RUM
ラム


ウィットブルグ1998/15年
(ザ・ウイスキー・エージェンシー)

度数:51.7% 容量:700ml
¥11,740
(8%税込価格)
完売いたしました

ガイアナ産ラム
ボトリング:2013年
ボトリング本数:269本

色は淡い白ワイン、香りも透き通った綺麗なサトウキビ、
ドライで綺麗なサトウキビのジュースの甘み、フィニッシュはホットで長い。
(輸入元資料より)


カロニ1997/16年
(ザ・ウイスキー・エージェンシー)

度数:51.6% 容量:700ml
¥11,470
(8%税込価格)
完売いたしました

トリニダード産ラム
ボトリング:2013年
ボトリング本数:223本

色はゴールデン、重めの香り、エスプレッソ、
ボディはクリームチョコレートにコーヒー、フィニッシュはビターでドライ。
(輸入元資料より)


クレマン
シングルカスク9年
(マルティニークラム)

度数:46.8% 容量:500ml
¥5,843
(8%税込価格)
品切れしております

樽詰め:2002年9月〜ボトリング:2012年5月25日
バーボンバレル#20020088
ボトリング本数:583本

【人気のラム、クレマンより完売した「シングルカスク8年」の後継アイテム】
〜熟成が1年長くなって、さらに美味しさを増したこの1本をぜひお試しください〜
2012年からの取扱より非常に高い評価をいただいているマルティニークラムの人気ブランド「クレマン」ですが、特に前回入荷時に好評をいただいき全量完売となったアイテム「シングルカスク8年」の後継商品がついに入荷いたしましたので、ご案内いたします。ラムの世界ではまだまだリリースが少ないシングルカスク。世界的にみるとアグリコールラムの市場自体がまだ小さい中、選りすぐった高品質の樽のみボトリングするというシングルカスクがまだ一般的でないのは当然とはいえ、その品質の高さ、美味しさから一度飲んだ方からが絶大な支持をいただく商品がこれです。
今回の商品は、カスクナンバー20020088のバーボンバレルから583本が瓶詰めされました。2002年9月に樽詰めされ、2012年5月25日に瓶詰め。非常に複雑でありながらバランスが良く、ウッド、スパイス、ドライフルーツ、アーモンドのような風味が感じられるのは前回のカスク同様で、今回もセラーマスターがベストと判断した状態で皆様のもとへ届けられています。もちろんブルーケーン100%使用!ボトラーズウイスキーのような概念で、ベストの樽を詰めた美味しさを誇るラム。日本への入荷はわずか90本のみ!人気の高い商品だけにぜひお早目に入手してください。(輸入元資料より)

カロニ12年
カリビアンラム
(ブラックアダー)

度数:46% 容量:700ml
¥6,780
(8%税込価格)
完売いたしました

ボトリング本数:1,368本

焦がした黒砂糖、マンダリンオレンジ、オレンジ・ペコー、溶剤の香り。
甘くバニラビーンズの味わいとマンダリン・リキュールやマラスキーノ・チェリー。
深煎りのキャラメルや珈琲豆の香ばしい余韻。
熟成感のあるシガーやシガリロなどと共に楽しむと甘みが増し香ばしい味わいを楽しむ事が出来る。
(輸入元資料より)


カロニ1997/16年
トリニダードラム
(ダンカンテイラー)

度数:56.4% 容量:700ml
ポットスティル
¥10,206
(8%税込価格)
品切れしております

蒸留:1997年12月〜ボトリング:2014年2月
カスク#49
ボトリング本数:298本

香り:オレンジ、ライム、チョコレートレーズン。
味:フローラル、チョコレート、バナナ、スパイス。
余韻:ハーブ、よりチョコ、ナッツ、バニラオーク。
(輸入元資料より)


ロングポンド2000/13年
ジャマイカラム
(ダンカンテイラー)

度数:54.6% 容量:700ml
ポットスティル
¥9,007
(8%税込価格)
完売いたしました

蒸留:2000年6月〜ボトリング:2014年2月
カスク#6
ボトリング本数:241本

香り:レーズンファッジ、バタースコッチアイス、スペアミント、ポップコーン、トフィーアップル。
味:スモーキーベーコン、炭、チリ、チョコ、ミーティ、ブラッドオレンジ。
余韻:ドライ、芝生、セビリアオレンジ、マーマレード。
(輸入元資料より)


モニマスク2003/10年
ジャマイカラム
(ダンカンテイラー)

度数:53.5% 容量:700ml
ポットスティル
¥8,208
(8%税込価格)
完売いたしました

蒸留:2003年8月〜ボトリング:2014年2月
カスク#18
ボトリング本数:162本

香り:蜂蜜、ナツメグ、オーク、シナモン、バニラ、ヘザー。
味:フローラル、ローズウォーター、アーモンド、マジパン、砂糖。
余韻:焼きたてのパン、麦のハスク、粉ミルク。
(輸入元資料より)


サウスパシフィック2003/10年
フィジーラム
(ダンカンテイラー)

度数:54.8% 容量:700ml
ポットスティル
¥8,608
(8%税込価格)

蒸留:2003年4月〜ボトリング:2013年9月
カスク#18
ボトリング本数:284本

香り:シナモン、ユーカリ、木の皮、タケノコ、バーレーシュガー。
味:ライムコーディアル、クリーミー、キュウリ、ココナッツ。
余韻:ミントチョコチップアイス、塩、コショウ。
(輸入元資料より)


バルバドス&フォースクエア2001/12年
カリビアンブレンデッドラム
(ダンカンテイラー)

度数:46% 容量:700ml
¥7,938
(8%税込価格)

香り:とれも甘く、トフィー、バニラ、バナナ、クリーム。
味:レモンの皮、ミルクチョコ、チェリー、ブラックカラント。
余韻:ダークチョコ、ブラックペッパー、トーストしたオーク。
(輸入元資料より)


カロニ1997/16年
ラムボーイ
(スコッチモルトセールス)

度数:46.8% 容量:700ml
地域:トリニダード・トバコ
¥9,504
(8%税込価格)
完売いたしました

色は濃いゴールド。糖蜜、セメダインの香り。
ミディアムボディで甘口。オイリーでシルキー。樽香が心地良く広がる。
フィニッシュは仄かにビターでドライフィニッシュ。
(資料より)


【カロニ蒸留所】(1923-2003)トリニダード・トバコ共和国の首都、ポートオブスペイン。その南東にあるのがカロニ蒸留所である。カロニとはトリニダードにあった今は存在しない古いさとうきび農園の名前。カロニ蒸留所の操業年は定かではないが、一説によると1923年頃ではないかと言われている。前身のカロニ・シュガー・ファクトリー社は、1918年に鋳鉄製の蒸留器でスピリッツの製造を開始。1943年に木製のコフィ式(連続式)蒸留器によるラム製造が開始された。1957年、エスペランザ・エステートを買収し、1棟式のコラムスティルを設置。1980年には4基のコラムスティルを新たに設置して、生産量の増大を果たしていたが、2003年に惜しくも閉鎖。カロニ蒸留所は最高級のヘビーラムを生産し、ブイリティッシュネイビーからも高い評価を受けていた。(輸入元資料より)

【世界初、単一サトウキビ品種を使用した、香り高い限定生産スペシャルブラン】
〜ストレートで味わってみて、こんなにフルーティーで飲みやすいなんて!〜

【ラム・クレマン・カンヌブルー2011&2012】
まず驚きました!ラムブランがこんなにフルーティーで美味しく飲みやすく感じることに、です。カクテルベースとしてダイキリやティポンシュなどでは使うけど、ストレートで飲むにはまだ抵抗が・・・というお客様に、本当におすすめしたい商品が到着いたしました。
クレマンは、1887年にラム生産を開始し1970年代半ばにはヨーロッパや中南米、アメリカにも市場を広げているワールドワイドなブランド。今回ご案内する「ラム・クレマン カンヌブルー2011&2012」は、世界で初めて「ブルーケーン」という単一のサトウキビ品種が使われた人気商品の最新ヴィンテージです。ステンレスのバットで状態を落ち着かせ、火山からの湧き水を蒸留しゆっくりと加水することで、まとまりのあるフルボディのアグリコールホワイトラムに仕上がっています。
熟成されたスピリッツを楽しむ合間にも、シガーを楽しむお供にも、非常に使い勝手の良い1本です。バックバーでもこれからの季節、目を引くこと間違いなし!限定生産となりますので、お早目のご検討ください。(輸入元資料より)

ラム・クレマン
カンヌブルー2011
(マルティニーク)

度数:50% 容量:700ml
¥3,343
(8%税込価格)
品切れしております


ラム・クレマン
カンヌブルー2012
(マルティニーク)

度数:50% 容量:700ml
¥3,343
(8%税込価格)


トロワ・リビエール
シングルカスク2001
(マルティニークラム)

度数:52.8% 容量:700ml
¥8,921
(8%税込価格)
完売いたしました

蒸留:2001年11月19日〜ボトリング:2013年9月14日
ボトリング本数:231本

【トロワ・リビエールとJISが厳選したスペシャルカスクが到着】
〜「マルティニークらしさ」が現れた絶品樽・「味に絶対の自信」ですが、わずか231本の限定品〜
今やマルティニーク島にあるほとんどの蒸留所を取り扱う弊社ですが、常に人気ナンバーワンのブランドは、昔からこのトロワ・リビエールが不動です。もちろん日本市場で古くから馴染みのブランドとあって、安心感や安定感といったことも人気の要因ではあると思いますが、なんといっても一番の支持理由は「うまいこと」につきます。その理由のひとつは、蒸留所としのポテンシャルの高さ。生み出す原酒の質と熟成後の質感がやはり頭一つ抜けていると言っても過言ではありません。そしてもうひとつは、長年築き上げたトロワ・リビエールとジャパンインポートシステムの信頼関係が、非常に大きいのです。
【トロワ・リビエールが自信を持って送ってくたサンプルより、最上の1樽を弊社スタッフが選びぬいた自信作】すでに日本のラムファンが非常に品質にこだわりを持っていることを、生産者達も理化しており、保有する樽の中でも、質のいいものだけを選んで日本へと送ってきます。そしてその中から弊社スタッフがテイスティングを繰り返し、「これ!」という樽を選び抜きました。
【日本でしか入手できない貴重なスペシャルキュベ】 当然ながらいい樽はどこの市場でも、喉から手が出るほど欲しがりますが、日本との長年の関係があることからこそ特別に詰めてもらえたスペシャルカスクです。生産数はわずか231本。日本のラムファンのみが楽しめることのできる、限定ボトルです。まさにマルティニークらしい、繊細かつ複雑な味わいを存分に堪能できる自信の1本。ぜひ完売前にお求めください。(輸入元資料より)

ダイアモンド2003
ガイアナラム
(ダンカンテイラー)

