
ルスタウ・オロロソ・フィニッシュ
(アルマニャック)

度数:54.3% 容量:700ml
¥7,149
品切れしております

アルマセニスタ・シリーズなど独自の熟成を経た素晴らしいシェリーをリリースする「エミリオ・ルスタウ社」のオロロソ樽でフィニッシュ。11年の熟成後、1年間この樽で後熟をかけています。ふんだんなスパイスを伴った上品な香りに、ドライフルーツやタバコの風味を感じ、フィニッシュではコーヒーやカカオがふくよかに感じられる素晴らしいアルマニャック!バコ、ユニブランをそれぞれ50%使用。(輸入元資料より)

ジェラス10年
シングルカスク

(アルマニャック)

度数:41.8% 容量:700ml
完売いたしました

人気のジェラス10年にシングルカスクが登場です
総生産数550本のうち60本のみが国内入荷
【幅広いシーンで使えるハイパフォーマンスのスタンダード品】1246年まで遡ることができるという歴史あるアルマニャックの生産者「ジェラス」より定番商品の10年の「シングルカスク」が新に入荷。もともと古酒のスペシャリストといっていいほど、豊富かつ貴重なアルマニャックの古酒ストックを保有していますが、もうひとつの看板商品がこのジェラス10年です。コニャック、アルマニャックという括りを無くしても、10年でこれだけの熟成感、旨み、上品な甘みを持ったブランデーはそうありません。
今回のシングルカスクは、ジェランソンの名手「ドメーヌ・ニグリ」のジェランソン樽を使って後熟をかけた、興味深い商品です。品のある甘みとスパイスの香りがのった素晴らしい仕上がりをぜひお試しいただきたいと思います。生産数もわずかとなっていますので、ぜひお早めにご注文ください。(輸入元資料より)

ジェラス10年
(アルマニャック)

度数:40% 容量:700ml
¥4,474
品切れしております

ジェラス10年は、200種以上のサンプルより選び抜かれて作られ、アルマニャック最良の地、バ・アルマニャックで栽培されたユニブラン種とバコ種の2種類の葡萄が使われています。ユニブランは、コニャックで主に使われる品種で、育てやすく又短期間で収穫量も多いため生産者としては魅力ある品種で、酸味が強く低アルコールでクセのない味わいが特徴です。バコは、フォルブラン(ヴィニフェラ科)とノア(ラブルスカ葡萄)をかけあわせてフィロキセラのあとに開発された品種で、腐りにくく湿気に強いのが特徴です。1920年代から1970年代にかけてアルマニャックの葡萄畑に植えられ、この時期につくられ市場に出回っているアルマニャックのほとんどは、バコでつくられています。この品種はフルボディで、厚みのある豊かな風味を加えてくれる貴重な存在でもあります。この2品種を絶妙にブレンドしたジェラス10年、一度試していただければそのコストパフォーマンスに驚かれるはずです。(輸入元資料より)

コーディアラー・リキュール
(ジェラス)

度数:35% 容量:700ml
¥3,996
(8%税込価格)

今年問い合わせが多かったメゾン・ジェラス製
オレンジ・アルマニャック・リキュールが再入荷!

カリブ産オレンジ果皮から取り出したエッセンスを
オーク古樽で熟成して使用した逸品


今年1月に入荷した際に120本が瞬く間に完売。その後、お買い上げいただいたお客様からのお問い合わせ(『再入荷はいつ?』『どんな商品?』などなど)を多くいただきました。つまりはその味わいに対して評価が高かった証拠!数ヶ月ぶりに入荷しましたが、今回も入荷数は120本です。また次回入荷までは、間があいてしまいますので、ぜひ今回の入荷分をご入手ください!