度数:54.4% 容量:700ml
ポットスティル
¥7,673
(8%税込価格)
完売いたしました

蒸留:2003年5月〜ボトリング:2013年9月
カスク#72
ボトリング本数:324本

ガイアナ共和国のデメラララム。デメララ東岸に位置する蒸留所で、かつて存在したサトウキビ農園の名前を冠しています。ミディアムボディで、プラム、レーズン、カカオのフレーバー。(輸入元資料より)

クレマンVSOP
125周年記念ジョンワン・ボトル
(マルティニークラム)

度数:40% 容量:700ml
¥4,454
(8%税込価格)

【モダンアートとフレンチ・クレオール・ラムの融合】
〜世界が注目するストリート・アート界のスター、ジョン・ワン氏
125周年を迎えた「クレマン」の記念碑的限定コラボ・ボトル〜


ブランからヴィンテージ品、そしてリキュールと幅広いアイテムで国内外ともに人気を誇るクレマンが、創業125周年を迎え、現代美術界のスターの一人、ジョン・ワン氏とのコラボレーションボトルを発売、日本にもわずかながら入荷がかないました。
クレマンではカリブ海の芸術や文化的遺産に敬意を表し、これを守る活動を開始。その一環として、カリブの血を引くモダンアートティスト、ジョン・ワン氏のデザインをボトルに施す意欲的なプロジェクトを今回企画しました。ジョン・ワン氏はNY、ハーレムで生まれ地下鉄にグラフィティを描き始めるなど、ストリート・アーティストとして活動を開始。活動の場をNYのみならずヨーロッパなどにも広げ、エアーフランス機内誌のカバー、オランダ〜ドイツ間を結ぶ列車のカスタマイズなど、色彩に溢れる鮮烈な作品で人々を魅了しています。
シルクプリントによりデザインが施された今回のスペシャルボトルには、クレマンのフラッグシップ的ラム、VSOPが使われています。新樽にて1年熟成させた後、ケンタッキー産のバーボン樽でさらに3年寝かせたなめらか、かるふくよかな味わいは、このレンジとしてはトップレベルの酒質を誇ります。このようなトップアーティストとのコラボ商品は、限定だけに後々価値があがる可能性も高いでしょう。この手のボトルは発売直後に入手しないと、手に入らなくなりますので、ぜひお早めにお求めください!(輸入元資料より)

レジェンド・オブ・キューバンラム
(バルデスピノ)

度数:45度 容量:700ml
完売いたしました

【キューバ革命(1962)以前より残る“伝説のラム”】
秋口以降、お客様からのお問い合わせが増えております「レジェンド・オブ・キューバン・ラム」が、本年もようやく入荷いたしましたので、早速皆様へご案内いたします。ラベルには「Pre-1962(1962年以前)」と明記されておりますが、実際には1940〜1950年代に蒸留されたキューバ産ラムです。スペイン・バルデスピノ社において、ボトリング直前までソレラ・システムで熟成されておりました。弊社ではフレンチ・クレオール・ラムを中心に様々なボトラーズのラムなども取り扱っておりますが、熟成年数の長さや革命前のキューバ産であることなど、これ以上に稀少性の高いラムはありません!年間出荷量が限られておりますので、皆様のお早目のご注文をお待ちしております。

『人生がそうであるように、酒とは出会いである。私にとってそんな想いにしみじみと浸れるのがこの酒だ。「レジェンド オブ キューバンラム」。このラムは、1949〜50年代にキューバで蒸留された後に樽詰めで海を渡り、スペインへ運ばれ名門一族の酒蔵において、ソレラ・システムで熟成されたものである。
そこで登場する人物がミゲル・バルデスピノ。バルデスピノ家は、創業1340年まで遡るシェリー酒の名門。家族経営によって、代々受け継いできた看板を守る彼に突然不幸が襲った。大切な息子は病床の身に、そして地元のパレードの女王に選ばれたほどの美人であった愛娘を交通事故で失ってしまう。
私がはじめて彼のボデガ(酒蔵)を訪ねたのは今から8年前。そこは、まるで博物館であった。樹齢百年のブドウの樹や19世紀から使っている足踏み式の手動式ラベルマシーン、そして戦前の銀行の窓口を想わせる堂々たる造りの受け渡し場所、目の前がタイムスリップした気分だった。さらに驚いたのは、彼が所有する古酒のコレクション。特にシェリーやブランデーの膨大な数に観るだけで酔わされた。歴史の重みを肌で感じた。
「そこに行ったら最後にラムが振る舞われるから、飲まないときっと後悔するわよ。今では絶対手に入らないキューバ産のすごい古酒だから。」ほぼ一日がかりで広大な畑やいくつかあるボデガを案内してもらって、そのまま帰ろうとした時、シェリー酒の評論家である明比淑子さんの言葉を思い出した。「ラムを飲ませてください。」ちょうどボデガの入り口に樽が2つあった。飲んだ瞬間に・・・まいった。その優雅なアロマは、コニャックのよう。我慢できず、このラムを分けてほしいと彼に頼んだのだが・・・「これはとても珍しいもので僕の宝物、このボデガを訪れた人だけにしか飲ませないし、売り物ではない。」
それから数年後、彼はその膨大な古酒とともに会社を売り払った。二人の子供の数奇な運命が、彼から、名門としての誇りも、仕事への情熱をも奪い去ったのかもしれない。
結局新しいオーナーにラムの件をお願いしたところ、門外不出のこの酒をようやく手にすることができた。このラムは、1962年の革命以前のキューバがアメリカの資本主義にどっぷりとつかり、豊かさを謳歌していた時代の空気を感じさせる。今日のような社会主義の経済統制のもとでは生まれるはずもない、贅沢で華やかな味わい。そしてミゲル氏が会社を手放さなかったら、この世に出ることもなかったであろう、貴重なコレクション。
彼のボデガは今、更地になっているという。失われてしまった時間が、すべてそこに詰まっている。まさしく、“伝説のラム”である。』(輸入元資料より)

カリビアン・ジャック
FINE OLD TRINIDAD RUM
(ザ・ウイスキー・エージェンシー)

度数:43% 容量:500ml
完売いたしました

ブラウンシュガーや糖蜜、バニラ、トフィー、キャラメル、
甘く熟成感もあり、クラシカルなテイスト。
(資料より)


【あのウイスキーエージェンシーが定番のラムを発売!】
〜その名も「CARIBBEAN JACK」!〜
今回は今までのドイツ国内のボトラーという枠を超えて、新たなステージに入って行く事を予感させる、ウイスキーエージェンシーでゼロから商品開発を手掛けた、定番商品としてのラム「カリビアンジャック」をご紹介します。今までのようなシングルカスクではなく、いくつかの樽をブレンドして約1,200本を瓶詰し、新発売しました。蒸留所名は非公開ながら、トリニダード・トバコ産のラムを使用しており、スカル(どくろ)の形をした斬新な瓶も大変ユニークです。もちろん実際に試しましたので、上記テイスティングノートをご参照ください。ファーストリリースが好評であれば、次のバッチもすぐ瓶詰するとのことですし、集中的に販促活動もしていくそうですので今後が楽しみです。それでは皆様からのご注文お待ちしております。(輸入元資料より)

クレマン・セレクトバレル
(マルティニーク)

度数:40% 容量:700ml
¥2,970
品切れしております

マルティニークラム「クレマン」より意欲的な新商品登場!
セラーマスターとクレマンスタッフがチーム一丸となって開発に取り組んだ
特別なチャーが施されたフレンチオークの新樽熟成
「クレマン・セレクトバレル」


マルティニークラムの人気ブランド「クレマン」より意欲的な新商品が登場いたしました。この「セレクトバレル」は、特別に低い温度でゆっくり時間をかけてチャーした、200リットル・サイズのフレンチオークの新樽を使用しており、クレマン蒸留所のセラーマスターの厳しい管理の下、最低3年以上熟成されています。
クレマンでは基本的にバーボンバレルを使用することが多いのですが、フレンチオークにこの特別なチャーを施すことにより、バニラなどの甘いフレーバーを最大限に引き出すとともにウッディなフレーバーを抑え、他のクレマンの熟成ラムとは異なる味わい、つまり滑らかさが突出した仕上がりとなっています。柔らかな味わいなので、若い方や女性の方にオススメです!特に当商品で作る、ティポンシュ・ビュー(熟成ラムのティポンシュ)というカクテルがおすすめです。ぜひお試しください。(輸入元資料より)

Clement Select Barrelで作ろう!〜Ti Punch Vieux<ティポンシュ・ビュー>〜
1)グラスに氷を入れる。2)カットライムを絞り、そのままグラスに落とす。3)サトウキビシロップを2スプーン加える。4)クレマン・セレクトバレルを60ml加える。5)よく混ぜて、お好みで氷を追加する。

デメララ・ラム1975/37年
ポートモーラント蒸留所
(シルバーシール)

度数:51.1% 容量:700ml
カスクストレングス
¥50,667
(8%税込価格)

カスク2050
ボトリング:2013年
ボトリング本数:139本

色:深いアンバー
香り:スパイシーな香りが特徴的。バニラ、煮たフルーツ、エキゾティックなフルーツさが熟成により勝ってきれいる。タバコ、古い皮。
味:はつらつとしつつも複雑、フルボディだが粘り強く、非常にエキサイティングでリッチなフレーバーに満ちている。ビターキャラメルが最後に残る。
強い個性を楽しむためには加水をせずに、食後にグラスを手で温めながら楽しむと完璧です。
(オフィシャルテイスティングノート)


【ポートモーラント蒸留所・木製ポットスティル蒸留】
他に類をみないすばらしい個性や複雑さがあり、素晴らしいアロマや香りが特徴であるガイアナのデメララスタイルのクオリティは世界に卓越したレベルのものとして知られています。1970年頃には200以上あったこの国の蒸留所は段々少なくなり、3つだけとなりました。今日では“Enmore”、“Uitvlugt”と“Diamond”となり後にダイアモンド蒸留所はそのオリジナル性を大切にし、各々の蒸留所オリジナルのスティルを使用しています。このポートモーラント蒸留所のスティルも、その閉鎖時にはUitvlugt蒸留所へ移され、後に2000年にダイアモンド蒸留所下に統合されたUitvlugt蒸留所が閉鎖時にはダイアモンドへと移されました。

ます、色が素晴らしいです。とても深い赤みがかったアンバー色は、この長熟ラムへの期待をより一層高めます。香りは、色の期待通り、スパイシーさフルーティさや、バニラやハーブ、キャラメル、オークやレーズンやブラウンシュガーが複雑に広がります。味はスパイシーさを伴ってほどよい甘さにバニラやオーク、タンニンがバランスよく広がり、長いフィニッシュへと続きます。長熟の持ち味がありながら、まだまだ力強さもあるバランスの良いオールドダークラムです。さすがイタリアデザイン、ラベルの絵の美しさも必見です!本当に良いものが分る人にお勧めしたい1本です。(輸入元資料より)

ジャマイカン・ラム1982/30年
(リキッド・サン)

度数:50.8% 容量:700ml
シングルバレル
¥19,008
(8%税込価格)
品切れしております

bottled:2012年
ボトリング本数:263本

色は濃い琥珀色。
熟したアプリコット、トロピカルフルーツの甘い香り。
黒糖の甘さ、セメダイン、スパイシーで複雑。
フィニッシュは長く飲み応え十分。クセになる味わい。
(資料より)


パイレートXOリザーヴ
(ラム/パトロン社)

度数:40% 容量:750ml
¥2,470
品切れしております



ダモワゾー10年ヴィンテージ2001
(グアダループ)

度数:42% 容量:700ml
¥8,680
品切れしております

【ラム・マスターズ2013にてゴールドメダル受賞!】
〜期待のヴィンテージ入り熟成ラムがこのたび入荷!〜
グアダループ島のベルビュー蒸留所で造られるアグリコール・ラム「ダモワゾー」より、この度新商品「10年(ヴィンテージ2001)」が入荷いたしました!2001年に蒸留された原酒を180リットルサイズのバーボン樽で10年間熟成。その複雑な香りは2010年に終売となってしまった15年(ヴィンテージ1986)を彷彿とさせます。
またこの商品はラム・マスターズ2013でゴールドメダルを受賞しています。ラム・マスターズとは、「スピリッツ・ビジネス(世界唯一の国際的・蒸留酒専門誌及びウェブサイト)」が運営するコンペティション「スピリッツ・マスターズ」の一種で、ラム・マスターズ以外にもテキーラ・マスターズ、スコッチウイスキー・マスターズ、アブサン・マスターズなどが開催されています。国際的にも知名度の高い品評会で、審査は全てブラインドで行われています。審査員を驚かせた味わいを、是非この機会にお試しください!(輸入元資料より)

パナマ・ラム2000/12年
(ブラックアダー/ロウカスク)

度数:57.3% 容量:700ml
¥6,930
品切れしております

蒸留:2000年1月〜ボトリング:2012年5月
Cask ref:2012-87
ボトリング本数:248本

色は琥珀色。
ドライフルーツの果実の香りとシナモン、ナッツっぽい香ばしい香り。
オイリーでまろやか、甘くてフルーティー。口当たりが柔らかく滑らか。
心地よい余韻が続く。
(資料より)


フィジー・ラム2001/11年
(ブラックアダー/ロウカスク)

度数:63.9% 容量:700ml
¥8,208
(8%税込価格)
品切れしております

蒸留:2001年3月〜ボトリング:2012年5月
Cask ref:2012-88
ボトリング本数:220本

淡い琥珀色。
熟した果実、スパイス、セメダインの香り。
スパイシーで複雑、複雑で柔らかい。
フィニッシュは長く、まろやかで蜂蜜の甘さが続く。
(資料より)


インドネシア・アラックSBA1990年
(カーレル・エリクハイセン/
バンダイク・ピュアラムシリーズ)


度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

【個性的なラベルと、珍しい地域の原酒で人気!】
〜バンダイク・ピュアラムシリーズ〜
このシリーズはオランダで1723年に創設されたCAREL ELLINCKHUYSEN(カーレル・エリンクハイセン)社からリリースされているものですが、同社はラムの取扱いに関して非常に古い歴史があり、その豊富な在庫から厳選された樽がシングルカスクでボトリングされました。異なる地区や国のラムをシリーズとしてリリースするのは珍しく、その個性を最大限に引き出すために冷却濾過は施していません。まるでシングルモルトのように個性豊かな商品です。
アラックとは東南アジアから中東にかけて作られている蒸留酒の名称で、その語源はアラビア語で“汁”を意味するARAQからきたと言われています。現在ナツメヤシ、ココヤシ、キャッサバなど様々な原料のアラックがありますが、このインデネシア産アラックはサトウキビを原料に作られた、非常にラムに近いアラックなのです。地元の赤米とイーストを使って発酵させ、古い中国製のポットスティルで1990年に蒸留、2005年にボトリングされるまで約15年間アムステルダムで熟成されました。まだアラックを飲んだことのない方に是非おすすめしたい商品です!スパイシーで滑らかな味わいを堪能できます。(輸入元資料より)

サバンナ
ロンタン・グランアローム
(レユニオン)

度数:63.2% 容量:500ml
完売いたしました

【レユニオン島の希少なラムを、極少量60本のみ入手しました!】
〜樽での売買が一般的で、市場に流通することはほぼありません!〜
《グランアロームとは?》今回ご案内する商品は、「グランアローム」という特殊なカテゴリーに属するラムです。一般的なラムの製法は、サトウキビを搾ったジュースを煮詰めて砂糖の結晶を分離し、その残った糖蜜(モラセス)を発酵・蒸留して作られます(インダストリアル・ラム)。通常このモラセスの発酵期間は2〜3日なのですが、このグランアロームはなんと15日間という長期間に渡って発酵します。使用するイーストも5年の歳月をかけて独自のものを開発。発酵期間が長いため非常に複雑で個性的な香りを持っています。(※ロンタンとは「長時間」を意味します)
現在は世界でも3ヶ所でしか製造されておらず、主にホワイトラムのボディや味わいに深みを加えることに使用されるため、樽での売買が一般的であり商品として市場に流通することはほぼありません。そして世界で唯一、グランアロームのラムを単独でボトリングしているのが、サバンナ蒸留所なのです。
今回の商品は、2001年11月27日から2008年4月3日まで6年以上コニャックの古樽で熟成され、アルコール度数63.2度でボトリングされた855本限定品ですが、日本への入荷は60本のみ。是非この機会をお見逃しなく!(輸入元資料より)

《サバンナ蒸留所について》
インド洋西部・マダカスカル島の北東にあるフランスの海外県・レユニオン島。火山島として知られる人口約80万人の大きなリゾート地ですが、ここで高品質なラムが生産されていたことはあまり知られていません。現在は3つの蒸留所が稼動しており、その中の一つが同島北東部のサン・アンドレにあるサバンナ蒸留所です。同蒸留所は島に大規模な発電所が完備されたのを受けて、1948年に現在の場所に移設されましたが、その歴史は古く1870年代にはラムの製造を始めています。しかし、この当時製造されていたのは輸出用のライトラムが主であり、2002年にオリジナルブランドのサバンナラムがリリースされるまでは樽での販売に徹していました。蒸留所を移設して生産ラインが整えられたことにより、良質なラムを皆様にお届けできるようになったのです。

Clement
クレマン

クレマンの歴史は、1887年に医師でありル・フランソワ市長であったオメール・クレマン氏が砂糖のプランテーションを購入、アグリコール製法によるラムの生産を開始したことに始まります。その後息子のシャルル・クレマン氏によりマルティニーク島外に広められ、フランス本土が主要な市場となりました。1970年代半ばにはヨーロッパや中南米、アメリカなどにまで市場が広がります。外国の巨大資本を警戒し、1987年にはクレマン家に近いアヨ家に売却されるものの、代々受け継がれてきた伝統、文化、情熱を今でも守り続け、現在ではマルティニーク・ラムのリーダー的存在となっています。(輸入元資料より)
クレマンVSOP
(マルティニーク/正規)

度数:40% 容量:700ml
¥3,343
(8%税込価格)
品切れしております

200リットルのオークバレルで4年間熟成されています。最初の1年間はリムーザン産オークの新樽で、その後はケンタッキー産バーボンウイスキーの古樽が使用されています。ローストしたカカオ豆の香り、なめらかでふくよかな味わい。この価格帯ではトップレベルのパフォーマンスです!(輸入元資料より)

クレマン10年
(マルティニーク/正規)

度数:44% 容量:700ml
完売いたしました

バーボンバレルにて10年間熟成されています。スパイスやドライフルーツを伴った驚くほど力強い香り、アーモンドやウッディフレーバーを感じる長いフィニッシュは、ラム愛好家の皆様にもご納得いただける味わい!シガーとも良く合います。(輸入元資料より)

クレマン・ブラン
(マルティニーク/正規)

度数:40% 容量:700ml
¥1,605
(8%税込価格)
品切れしております

クレマンが誇るフラッグシップ・ブラン。創設者オメール・クレマンが作っていた当時のレシピが受け継がれており、蒸留後にステンレスタンクで3ヶ月間寝かせることで落ち着いた味わいになっています。安定感のある味わい、しっかりとしたボディ、素晴らしいフローラル・フレーバー・・・。ティポンシュやロングカクテルに最適です。(輸入元資料より)

クレマン
カンヌ・ブルー・ヴィンテージ2010
(マルティニーク/正規)

度数:50% 容量:700ml
完売いたしました

アーティスティックなデザインボトル!世界で初めて「カンヌ・ブルー(=ブルーケーン)」という単一のサトウキビ品種が使われた、2010年ヴィンテージ入りのスペシャルブランです。ステンレスタンクで通常のブランより長く6ヶ月間寝かせ、更にアルコール度数も50度でボトリング。香り高さ、凝縮感などまさにラム・ブラン愛好家の皆様向け!生産本数限定品です。是非お見逃しなく!(輸入元資料より)

クレオール・シュラブ
リキュール・ドランジェ
(クレマン/マルティニーク)

度数:40% 容量:700ml
完売いたしました

マルティニーク島の人気ブランド・クレマンが作る
絶品リキュール「シュラブ」が入荷!
絶対に飲んで欲しい1本です。お見逃し無く!

海外市場で絶賛の嵐!
オレンジ・リキュールの最高峰をぜひ体験してください!