かつて錬金術師達はアクアヴィーテ(命の水)として作り上げた蒸留酒に、薬草類を浸漬し、エリクシールとよばれる秘薬、今で言うところのリキュールを作り上げました。もともとは体力増強や、文字通りの秘薬として生産されたリキュールは、時代を経るとともに美味しさを追求したレシピが求められていきました。コーディアルとはリキュールを指す言葉ですが、もともとは「元気になるもの」という意味合いを持ち、飲んで美味しく、体にもいいものとして広くリキュールの商品名に使われていくようになります。
この言葉を冠した今回の新商品は、高品質なアルマニャックで名高い「メゾン・ジェラス」が開発したもので、18世紀にさかのぼる秘酒を、ジェラスを設立したバプティスト・ジェラスが、アルマニャックを使用したレシピとして19世紀に完成させたものです。カリブ産のオレンジを、香りが最も良い時期に手摘みし、天日干しした果皮をジェラスのアルマニャックに浸漬、その後液体を蒸留したエッセンスをオークの古樽で数ヶ月熟成させたものに、アルマニャックと砂糖をあわせるという手間のかかる工程で作られる逸品です。薫り高いオレンジのアロマ、しっかりとした酒質を持つ味わい深いアルマニャックに、バランス良く甘みが溶け込んだ非常にレベルの高い仕上がりです。そのままでももちろん、氷を入れてすっきりした味わいを楽しんでいただくのもお勧めです。(輸入元資料より)

シャトー・ド・ラカーズ1981
(アルマニャック)

度数:46% 容量:700ml
2001年瓶詰め
¥8,506
完売いたしました

貴重なビンテージ・アルマニャックが限定少量入荷!
「世界で最も歴史あるブランデー」〜文献によると最も古いアルマニャックの記録は14世紀にまで遡るそうです。そんな歴史を持ちながらコニャックにおされ、生産量は極僅かとなってしまいました。小さな農家が文字通り手造りで丁寧に生産している、そんな貴重で真に価値のある蒸留酒を少しでも伝えていきたいと、稀少なストックをわけてもらいました。
今回の「シャトー・ド・ラカーズ」日本入荷は90本にも満たない、わずかなものです。1994年にはシャトーが閉鎖されたため、現在のストックが無くなれば永久に手にすることはできない幻のアルマニャックとなってしまいます。コニャックでは手に入りにくい、シングルビンテージの貴重なブランデーを、リーズナブルな価格で味わうことができるまたとない機会です。
まさに失われ行く「銘酒アルマニャック」・・・。その魅力ある色、香り、味わい、すべてを堪能してください。(輸入元資料より)

オードヴィー・ド・プルーン
オクシタン15年
(ジェラス)

度数:40% 容量:700ml
¥5,328
完売いたしました

アルマニャック古樽で熟成させた長熟フルーツブランデー
アルマニャックの名門「ジェラス」が作る贅沢な長期熟成品です
OCCITANE(オクシタン)とは、南仏を中心とした地域の名称で、ジェラスのあるアルマニャックもこの地域に含まれます。原材料に、プリュンヌ・ダント(西洋スモモ)、ミラベル、クウェッチ。レンヌ・クロードといった数種類のプラムを使用し、オーク樽で15年間熟成させました。アルマニャックの古樽を使用することにより、驚くほどの香りと深みがオードヴィーに加わります。通常ブドウをリンゴ以外のフルーツでつくられるフルーツブランデーは、長く熟成させると樽の影響が出すぎてしまうため、15年という長期熟成をさせることはほとんどありません。ジェラスならではのアルマニャックの古樽を使用し熟成させることで非常に稀で至高の長期熟成プラムのオードヴィーが出来上がるわけです。
かのシャトームートンでもオードヴィー・ド・プルーン(15年熟成)をリリースしておりますが、またそれとは違うふくよかな仕上がりです。香りは熟成した梅酒のようながら、口に入れたとたんにフレッシュなプルーンの香りとともに、上質のアルマニャックのような滑らかで力強い風味が一気に広がります。なんといっても、これだけの熟成を施しているにもかかわらず、非常にリーズナブルな価格設定となっていますので、十二分に満足感を味わっていただけるはずです。実際に発売以降リピートのご注文を多数いただいており、自信を持っておすすめする1本です。(輸入元資料より)