新たに取り扱いを開始し、ラムブランから熟成ラムまで幅広くご好評をいただいているクレマンより秘蔵のアイテムが到着です。アグリコール製法で作られたラムブランと熟成ラムを巧みにブレンドし、天日干しのオレンジ果皮や果肉、そしてオールスパイスを浸漬して作ったマルティニークではおなじみのリキュールです。
各社秘蔵のレシピで作られるリキュールですが、このクレマンのシュラブは海外市場において非常に人気が高く、各専門誌やコンクールなどでまさに絶賛の嵐といった評価を得ています。百聞よりまずは一口!限定入荷なのでぜひ完売前に入手してください!【輸入元入荷数120本】(輸入元資料より)

「グラン・マニエよりも明らかに深みのある味わいで、より滑らか」〜ニューヨークポスト
「芳しいオレンジの花の香り。ライトだがジューシーなオレンジの風味が続き、フィニッシュではほのかなシナモンとクローブの風味が現れる。素晴らしい、超お薦め。買うべし!」〜ワイン・エンスージアスト
「力強く香り高い。オレンジピール、アマーロを連想させる植物の香り、野生のハーブに苦味のある木の実の風味が伴う。ストレートでも氷を浮かべても、またカクテルに使っても良い」〜アルティメイト・スピリッツ・チャレンジ2012ファイナリスト92点


クレマン
キュベ・スペシャルXO
(マルティニーク/正規)

度数:44% 容量:700ml
¥11,335
(8%税込価格)
品切れしております

【1950年代の原酒が使われた希少なラムが入荷!】
2012年9月より取扱を開始したマルティニーク・ラムのクレマン。これまでにご案内いたしましたアイテムも大変ご好評いただいておりますが、本日は「キュベスペシャルXO」をご案内いたします。中身にはなんと1952、1970、1976の各ヴィンテージが使われており、これに最低6年熟成のラムをセラーマスターが特別にブレンドして作られました。フルボディで複雑な味わいのラムに仕上がっており、長くなめらかなフィニッシュをお楽しみいただけます。スパイスやドライフルーツの香りが特徴的で、それらが見事に融合し、長く素晴らしいフィニッシュへと続いてきます。食後酒として是非!(輸入元資料より)

クレマン
ヴィンテージ1976
(マルティニーク/正規)

度数:44% 容量:700ml
¥26,537
(8%税込価格)
完売いたしました

【マルティニークラム・クレマンより古酒が少量入荷!】
2012年9月より取扱を開始したマルティニーク・ラムのクレマンですが、遂にヴィンテージ古酒「1976」が入荷いたしましたので、ご案内いたします。以前にも日本で流通があり、お取り扱いされていたお店も多いのではないでしょうか。最近では国内での在庫も大変少ない状況でしたが、今回、現地の在庫を買い付けいたしました。
弊社では様々なマルティニーク・ラムを0取り扱っており、その中にはヴィンテージ商品も少なくないのですが、さすがに1970年代のヴィンテージとなると、なかなか入荷がありません。当商品はバーボンバレルで20年間熟成された後、オークの大樽で保管され、2008年に瓶詰めされた限定生産品です。香りと味わいのバランスが良く、スパイスやアーモンドの風味に加え、微かにバニラが香ります。食後酒としてストレートでゆっくりと味わっていただきたいと思います。今回60本のみの入荷となりますので、この機会にぜひご検討ください。(輸入元資料より)

【1986/15年の系譜を継ぐ長熟ダモワゾーがついに入荷!】
待望の新ヴィンテージ登場☆両ヴィンテージとも抜群の出来☆
ラム初心者からマニアまで幅広い層に絶大な支持をいただいた「ダモワゾー1986/15年」が、2010年に終売となって以来、長らく待ち望んでいた待望のヴィンテージ品がついに到着いたしました。500mlとワンサイズ小さくなりましたが、カスクストレングスで木箱に入った、蒸留所の力の入れ方が垣間見える期待のニューボトルです。もちろん15年で特徴的だった柔らかく深みある甘みは健在。熟成が18年前後と伸び、加水していない分、より一層の力強さが加わった抜群の出来栄えです。熟成年数以上に感じる深みと柔らかな質感は、ダモワゾーの持つ上品な甘みがあるからこそと、この2本を飲むとあらためて認識できることと思います。両ヴィンテージとも、あまり入荷量は多くありません。ぜひ貴重なこのヴィンテージラムを試してみてください。後悔はさせません!(輸入元資料より)
ダモワゾー
ラムビュー1989年
(グアダループ/並行)

度数:58.4% 容量:500ml
完売いたしました

1989年4月13日〜2010年1月

【柔らかく、絶妙なバランスでスパイシーさも溶け込んだフルーティなタイプ】


ダモワゾー
ラムビュー1991年
(グアダループ/並行)

度数:54.4% 容量:500ml
完売いたしました
<
1991年7月24日〜2010年1月

【外見通り濃厚で凝縮感のあるパワフルな甘みと、しっかりした樽からのフレーバー】


イェーモン・ラム
ブレンド・オブ・カリビアンエリア
(サマローリ/ラム)

度数:45% 容量:700ml
瓶詰:2011
¥11,273
(8%税込価格)
品切れしております

【イタリアのカリスマが提案する新しいラム】
1968年、イタリアに創業したサマローリは、スコットランド国外初のインディペンデントボトラーです。非スコットランドボトラーの先駆者として、数多くの伝説的なボトリングを排出し、その安定したクオリティの高さで多くの熱狂的なファンを持ち続けています。また、その目利きはウイスキーだけに留まらず、ラムに関しても高い評価を受けています。
イェーモン・ラムは、デメララ、バルバドス、ジャマイカ、フィジー産の色々なヴィンテージ(1988〜2001)のラムを2008年ブレンドし、その後バーボン樽で熟成した革新的なラムで、市場で最も複雑なフレーバーを持つラムのひとつであることに疑いの余地はありません。これぞ、サマローリのサマローリたる所以です。カットしたてのパイン、オレンジの花のはちみつ、アスファルト、ペッパー、パッションフルーツ、グアバ、カリン、熟したシトラスのフレーバーで、シガーやカリビアンフードに最適です。(輸入元資料より)

カロニ1997/15年
Joint Bottling with KOMPLEX WHISKY
(ザ・ウイスキー・エージェンシー)

度数:50.0% 容量:700ml
完売いたしました

ボトリング:2012年
ボトリング本数:184本



ラオディ
アグリコールラムPREMIER

度数:56% 容量:700ml
¥3,312
(8%税込価格)

もろみ(発酵液)はLAODIアグリコールラムと同じですが、
蒸留方法を変え、より個性的な味わいを引き出しました。
56%を感じさせないまろやかさと香りが特徴で、
度数・味わいともに自信の逸品です。
(輸入元資料より)


ラオディ
ラムBROWN

度数:40% 容量:700ml
¥2,972
(8%税込価格)

LAODIアグリコールラムに
オークチップを用いて熟成させたブラウンラム。
ウイスキーの味わいとラムの味わいが
巧妙にMixしたその特徴をご堪能ください。
(輸入元資料より)


ジャマイカ・ラム1996/2007
ロングポンド蒸留所
(シルバーシール)

度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

色:きれいなアンバー
香り:フルーツジャム様、特にチェリーやプルーンなどのフルーティさ
味:リッチとスムースさが同時にくる。フルーティでバランスが良い。
トロピカルフルーツのフレーバーが良い感じに続く。
(輸入元資料より)


1996年にジャマイカのロングポンドディスティラリーで蒸留されたこのラムは、数年間ジャマイカにて熟成された後、イギリスにで引き続き熟成し、2007年にボトリングされました。この南国を思わせるカラフルでユニークなデザインラベルのボトルは、最近シルバーシール本社にてオーナーが見つけたいわゆる“お宝”ボトルです!この素晴らしいラムを今回特別価格にて販売いたします。(輸入元資料より)

シリバーシール2012年ラム新リリース
〜全て3本ともシングルカスク〜
それぞれの蒸留所の個性を感じる、素晴らしいラムです。シングルカスクの特性上、今後全く同じ味のボトルはありません!17世紀にはガイアナ諸島に200以上もの蒸留所がありました。独立後の1970年代以降には3つのみ、Diamond、Enmore、Uitvlughtとなりました。そのうちの2つ、このデメララ2種のUitvlughtおよびEnmore蒸留所も既に閉鎖となってしまっています。グアドループのBellevue蒸留所はダモワゾーが所有し、世に素晴らしいラムを送り出しています。
南国を思わせるラベルも特徴的で、目を引きます。これからの季節、ラムの需要も上がってくるかと思います。是非、この格別なラムをアイテムに取り入れてみてはいかがでしょうか。(輸入元資料より)
グアドループ・ラム1998/13年
ベルビュー蒸留所
(シルバーシール/
セスタンテコレクション)


度数:46% 容量:700ml
完売いたしました

カスクby98/07/V157−13
ボトリング:2011年
ボトリング本数:192本

ゴールドルビー色で大変美しい
香り:熟した赤ワインや長熟バルサミコ様の香り。
乾燥した青い草やモラセスなども感じる。
味:穏やかな甘さやお茶感が心地よく、爽やかな酸味も良い。

★とてもスムースで飲みやすい。
(輸入元資料より)


デメララ・ラム1993/18年
ウィットブルグ蒸留所
(シルバーシール/
セスタンテコレクション)


度数:50% 容量:700ml
完売いたしました

カスクby93/08/V87−29
ボトリング:2011年
ボトリング本数:246本

ゴールデンイエロー色
香り:甘い爽やかな香りと、いい意味でビャクダンや線香。
かすかにラム独特の天然ゴム様の良い香り。
味:飲むとダージリン紅茶や、モラセス、
品のいい和菓子のらくがんなどの甘さ。

★上品な甘さがとても良い。
(輸入元資料より)


デメララ・ラム1988/23年
エンモア蒸留所
(シルバーシール/
セスタンテコレクション)


度数:50% 容量:700ml
完売いたしました

カスクby88/07/V107−48
ボトリング:2011年
ボトリング本数:192本

赤みがかったマホガニー色
香り:ウッディでタンニンを感じる熟成香。
ザラメをいれた紹興酒などの香り。
味:ウッディ、渋さ、抹茶やグリーンティ。
濃くいれたお茶や焦がした砂糖を感じる。

★タンニンさとウッディさが強い大人の味は、
シガーやビターチョコに合いそうなじっくり飲みたいラム。

(輸入元資料より)


ドメーヌ・ド・クルセル1972/2011
カスクストレングス
(ラム/グアダループ)

度数:54.3% 容量:700ml
完売いたしました

フランス領グアダループ島より、閉鎖蒸留所のアグリコールラム
〜今度はカスクストレングスで入荷!〜
3月にご案内し、おかげさまで全量完売いたしました貴重なアグリコールラム「ドメーヌ・ド・クルセル」から、今度はカスクストレングスバージョンが入荷いたしました!もちろん今度のボトルも同じ1972年ヴィンテージの貴重な長期熟成ラム。これだけ古いヴィンテージラムがカスクで飲める機会はめったにありません。熟成に加えて、力強さと風味がさらに増し抜群の美味さです。当然ながら限定入荷で、42%のバージョンを含め次回入荷の予定はありません!これが最後の入手機会となるかもしれませんので、ぜひお求めください。
【いまやほぼ見ることの無い、30年オーバーの熟成ラム】モルトウイスキーでは時折見かけることの出来る30年以上の長期熟成品ですが、ラムの世界では滅多のリリースされません。カリブ海に浮かぶグアダループ島やマルティニーク島における熟成では、南国の暑い気候でエンジェルシェア(熟成中に蒸発するアルコール)が年間7〜10%にも及び、シングルモルトの3倍以上ものスピードで熟成が進みます。言い換えると30年の長期熟成に耐える樽が少ない反面、優れた熟成を経た原酒からはとても上品で複雑なアロマが放たれるのです。
【すでに閉鎖された幻の蒸留所!残されたストックしかない大変貴重なラムです。】この「ドメーヌ・ド・クルセル」は1964年に一旦閉鎖した後、当時のオーナーであったアメデ・ユイグ・デポワント氏がサント・マルト蒸留所へ蒸留器を移設して最上級のラムを生産していました。その後保管されていた樽はマリーガラント島へ輸送され、さらに熟成を続けていたのです。今回のヴィンテージ品は1972年1月に蒸留され、最終的に2011年に瓶詰めされた貴重なストックです。
かつてのような長期熟成ラムのストックをほぼ見かけなくなってしまったフレンチクレオールラムだけに、これだけの熟成品は本当に貴重です。絶対に手に入れておくべき1本といえそうです!(輸入元資料より)