レアなイタリア産ヴィンテージ入りブランデー「モンタナロ」!
今回は珍しいイタリア産のブランデー「モンタナロ」をご紹介いたします。このモンタナロは主にグラッパを生産する蒸留所で、1885年に蒸留器を作る職人であったフランチェスコ・トゥルサーニ氏によって設立されました。その創設者の娘と結婚したマリオ・モンタナ氏が1922年に事業を引き継ぎ、その息子である現オーナーのジュゼッペ・モンタナ氏がイタリア西部ピエモンテ州の、白トリュフの産地として有名なアルバで営んでいます。モンタナロ氏は、現在ブランデーは作っておらず、その昔、友人が所有していたピエモンテ州にあったラベット蒸留所から買い付けたブランデーです。オーナーである友人が他界し、蒸留所を閉鎖するときに所有していたブランデーを譲り受け、彼の遺産として今まで大事に保管している大変貴重なストックです。全てのブランデーが今もオーク樽の中で熟成されており、約2年に一度程度、瓶詰めして出荷されているそうです。珍しいヴィンテージ入りのイタリアンブランデーですので、是非この機会にお買い求めください。(輸入資料より)
モンタナロ・ヴィンテージ1964
(イタリアンブランデー)

度数:40% 容量:700ml
完売いたしました

1964はプラム、ウッディ、チョコレートで、
3種の中ではエレガントさと最後まで続く葡萄の旨味が
ずば抜けていて、かなりのお薦めです。
(輸入元資料より)


モンタナロ・ヴィンテージ1972
(イタリアンブランデー)

度数:40% 容量:700ml
完売いたしました

1972は桃やタイムなどのハーブ系で、
1964と比較するとややドライだが
フィニッシュまで綺麗に葡萄が続きます。
(輸入元資料より)


モンタナロ・ヴィンテージ1974
(イタリアンブランデー)

度数:40% 容量:700ml
¥10,141
完売いたしました

1974は生っぽい若いグレープスピリッツで、
若々しく強いボディに酸味やタンニンを感じます。
(輸入元資料より)


バルデスピノ
ファミリー・ヘリテージ・ブレンデー
2010リリース
(スパニッシュ・ブランデー)


度数:40% 容量:700ml
¥13,207
完売いたしました

歴史ある老舗の遺産再び
最高級のオロロソ樽を用い1987年より続くソレラシステムで熟成!
高品質のシェリーを生産することで定評のあるバルデスピノ社ですが、「レジェンド・オブ・キューバンラム」などをはじめ、ソレラシステムを応用した長期熟成蒸留酒も、それ以上の人気と評価をこれまでに獲得してきました。そのバルデスピノ社より6年振りとなる貴重なストックが日本市場に向けてリリースされました。同社の前オーナー、ミゲル・バルデスピノ氏のプライベートストックでもあった、19世紀から始まるというソレラシステムによって受け継がれてきた秘蔵の銘酒「バルデスピノ・ファミリー・ヘリテージ・ブランデー」
2004年から6年振りに再度ボトリングが行われ、ついに日本に到着いたしました!前回のリリース以来となるため、さらに6年ほどの熟成が加わったことになります。その名のとおり、長きにわたって受け継がれてきた貴重な遺産ともいえるブランデーだけに、今、この時代に味わえる喜びをぜひ感じてください!超良質のシェリー樽で50年を越える眠りについていたブランデー、飲める機会はこの先のそうあるものではありません!飲まなければ生涯後悔する、そんなお酒です。ぜひお見逃しなく。(輸入元資料より)

<バルデスピノ・ファミリー・ヘリテージ・ブランデーについて>
1430年から酒造りをはじめ500年以上の歴史を誇るバルデスピノ家ですが、1999年に現オーナーにその在庫を全て売却しました。その中にあった前オーナーのプライベートストックにあったのがこのブランデーで、19世紀から始まるソレラシステムで造られ、平均熟成年数は50年を越え、100年以上前の古酒も含まれているといわれています。2004年に一部をリリース後、再び眠りについていたものを6年振りにボトリングが実現いたしました。さらなる熟成を増した驚異のブランデー、シェリーの風味が溶け込んだ唯一無二の存在ともいえる味わいです。

ヴィユー・マール・ド・ブルゴーニュ
(マール/エドモン・ブリオッテ)

度数:40% 容量:700ml
品切れしております

【エドモン・ブリオッテ社】1836年創業の家族経営のリキュールメーカー。創業当時はワイン商としてスタートしたが、アペリティフとして有名な“Blanc Casis”の開発に貢献し、リキュールメーカーとしての地位を築き、現在では“Creme de Cassis de Dijon”の有名メーカーとして知られている。現当主はジェラール・ブリオッテ。マール類は228リッターの樽に入れられ、気温の安定した状態で、地下倉庫で熟成される。若さあふれるVieux Marcは寒い朝にコーヒーにたらせば抜群。寒さも吹っ飛びます。(輸入元資料より)