ドメーヌ・ド・クルセル1972/2011
(ラム/グアダループ)

度数:42% 容量:700ml
完売いたしました

フランス領グアダループ島より、閉鎖蒸留所のアグリコールラム
〜熟成がさらに伸びて少量入荷!〜
2009年にわずかだけ入荷した貴重なアグリコールラム「ドメーヌ・ド・クルセル」を久しぶりに入手!当時は2003年に瓶詰めされた「1972年」でしたが、今回のボトルは2011年瓶詰めロットで、前回よりさらに長い熟成品となります。当然ながら限定入荷となりますので、完売の際はご容赦ください。
【いまやほぼ見ることの無い、30年オーバーの熟成ラム】モルトウイスキーでは時折見かけることの出来る30年以上の長期熟成品ですが、ラムの世界では滅多のリリースされません。カリブ海に浮かぶグアダループ島やマルティニーク島における熟成では、南国の暑い気候でエンジェルシェア(熟成中に蒸発するアルコール)が年間7〜10%にも及び、シングルモルトの3倍以上ものスピードで熟成が進みます。言い換えると30年の長期熟成に耐える樽が少ない反面、優れた熟成を経た原酒からはとても上品で複雑なアロマが放たれるのです。
【すでに閉鎖された幻の蒸留所!残されたストックしかない大変貴重なラムです。】この「ドメーヌ・ド・クルセル」は1964年に一旦閉鎖した後、当時のオーナーであったアメデ氏がサント・マルト蒸留所へ蒸留器を移設して最上級のラムを生産していました。その後保管されていた樽はマリーガラント島へ輸送され、さらに熟成を続けていたのです。今回のヴィンテージ品は1972年1月に蒸留され、最終的に2011年に瓶詰めされた貴重なストックです。
かつてのような長期熟成ラムのストックをほぼ見かけなくなってしまったマルティニークを中心としたフレンチクレオールラムだけに、これだけの熟成品は本当に貴重です。またいつか買おうという言葉はあてはまりません。絶対に手に入れておくべき1本といえるでしょう。ぜひお買い求めください!(輸入元資料より)

ビエール・ラム
ブラン
(ラム/マリーガラント)

度数:59% 容量:1000ml
¥3,343
(8%税込価格)

ビエール蒸留所の最大の魅力はこの「ラムブラン」にあります。カリブで生産されるアグリコールラムは、特にブランの状態ではサトウキビの個性が強く出ており、好みが分かれるという声が良く聞かれます。しかしこのビエールは、しっかりとアグリコール・ラムならではのサトウキビの風味が出ていながらも、その繊細かつまろやかな甘みは、ラムブランがどちらかというと苦手という人にも是非、飲んでいただきたい1本です。スタンダードクラスながら、これだけふくらみのあるしっかりとした甘みを持っているのはビエールならではでしょう。「一番うまいラムブラン!」と言ったら言いすぎでしょうか・・・?(輸入元資料より)

ビエール
ラム・ビュー2006年
(ラム/マリーガラント)

度数:42% 容量:500ml
¥4,454
(8%税込価格)

【バーボン樽とコニャック樽で熟成を経たフルーティでまろやかな熟成ラム】
〜稀少なマリーガラント島の熟成ラムをリーズナブルな価格で楽しめるお勧めのボトル〜
コロンブスの第2回航海時、1493年11月に発見されたマリーガラント島は、1650年以降サトウキビの栽培が中心産業となり栄えました。一時期は産業の象徴的存在である風車が106も島に点在していたといいます。その後砂糖産業が衰退していく中で、カリブの陽射しを一杯に浴びた良質のサトウキビに目をつけた人々のよりラム生産が盛んになります。そして現在この島で稼動する蒸留所によって作られるラムは、同じアグリコールラムを生産するマルティニーク島のラムとはまた一味違った個性的な土着ラムとして、ラムファンを魅了し続けています。
ビエールの代名詞ともいえるブランは、非常にサトウキビの個性を強く出し、決して万人受けするタイプでは無いものの、没個性の商品が氾濫する現代においては、一際輝きを放つ、まさにラムファンが求めている味わいのラムといえます。そんあブランを生産しているだけに、熟しラムもやはり個性的で、かつ複雑な素晴らしい味わいを持ち、ファンを惹きつけてやみません。
今回届いたラムは、バーボン樽で4年間の熟成を経た後、さらにコニャック樽に移してさらになる風味をまとったヴィンテージ熟成ラムです。しなやかでフルーツとスパイスの香りが見事に融合したレベルの高いラムに仕上がっています。もちろんノンチルフィルターによる瓶詰めなのでこの島ならではの野趣あふれるサトウキビの味わいが存分に味わえます。ヴィンテージ入りのため、生産量が限られており今回の入荷のみとなる可能性が高いかもしれません。入荷量も限られているので、ぜひお早めに!※瓶内に澱などの浮遊物が見受けられますが、品質および人体への影響はございません。
【マリーガラント島とは?】
マリーガラント島は、マルティニーク島のすぐそばに位置する、直径15kmほど、面積が150haしかないとても小さな島です。かつては砂糖生産で栄えた島ですが、徐々に工場が減少し、ラムの生産が主な産業のひとつになっています。マリティニーク産のラムとはまた一味違ったユニークで個性的なラムが多いのみ特徴です。(輸入元資料より)

ビエール・ラム
ブリュット・ド・フ2003
(ラム/マリーガラント)

度数:55.0% 容量:700ml
¥8,928
(8%税込価格)
品切れしております

【マルティニークを越える味わい!?】
〜マリーガラント島の貴重な熟成ラム〜
マルティニーク島の近隣にあるわずか150ヘクタールほどの小さな島「マリーガラント」。ここでは、マルティニーク島に勝るとも劣らない、非常にユニークかつ高品質なラムを多く生産しています。その筆頭に名を連ねるのが、ご存知「ビエール蒸留所」で、島の地図をあしらった鮮やかなブルーのラベルでおなじみのラムブランは、ラムファンの間でも非常に高い人気を得ています。1950年より稼動し、現蒸留所所長のドミニク・ティエリー氏が1975年に生産を引き継いで以来、この蒸留所の最大の魅力でもある繊細かつまろやかな甘みをもったラム・ブランが、広く市場でもファンを増やし続けています。
そして今回ご紹介するのは、ファン垂涎の限定品です。美しい黄金色をまとい、繊細な甘みを残しつつ、非常にフルーティで、香り高い熟成ラムへと変貌を遂げました。マリーガラントの熟成ラムは市場にもそんなに多くはありませんので、ビエールファン、ラムファンならずとも、ぜひこの機会に味わってみてください。わずか191本の限定入荷、ぜひ1本お手元に!(輸入元資料より)

ビエール・ラムビュー2003
(ラム/マリーガラント)

度数:59.8% 容量:700ml
¥8,928
(8%税込価格)
品切れしております

マリーガラント島の人気ブランド「ビエール」
ついにヴィンテージが登場!
しかもカスクストレングスというラムファンなら
絶対に飲んでみたい注目の1本!


人気の「アンブレ」「オルダージュ」に続きビエールより2003年が入荷!
今、最も問い合わせの多いラム「ビエール」から待望のヴィンテージが到着しました
ラムフェスタ2010以降、おなじくマリーガラント島の「ペールラバ」とともに多数のお問い合わせをいただいているブランド「ビエール」の新商品がまたもや入荷いたしました。先日待望の熟成ラム「アンブレ」「オルダージュ」がようやく日本市場に登場し、ご好評をいただいている中、はやくも新商品「ラムビュー2003」が到着いたしました。
今回のアイテムはバーボンカスクで5年の熟成を加えた、非常にフルーティで上品な甘みをもったラムに仕上がっています。そしてなんといっても60%近いカスクストレングスでのリリースとなったため、熟成感に加えてしっかりしたボディも持ち合わせており、1杯の満足度が非常に高い仕上がりとなっています。まさに文句の無い1本ですが、1点難点を言えば今回も入荷数が非常に少なくなっています。充分お求め易い価格ながら、わずか110本の入荷しかありません・・・。一人でも多くのみなさんにこの素晴らしいヴィンテージ品を味わっていただきたいのですが、今回も人気となりそうな商品のため、完売の際は何卒ご容赦ください。ぜひお早目のご注文を!(輸入元資料より)

ペールラバに続きビエールからも熟成ラムが到着!
貴重な熟成マリーガラント・ラムが、ようやく日本市場へ!
ラムフェスタ2010以降、マリーガラント島のフレンチクレオールラム「ペールラバ」と並んで入荷の問い合わせが最も多かった「ビエール」より、いよいよ熟成ラムが入荷!ビエールがラムファンを惹きつけてやまないのは、やはりその際立つ個性でしょう。強烈な華やかさと、南国系のフルーツを思わせる濃厚な香り、さらには上質なブランデーのような深みと複雑さを持ち合わせているところはまさに「唯一無二」。決して他のラムでは味わうことのできない「ビエール・ワールド」を堪能できるはずです。(輸入元資料より)
ビエール・ラム
アンブレ
(ラム/マリーガラント)

度数:50% 容量:500ml
¥3,991
(8%税込価格)

アンブレはバーボンの古樽で2年熟成し、
ラムブランと熟成ラム、両方の特徴をあわせもったラム。
(輸入元資料より)


ビエール・ラム
オルダージュ
(ラム/マリーガラント)

度数:42% 容量:500ml
¥6,655
(8%税込価格)

オルダージュはバーボンカスクで9年もの熟成を重ねた、
滑らかで奥の深い味わいを持った贅沢な1本。
(輸入元資料より)


ニュー・グローブ5年
(ラム/モーリシャス)

度数:40% 容量:700ml
¥3,337
(8%税込価格)

「インド洋の楽園・モーリシャスから新登場のラム!
この価格でこの香りを味わいは驚異的!
決して損はさせません!ぜひ試して欲しい1本です。」


また新たなブランドがモーリシャスより到着
ラムファンなら要注目!ブランデーのような極上のフルーツ香を持ったラム
マルティニーク島を中心にこれまでたくさんのラムを紹介してきましたが、また新たにヒットを予感させる注目のラムが入荷いたしました。インド洋のモーリシャスから登場した「ニュー・グローブ」。価格も魅力的ですがなんといってもこのラムの売りは、インダストリアル・ラムでありながら、その特徴な香りと甘さにあります。
ブラインドでテイスティングした際に「5年熟成のラム」と答えられる人はそういないはずです。上質のブランデーやモルトにあるような、熟したフルーツ香、特にマーマレードリンゴのコンポートのような風味が顕著に感じられます。そしてリムーザンオークの新樽やポート樽による熟成ラムをうまくブレンドしているせいか、バニラの風味や柔らかい甘みが、非常に飲みやすい味を作り出しています。特にフィニッシュに感じる柑橘系の残り香は、ラムファンのみならずモルトファンやブランデーファンにも、好印象を与えてくれることでしょう。
今回の入荷は360本のみ。次回の入荷は現在のところございませんので、ぜひ1本でも多くストックしておいてください。(輸入元資料より)

リビエール・デュマ
オーパス5
(ラム/レユニオン)

度数:43% 容量:700ml
¥5,328
(8%税込価格)
品切れしております

レユニオン島の美味いラム「リビエール・デュマ」待望の新作
熟成アグリコールラム「オーパス5」が入荷
これまでキュベ・スペシャルを筆頭に、非常に好評をいただいてきたレユニオン島のラム「リビエール・デュマ」より、新たなラインナップが登場しました。アグリコール製法による熟成ラムを5種類ブレンドしたもので、作曲作品という意味をもつ「オーパス」という単語を冠し、「オーパス5」と名づけられています。「5」という数字は、異なる5種類のヴィンテージをブレンドしていることからつけられています。90年代のヴィンテージを中心としており、落ち着きと深みのある甘みが、この蒸留所らしいボリューム感とともに口いっぱいに広がります。この価格でこの味わいは、はっきりいってかなりお得!ぜひとも試してみてください。
1994年を最古に8年〜14年熟成のアグリコールラム原酒をブレンド。フルーツジャムの上品かつ力強い香り。フルーツとスパイスが見事に溶け合って融合したふくよかで香り高いスペシャルラムです。限定生産品。(輸入元資料より)

リビエール・デュマ
キュベ・スペシャル
(ラム/正規)

度数:45% 容量:700ml
¥3,974
(8%税込価格)
完売いたしました

金色にきらめく深い麦わら色。
滑らかでバナナフランベのような甘さ。
フィニッシュに向かいスパイシーになっていき胡椒やカレー粉を感じる。
フィニッシュは長く若干フローラル。
この商品はアグリコール製法で作られており、香り高い仕上がりです。
2005年農業コンペティションにて銅賞受賞。
(資料より)


仏領レユニオン島のフレンチ・クレオールラム「リビエール・デュマ」
人気の「キュベ・スペシャル」

〜抜群の甘みと熟成感!トップクラスのコストパフォーマンス!〜
2006年の発売開始以来、長年に渡って高い人気を誇っているのがリビエール・デュマのキュベ・スペシャルです。この価格帯いおいてこれほど旨さののった甘みと熟成感をもったラムは、そうそう見つかりません!輸入元取扱い商品の中でもかなりのリピーターの多いラムであり、レユニオン島産のラムとしては異例の売上を誇ります。レユニオン島はまだマルティニーク島ほどの知名度はありませんが、リビエール・デュマという商品の知名度はここ数年で爆発的に上がっており、販売量は一部マルティニーク・ラムを遥かにしのぐほど!中身はマルティニーク同様にアグリコール製法で作られた3年〜8年熟成の原酒がブレンドされています。(輸入元資料より)
リビエール・デュマ<Riviere du Mat>
レユニオン島で一番古いラムの製造所。島の東部サン・ベノに位置する。19世紀よりラムの製造を手がけてきたレユニオン・ベルナール蒸留所とボウフォン蒸留所が1988年に統合し、1993年に稼動を開始。島内最大規模の蒸留所であり、生産量の大部分が輸出に回される。2003年のパリ農業コンペティションにおいて、レユニオン島産のラムとして初めて受賞。ロゴに使われている動物はイノシシとハリネズミを合わせた想像上の動物で、伝統と力強さを合わせたイメージ。現地語の複合で「タングリアー」と呼ばれている。

リビエール・デュマ
グラン・リザーブ
(ラム/レユニオン)

度数:40% 容量:700ml
¥5,328
(8%税込価格)
完売いたしました

【仏領レユニオン島のフレンチ・クレオール・ラム「リビエール・デュマ」】
〜「グラン・リザーブ」が9ヶ月ぶりに再入荷!〜
リビエール・デュマは2006年の発売開始以来、長年に渡って高い人気を誇っている仏領レユニオン島のラムです。人気があるにも関わらず、入荷が不定期となっており、グラン・リザーブが長期に渡って欠品が続いておりましたが、ようやく9ヶ月ぶりに再入荷いたしましたので、お知らせいたします。
リビエール・デュマはアグリコール製法とインダストリアル製法、両方のラムを生産している珍しい蒸留所なのですが、このグラン・リザーブは同蒸留所のインダストリアル・ラム最高峰のアイテムとして販売されています。近年アグリコール・ラムの人気がますます高まっていますが、時にはインダストリアル製法ならではのラムを楽しみたい、という方も多いはず。スパイシーでパワフルなこのグラン・リザーブは、まさにそんな気持ちを満足させてくれる「旨い」ラムです。中身は最低でも5年以上オーク樽で熟成された原酒がブレンドされています。今回も少量90本のみの入荷ですので、お早めにご注文ください。

【テイスティングコメント】古びた金色。複雑な香りを持つが、主にフローラルでフルーティー。深みのある味わいで、何層にも重なる。ドライフルーツから、スパイス・花の香りが広がっていく。グレイ・ペッパーやナツメグを伴う力強いフィニッシュ。バランスもよくパワフルで、食後酒として最適。(輸入元資料より)

ペールラバ・ブラン
白ラベル
(ラム/マリーガラント)

度数:50% 容量:700ml
¥2,654
(8%税込価格)



ペールラバ・ブラン
黒ラベル
(ラム/マリーガラント)

度数:59% 容量:700ml
¥3,127
(8%税込価格)



ペール・ラバ
ドール
(ラム/マリーガラント)

度数:50% 容量:700ml
¥4,454
(8%税込価格)
品切れしております

蒸留所限定品・前回即完売商品
こちらの「ドール」はなんとペールラバが造られているポワソン蒸留所内のショップ限定品なのです!そのため本来は輸出されておりませんが、今回再び300本のみ輸入することができました。前回入荷時は瞬く間に完売となった貴重なアイテム。ペールラバのブランが持つ独特の“コク”はそのままに、樽熟によってやや丸みを帯びた味わいはまさにオールラウンダーといえる蒸留所限定品にしておくには勿体無いほどの品質です。さらに、フレンチ・クレオール・ラムの中でも異例と言える4年の熟成を加え抜群の美味さ!現地の在庫は2年熟成のみになりますので、ぜひ入手してください!(輸入元資料より)

ペール・ラバ8年
(ラム/マリーガラント)

度数:42% 容量:700ml
¥10,656
(8%税込価格)

日本初上陸→即完売から1年半・・・お待たせいたしました!
マリーガラント島のペールラバから長期熟成「8年」待望の再入荷です!
皆様、お待たせいたしました!2010年9月よりジャパンインポートシステムが正規代理店として販売・出荷を開始いたしましたマリーガラント島のフレンチ・クレオール・ラム「ペールラバ」。その中でも我々が待ち望んでいた商品が遂に再入荷です。前回2010年の10月に日本初上陸した「ペールラバ8年」は瞬く間に完売。「次はいつ入ってくるの?」といったお問い合わせも多数寄せられた注目のラムです。この次はいつになるのか分りませんので、この機会をお見逃しなく!!
ペールラバを生産するポワソン蒸留所は「世界で最も小さなラムの蒸留所」と言っても過言ではない規模ですので、必然的に保有する樽原酒が少なく、この8年は不定期に若干量だけ生産されています。ペールラバ独特の個性を持ちながら、熟成感や複雑味がたっぷり感じられます。前回よりラベルをリニューアルしての再登場です。(輸入元資料より)

ペール・ラバ
ミレジム1985
(ラム/マリーガラント)

度数:54.5% 容量:700ml
¥17,743
(8%税込価格)
品切れしております

【今、最も飲んで欲しい1本!】
他とは違う孤高の蒸留所からさらに古いヴィンテージが入荷!
ペールラバの物語にはまだ続きがあります

カリブ海を中心とする地域で数多くつくられるアグリコールラムの中でも、最も注目度が高く、最もミステリアスな蒸留所と言えばペールラバ。「雨水を使用する」「手でかきまわす」などユニークかつ想像力を刺激する数々の逸話があるのはもちろんですが、この蒸留所に人々が魅かれるのは、かつてはどこでもそうであったであろう「その土地に根付いた人々が、自分たちが愛する酒をシンプルに手作りする」という点にあるように思います。世界中のほとんどの人が知らない小さな島の一角で不器用に作られる酒は、どこか昔の密造酒や自家醸造酒をつくる様を思わせるようで、ノスタルジーとともに酒飲み達の知的好奇心をくすぐってやみません。もちろんそれ以上に、大手生産者の作るラムには無い素晴らしい味わいを持っていることはいうまでもないでしょう。

気候などの条件によりカリブ海の島々では、ヨーロッパなどに比べて非常に熟成が早く、味わいに深みと熟成感が生まれる反面、エンジェルシェアとして蒸発してしまうアルコールもかなりの量にのぼります。そのため、15年を越えるような熟成のラムはなかなか残っておらず、あってもその稀少性から価格が高くなってしまうのも必然と言えるでしょう。しかしながら、その味わいは、その価格に見合った素晴らしいものであることは、間違いありません。今後もどんどん生産されていくような商品ではなく、おそらく今回入荷した分を逃せば、2度と手に入らなくなってしまうことでしょう。最も注目すべきアグリコールラムの作り手のひとつ「ペールラバ」より長い交渉の末にようやく分けてもらった限定品です。
近代的な設備や大量生産とは無縁の、マリーガラントの風土を表現したかのような「これぞ地酒」と唸らせてくれる深い味わいのヴィンテージラム。手の届かないものになってしまう前に、ぜひ1本確保ください。(輸入元資料より)

ペール・ラバ
ミレジム1989
(ラム/マリーガラント)

度数:55.7% 容量:700ml
¥15,336
(8%税込価格)