CAPOVILLA
カポヴィッラ

【イタリアの神秘の造り手】
世界で一番注目されている蒸留酒の造り手、ヴィットリオ・カポヴィッラ氏。彼は偉大なる蒸留酒の造り手であるだけではなく、偉大なる果物の造り手でもあるのです。彼はもともと、ワインの醸造機械関係の仕事をしており、オーストリア、ドイツなどを回っていました。その際には、現地の小さな蒸留所を訪問する機会も多くありました。ドイツやオーストリアには、小さい自家生産を含めた蒸留所が数万ヶ所もあるのに対して、イタリアは僅か100ヶ所ほど。そんな状況から、彼の蒸留に対する情熱はしだいに高まり、ついに1986年、オーストリアの職人にオーダーメイドで蒸留器を作らせ、珍しい「湯煎」式の蒸留設備が出来上がりました。2回蒸留を行うことで、一番大切である、デリケートなフルーツのアロマを引き出すことに成功。果物が完熟して、その個性が一番出る時期にのみ収穫することを最も重要とし、完熟した果物を圧搾して、何も加えることなく自然のままで発酵させます。酵母は果物自身が持っている自然のものを使い、蒸留には自然の純粋なマザーウォーターを使用。湯煎は100度を僅かに超えない温度でおこないます。それより高い温度で蒸留すると、早くそしてコストを抑えることが出来るのですが、彼にとって一番大切な果物のアロマが蒸留と同時に気化してしまい、理想とするブランデーを造ることは出来ません。さらに2回目は冷めてから、100度より低い温度でじっくり再蒸留させるのです。厳格に管理された自家栽培果物や、契約農家から買い付ける最高級の品種のみを使用しており、品質に満足がいかなければ、その年の蒸留を行わないほどの徹底ぶりです。(輸入元資料より)
【カポヴィッラとシャンパンハウス「ビルカール・サルモン」のジョイント】
今回は、あの著名なシャンパーニュのメーカーである「ビルカール・サルモン社」とジョイントしたブランデー(アクアヴィテ)をご紹介いたします。今回のビルカール・サルモン社とのジョイントでは、カポヴィッラ氏自身がフランスの同社まで出向き、自分の目でヴィナッチャ(絞りかす)を選び、その後イタリアにヴィナッチャを輸送して自社で蒸留を行いました。何れも2008年ヴィンテージで、約3年間ステンレスタンクにて貯蔵した後、2011年後半にリリースしました。ビルカール・サルモン社は小規模ですが、少量生産にこだわり、品質のみを追い求めトップクラスのシャンパーニュを作るという評価を得ています。(輸入元資料より)
カポヴィッラ
シャルドネ2008ビルカール・サルモン
(アクアヴィーテ・デ・ヴィナッチャ)

度数:45% 容量:500ml
¥8,804



カポヴィッラ
ピノノアール2008ビルカール・サルモン
(アクアヴィーテ・デ・ヴィナッチャ)

度数:45% 容量:500ml
¥8,804
品切れしております



カポヴィッラ
ルージュ・ピノノアール2008ビルカール・サルモン
(アクアヴィーテ・デ・ヴィナッチャ)

度数:45% 容量:500ml
¥9,607
品切れしております

ロゼシャンパーニュの醸造過程で使用したピノノアールのヴィナッチャを使用。


カポヴィッラ
ル・クロ・サンティレール・ピノノアール2008
ビルカール・サルモン
(アクアヴィーテ・デ・ヴィナッチャ)

度数:45% 容量:500ml
¥9,607
完売いたしました

ビルカール・サルモン社の単一畑から作った上級ブランド「CLOS St HILAIRE」のヴィナッチャを使用。


シングルモルトのページ ラム カルバドス

ご注文はメール、またはお電話でお願いします。



(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 ダイエー三芳店前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 毎週水曜
営業時間 9時30分〜20時
未成年の飲酒は禁じられています