探し続けた物語の続き・・・
今、最も注目すべきラムの門外不出秘蔵ヴィンテージ!
失われゆく、いにしえの味わいがここに・・・

カリブ海を中心とする地域で数多くつくられるアグリコールラムの中でも、最も注目度が高く、最もミステリアスな蒸留所と言えばペールラバ。「雨水を使用する」「手でかきまわす」などユニークかつ想像力を刺激する数々の逸話があるのはもちろんですが、この蒸留所に人々が魅かれるのは、かつてはどこでもそうであったであろう「その土地に根付いた人々が、自分たちが愛する酒をシンプルに手作りする」という点にあるように思います。世界中のほとんどの人が知らない小さな島の一角で不器用に作られる酒は、どこか昔の密造酒や自家醸造酒をつくる様を思わせるようで、ノスタルジーとともに酒飲み達の知的好奇心をくすぐってやみません。もちろんそれ以上に、大手生産者の作るラムには無い素晴らしい味わいを持っていることはいうまでもないでしょう。
初めて「ペールラバ・ラムブラン」を飲んだときも衝撃的でしたが、先月発売した「1995年」に驚かれた方も多かったのではないでしょうか?今まで一度も蒸留所はおろか、瓶詰めさえもされたことの無く眠っていた貴重なヴィンテージを、ペールラバを愛する日本のラムファンのためだけに特別に詰めてもらったのが「ペールラバ・ミレジム1995年」でした。
手に入れることがだんだんと叶わなくなっていく「感動的な味わいのラム」を求めてついに見つけたのがこのヴィンテージラムですが、その味わいにはまだまだ「その先」があるのです。世界中で誰も口にしたことのない「ペールラバ・ミレジム1989年」。今、最も注目すべきアグリコールラムの作り手による、「飲んでおくべきラム」がこれです。長い交渉の末ようやく分けてもらった限定品。永遠に失われてしまう前に、ぜひ1本手に入れておくとこをお勧めします。(輸入元資料より)

ペール・ラバ
ミレジム1995
(ラム/マリーガラント)

度数:55.9% 容量:700ml
¥13,207
(8%税込価格)
完売いたしました

感動の再会、この感動を皆様とともに「ペールラバ1995」
『当社では、現在マルティニークラムの全蒸留所と輸入代理店として取引をしています。先月初めに行われた「ラムフェスタ・プラス2011」にはたくさんの方々にお越しいただき、又数多くの銀座のバーの方々にマルティニークラムのお取扱いをしていただき、本当にありがとうございました。
人気の出てきたマルティニークラムですが、その始まりは1本のボトル「トロワリビエール1969年」からでした。当時ラムといえばカクテルや菓子の材料として主に使われていました。エレガントで奥深いコニャックを連想させる1969年は、それまでのラムの概念を変えた1本でした。その後も異なるビンテージラムや様々なブランドを試しましたが、1969年を超えるものをみつけるのは至難の業でした。
2010年にグアダループ島の隣にあるマリーガラント島に行きました。未だに二頭立ての牛を使いサトウキビが運ばれている姿に感銘を受けました。フレンチラム最古の蒸留所、ペールラバはこのマリーガラント島にあり、昔からの製法を守りながら良質のラムを造っています。時代が止まってしまったような蒸留所は休眠中でしたが、すぐ横の静まり返ったセラーには古酒が深い眠りについていました。「本物の酒を探す」旅人の勘が起動し始めました。日本の反対側のマリーガラント島、何度もメールや電話でやりとりし、やっとのことでサンプルを入手しました。無造作な容器に入ったサンプル。グラスに入れて香りを嗅ぎ口に含みました。何と20年以上前に出会ったトロワリビエール1969年の感動が蘇ってきました。「マルティニークをやろう。やりたい!」の味でした。秀逸なシングルモルトの古酒、コニャックやブランデー等、今年も様々なお酒と出会いました。が、多分このラムが1番の発見です。門外不出で今まで瓶詰めされてもいなかったシングルカスクのビンテージペールラバ。オーナーに頼み込んだ甲斐がありました。』<輸入元:(株)ジャパンインポートシステム、社長・田中克彦氏コメント>

トロワ・リビエール
シングルカスク「オーマン」1999
(ラム/マルティニーク)

度数:44.8% 容量:700ml
¥8,928
(8%税込価格)

ラムフェスタ・プラス2011で人気だったシングルカスクがついに入荷!
トロワ・リビエール シングルカスク全種類が勢ぞろい!新入荷2種も相当いい出来です!
マルティニーク島にあるフレンチ・クレオール・ラムの中でも、長年に渡って一番の人気を誇り続けるトロワ・リビエールから、シングルカスク第4弾「オーマン」が待望の新入荷!これで同シリーズの4種類が勢ぞろいしたことになります。9月開催した“ラムフェスタ・プラス2011”においても、非常に人気が高く、入荷の問い合わせを多数いただいておりました。JISとトロワ・リビエールが、たくさんの樽の中からテイスティングを重ね、ベストの樽を選び抜いた自信の商品です。はっきりいって「味に自信あり」の超おすすめ商品です。通常は複数の樽をブレンドすることにより、味わいを均一化するのですが、特に出来のいい樽を選んでいるだけに、それぞれの商品で「個性」を感じることができる非常にユニークかつ貴重な商品です。
商品名にはトロワ・リビエールが持つ自社畑の名前を、そしてラベルも少し懐かしい昔のビンテージ品に採用されていたものを復刻しました。トロワ・リビエールではこれまでにも不定期にシングルカスクをリリースしておりましたが、今回の商品はその中でも特別なものです。フレンチ・クレオール・ラムにおける10年熟成は、シングルモルトの20年〜25年クラスに相当し、深い熟成感凝縮感が味わえます。是非ゆっくりと味わって下さい!ご注文お待ちしております。

<トロワ・リビエール自社畑について>
トロワ・リビエールの自社畑は、大きく分けて4つの区画に分けることができます。この区画はそれぞれ「セロン」、「ピメンタード」、「オーマン」、「シブラン」という名前がついており、テロワールもそれぞれ違うため、収穫できるサトウキビも異なった味わいのものです。今回の「オーマン」果樹園に囲まれ、収穫されたサトウキビもフルーティな味わいを持っています。(輸入元資料より)

トロワ・リビエール
シングルカスク「シブラン」1999
(ラム/マルティニーク)

度数:44.8% 容量:700ml
¥8,928
(8%税込価格)

ラムフェスタ・プラス2011で人気だったシングルカスクがついに入荷!
トロワ・リビエール シングルカスク全種類が勢ぞろい!新入荷2種も相当いい出来です!
マルティニーク島にあるフレンチ・クレオール・ラムの中でも、長年に渡って一番の人気を誇り続けるトロワ・リビエールから、シングルカスク第3弾「シブラン」が待望の新入荷!9月開催した“ラムフェスタ・プラス2011”においても、非常に人気が高く、入荷の問い合わせを多数いただいておりました。JISとトロワ・リビエールが、たくさんの樽の中からテイスティングを重ね、ベストの樽を選び抜いた自信の商品です。はっきりいって「味に自信あり」の超おすすめ商品です。通常は複数の樽をブレンドすることにより、味わいを均一化するのですが、特に出来のいい樽を選んでいるだけに、それぞれの商品で「個性」を感じることができる非常にユニークかつ貴重な商品です。
商品名にはトロワ・リビエールが持つ自社畑の名前を、そしてラベルも少し懐かしい昔のビンテージ品に採用されていたものを復刻しました。トロワ・リビエールではこれまでにも不定期にシングルカスクをリリースしておりましたが、今回の商品はその中でも特別なものです。フレンチ・クレオール・ラムにおける10年熟成は、シングルモルトの20年〜25年クラスに相当し、深い熟成感凝縮感が味わえます。是非ゆっくりと味わって下さい!ご注文お待ちしております。

<トロワ・リビエール自社畑について>
トロワ・リビエールの自社畑は、大きく分けて4つの区画に分けることができます。この区画はそれぞれ「セロン」、「ピメンタード」、「オーマン」、「シブラン」という名前がついており、テロワールもそれぞれ違うため、収穫できるサトウキビも異なった味わいのものです。今回の「シブラン」は丘陵の上に位置しており、他地区に比べて糖度の凝縮度はやや低いものの、非常にウッディな香りが強い、個性的なサトウキビが収穫される畑です。(輸入元資料より)

トロワ・リビエール
シングルカスク「ピメンタード」1999
(ラム/マルティニーク)

度数:44.8% 容量:700ml
¥8,928
(8%税込価格)

JISと蒸留所が、選びに選び抜いたシングルカスク第2弾!
トロワ・リビエール シングルカスク1999「ピメンタード」
マルティニーク島にあるフレンチ・クレオール・ラムの中でも、長年に渡って一番の人気を誇り続けるトロワ・リビエールから、新たなシングルカスク第2弾「ピメンタード」が入荷致しましたので、ご案内致します。6月6日に東京ビッグサイトで開催したラムフェスタ2010において、今回ご案内する「ピメンタード」と前回発売「セロン」の発売前・先行試飲を行いましたが、ご用意したサンプルがすぐに完売してしまうほどの人気・・・実はこのシングルカスク2種は、JISとトロワ・リビエールで選びに選び抜いた樽から商品化した、自信を持ってオススメできる味わいの商品なのです。また2010年1月下旬には「トロワ・リビエール・ウィーク」という少人数制のセミナーを行いましたが、ご参加者様の意見も参考にさせて頂き、最終的なボトリングを行いました。
商品名にはトロワ・リビエールが持つ自社畑の名前を、そしてラベルも少し懐かしい昔のビンテージ品に採用されていたものを復刻しました。トロワ・リビエールではこれまでにも不定期にシングルカスクをリリースしておりましたが、今回の商品はその中でも特別なものです。フレンチ・クレオール・ラムにおける10年熟成は、シングルモルトの20年〜25年クラスに相当し、深い熟成感凝縮感が味わえます。是非ゆっくりと味わって下さい!ご注文お待ちしております。

<トロワ・リビエール自社畑について>
トロワ・リビエールの自社畑は、大きく分けて4つの区画に分けることができます。この区画はそれぞれ「セロン」、「ピメンタード」、「オーマン」、「シブラン」という名前がついており、テロワールもそれぞれ違うため、収穫できるサトウキビも異なった味わいのものです。今回の「ピメンタード」は自社畑の中で最も南の沿岸部に位置しており、そのサトウキビは爽やかな潮風を受けながら、凝縮された糖度の高いものに仕上がりますが、その味わいに最も近い樽が選ばれております。(輸入元資料より)

トロワ・リビエール
シングルカスク「セロン」1999
(ラム/マルティニーク)

度数:44.8% 容量:700ml
¥8,928
(8%税込価格)

ラムフェスタ2010発売前の先行試飲で即完売!
JISとトロワ・リビエールが選びに選び抜いたシングルカスク

JIS一押しの新商品ラム「セロン1999」
マルティニーク島にあるフレンチ・クレオール・ラムの中でも、長年に渡って一番の人気を誇り続けるトロワ・リビエールから、新たなシングルカスク「セロン1999」が入荷致しましたので、ご案内致します。6月6日に東京ビッグサイトで開催したラムフェスタ2010において、このセロン1999の発売前・先行試飲を行いましたが、すぐに完売してしまうほどの人気・・・実は今回のシングルカスク「セロン1999」は、JISとトロワ・リビエールで選びに選び抜いた樽から商品化した、自信を持ってオススメできる味わいの商品なのです。また今年1月下旬には「トロワ・リビエール・ウィーク」という少人数制のセミナーを行いましたが、ご参加頂いたお客様に試飲して頂いた「発売前の樽出しサンプル」の中に、このセロン1999も含まれておりました。その際の意見も参考にさせて頂き、最終的なボトリングを行いました。
商品名にはトロワ・リビエールが持つ自社畑の名前を、そしてラベルも少し懐かしい昔のビンテージ品に採用されていたものを復刻しました。トロワ・リビエールではこれまでにも不定期にシングルカスクをリリースしておりましたが、今回の商品はその中でも特別なものです。フレンチ・クレオール・ラムにおける10年熟成は、シングルモルトの20年〜25年クラスに相当し、深い熟成感凝縮感が味わえます。是非ゆっくりと味わって下さい!ご注文お待ちしております。(輸入元資料より)

<トロワ・リビエール自社畑について>
トロワ・リビエールの自社畑は、大きく分けて4つの区画に分けることができます。この区画はそれぞれ「セロン」、「ピメンタード」、「オーマン」、「シブラン」という名前がついており、テロワールもそれぞれ違うため、収穫できるサトウキビも異なった味わいのものです。今回の「セロン」は17世紀建造のトロワ・リビエールのシャトーがかつて建っていた場所であり、自社畑の中では比較的南に位置しています。この畑のサトウキビで作られるラムはスパイシーに仕上がりますが、その味わいに最も近い樽が今回選ばれました。

デュケーヌ
エルベ・スー・ボア
(ラム/マルティニーク)

度数:40% 容量:1000ml
¥2,695
(8%税込価格)
品切れしております

ラムフェスタ2010人気bP!!
ラムフェスタ2010において人気bPを獲得!コストパフォーマンスは最高レベルです。昨年11月より正規ルートでの入荷が実現し、あっという間の完売が続いております「デュケーヌ エルベ・スー・ボア」が待望の再入荷です。香りがとても上品で、ほんのりバニラが感じられる味わいです。シガーと合わせても邪魔せず、ロックやソーダで割ってもブレることはありません。多くのお客様に認められた、その実力に少なからず驚くことでしょう。嬉しい1リットルサイズ!定番の1本にして間違いはありません!リピーター続出のアイテムですので、お見逃しのないようお願いいたします。(輸入元資料より)
※商品名「ELEVE SOUS BOIS」(エルベ・スー・ボア)とは「樽熟成」という意味です。

「デュケーヌ」とは・・・フランス領西インド諸島で生産される最も古いラムのひとつで、現地でも人気のある銘柄でしたが、1980年代に稼動を停止、現在はラマニー蒸留所に蒸留器を移設。変わらぬレシピにて生産されています。オーク製大樽熟成により、ふくよかなオークとバニラの風味が特徴のオールラウンドタイプです。

ラムJ.M
キュベ・デュ・フォンダトゥール

度数:45% 容量:700ml
¥11,746
(8%税込価格)

「ラムJ.M」の蒸留所創設160周年記念ボトル
「キュベ・デュ・フォンダトゥール」デキャンタ
画像では見にくいですが、当デキャンタは前面に「1845」という数字が印刷されており、この年にJ.Mは砂糖の精製工場からラムの蒸留所へと変えられました。それから160周年を記念してリリースされたのがこの「キュベ・デュ・フォンダトゥール」です。200リットルのオークバレルで10年熟成されたラムがカスクストレングスで瓶詰めされており、ヴィンテージは90年代半ばのものと推測されます。
J.Mではヴィンテージ商品もカスクストレングスで商品化されておりますが、現在ラインナップにある「1993」や「1999」と、このキュベ・デュ・フォンダトゥールの最大の違いは「樽の強さ」です。他のヴィンテージ商品の特徴が「樽香を効かせた深い熟成感」であるならば、当商品の特徴は「樽香が柔らかく感じられる、サトウキビの綺麗な凝縮感」であると言えます。カスクストレングスのフルボディでありながら、他の商品とは一線を画した味わい。是非お試し下さい!(輸入元資料より)
ラムJ.Mについて・・・マルティニーク島で唯一、原料のさとうきびを全て自社畑でまかなっている蒸留所。自社畑が蒸留所の周辺にあるため、収穫後1時間以内に破砕が完了し、蒸留はフレーバーを可能な限り残すため、全て70%までに限定しています。また各種ヴィンテージラムを豊富にリリースしており、その全てをカスクストレングスで商品化。マルティニークの中でも一番熟成に力を入れている蒸留所と言えます。

ラ・フェイバリット1978
for JAPAN
(マルティニーク・ラム)

度数:40% 容量:700ml
限定生産:180本
完売いたしました

遂に実現しました!人気のマルティニークラム「ラ・フェイバリット」
日本向け限定シングルヴィンテージ1978
人気の長期熟成プレミアム・マルティニークラム「ラ・フェイバリット」から待望の日本市場限定ヴィンテージがリリースされました。現地より、1970年代の樽のストックからサンプルを取り寄せ、テイスティングして選んだ1970と1978をシングルヴィンテージとして限定本数を瓶詰めしました。
ラ・フェイバリット蒸留所の創業は1842年。1875年には倒産してしまい、続けて襲ったハリケーンにより1909年まで長らく閉鎖されたままでした。そんな不遇続きの蒸留所でしたが、1905年にアンリ・ドルモア氏が買収し、蒸留器などの設備を一新。1920年に蒸留所でのラムの生産を再び開始し、フランス国内での販売を始めました。アンリ氏の死後、息子のアンドレが後を継ぎ、現在のオーナーである、ポール・ドルモア氏が祖父の意志を受け継いで、頑なに家族経営をつらぬき、小規模ながら先祖代々の高品質を守り続けています。
今回の限定品では、ネックの金色のメダルに、しっかりとヴィンテージ表記と3R向け限定品の旨の記載が刻まれ、まさに小規模の生産者だからこそ実現したプロジェクトです。マルティニークラムの生産者はこの数十年で、大手資本に買収されてしまったところがほとんどで、故に単一市場向け限定品をリリースしているところは、あまりありません。そればかりか、シングルヴィンテージとして一般発売しているところも極僅か。
味わいの特徴としては、1970はウッディで、シナモンスティックのようなとろみのある甘さがあります。1978はよりスパイシーでボディが太く、干したプルーンのような旨みのある酸味が感じられます。わずか8年の違いですが、それぞれがしっかりとした、異なる個性を持つヴィンテージラムです。現在市場ではあまり流通していない、長期熟成のヴィンテージ入りラムで、しかも日本市場限定品です!是非この機会にお買い求め下さい。(輸入元資料より)

ラ・フェイバリット
ラム・ヴィユー
(マルティニーク・ラム)

度数:40% 容量:700ml
平均熟成4年
完売いたしました



セント・エティエンヌ
ブラン・キュヴェ2000
(マルティニーク・ラム)

度数:50% 容量:700ml
¥2,500
品切れしております

<オフィシャルテイスティングノート>
非常にピュアなアロマが印象的。
複雑で幅広い味で、メロンや花、白胡椒やアーモンド、
バターシロップなど様々な味が奥深く広がっていく。

この商品は2000年のミレニアムを記念して蒸留したラムを、スチールタンクにて4年間ゆっくりと熟成し、2004年に瓶詰めされました。そして、このブランは、なんと一切加水をしていないナチュラルストレングスなのです!4年間じっくりと熟成させて、50度にまで落ちたところで瓶詰めするという、大変珍しいラムなのです。
セント・エティエンヌ社の創業は1865年。957ヘクタールという広大なサトウキビ畑を所有し、マルティニーク島でサトウキビの生産からボトリングまでを、自社の管理下の元で一貫して行っています。蒸留は、同島にあるサイモン蒸留所に自社の蒸留器を持ち込み、間借りする形で行っています。もちろん高品質の「アグリコール・ラム」(さとうきびのジュースから造る少量生産のラムをこう呼ぶのに対し、糖蜜やさとうきびのシロップから造る大量生産のラムを「インダストリアル・ラム」と呼びます)ですので、その製法や熟成など、細部にまでこだわった、少量生産ならではの味わいがあります。(輸入元資料より)

HSEサンテ・ティエンヌ
ブラン
(マルティニーク・ラム)

度数:40% 容量:700ml
¥1,580
品切れしております

セント・エティエンヌの名声を確立したとも言われるのが、このブラン(=ホワイトラム)です。収穫したその年内に蒸留され、新鮮なサトウキビの味わいと典型的なテロワールが感じられます。パッケージが一新され度数も40%となり、よりフルーティさが強調されて飲みやすくなりました。ブランに定評のある同蒸留所が自信を持ってリリースする、飲み方を選ばない香り高いラム!是非お試しください。(輸入元資料より)

デパズ
プランテーション

度数:45% 容量:700ml
¥3,920
品切れしております

オーク樽で3年間熟成された商品。
デリケートなバニラやココナッツチョコレート、プルーン、
ココア、シナモン、ナツメグなどが感じられます。
デパズの個性が詰まったスタンダード商品。
(輸入元資料より)

マルティニーク島産アグリコール・ラム
マルティニーク島の火山であるペレ山の麓に、島内で最も美しいさとうきび畑が広がっています。それがデパズ。1651年から350年以上もの間、サン・ピエールの町で重要な役割を果たしてきたデパズは、マルティニーク島の北西に位置しています。現在の蒸留所は1902年のペレ山の噴火に伴い蒸留所が被害に遭った後、創始者系統の生存者であったビクター・デパズが1917年に再建に成功したもの。しかしこの時の火山灰によって土壌は肥沃になり、いまでも「爆発」するようなラムが楽しめます。それは「アグリコール・ラムのグランクリュ」とも表現されています。
デパズはホワイトラムだけではなく、ゴールドラムや熟成したラムなどその全てが非常に良質なものと定評があります。何百年もの間、デパズのラムは高い評価を与えられてきました。これまでに受賞してきた数も多く、1902年のペレ山の噴火以降、1922年、1927年そして1931年にマルセイユでメダルを取得しています。最近では、2006年と2007年にビュー・プランテーションがパリの大会でメダルを所得しました。(輸入元資料より)

アグリコール・ラム・・・通常のラムは、さとうきびジュースから砂糖の結晶を分離して残った糖蜜を発酵・蒸留する「インダストリアル製法」(=工業的製法)で生産されます。しかし「アグリコール製法」(=農業的製法)では、砂糖の結晶を分離せず、さとうきびを搾ったジュースをそのまま発酵・蒸留して造られます。言い換えれば、さとうきびの砂糖の成分まで全て味わいに生かされる、しかし世界で最も生産コストのかかる(さとうきびジュースの価格は糖蜜の約10倍)、とても贅沢な製法と言えます。そしてフレンチ・ラムに対して頻繁に用いられる「良質なコニャックを思わせる豊かで繊細な香り」という表現は、まさにこの製法に由来しています。

シングルモルトのページ イチローズ・モルト マルスウィスキー シングルカスク駒ケ岳

ご注文はメール、またはお電話でお願いします。



(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 ダイエー三芳店前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 毎週水曜
営業時間 9時30分〜20時
未成年の飲酒は禁じられています