奈良・葛城酒造「百楽門」の濁酒(どぶろく)

2015年の「百楽門の濁酒(どぶろく)」 
入荷しました!


奈良の葛城酒造さんから、珍しい「濁酒(どぶろく)」のご案内です!

毎年11月23日に全国の神社において、新穀感謝祭(宮中では新嘗祭)が行われます。その年に収穫された新穀を神様にお供えし豊作を感謝する儀式で、古事記にもその記述が見られます。
「百楽門」を醸す葛城酒造さんでは、伝統ある御神酒用にごり酒の製造を受け継ぎ、後世に伝えるべく、平成13年から奈良県神社庁より委嘱を受け、全国で唯一500年前に創醸された「水もと」造りで、新穀感謝祭用の御神酒にごり酒を造っています。醗酵したモロミをこさずに瓶詰めしています。お米の粒粒が残っており、「清酒」l規格のおり酒、にごり酒ではなく、本物のどぶろくです。この独特の味わいはまさに「酒を食べる感覚」。是非、古来から伝わる伝統製法で造られた、神様にお供えするどぶろくをお試し下さい!


百楽門 どぶろく生酒火入れと生酒の二種類がございます。
百楽門 どぶろく・百楽門 どぶろく 生原酒 720ml¥1,620
 (アルコール分 15度から16度未満 を予定)


御神酒の製造を許されている葛城酒造さんだからこそできる、古来の製法で造られた(水もと造り)、本物のどぶろくです。
できたてのお酒をそのまま瓶詰めしていますので、瓶内で微醗酵しています。
また、このお酒は生酒です。保存は冷蔵庫でお願いします。

水もと造りで醸造した、珍しいどぶろくです。水もと造りとは、江戸時代に確立された「生もと造り」より、はるか以前の室町時代に奈良県正暦寺で創醸された造りです。酸味が利いたやや甘口のお酒になります。
微発泡のピチピチ感と見た目ほどではない、やわらかな軽い口あたりのどぶろくです。お米の粒粒が残っているので、飲むというより「食べる感覚」のお酒です。

*注意 720mlはネジ栓(キャップ)を使用しています。ゆっくり左へ回し、お酒があふれそうになると閉め、液面が落着くと再度開栓方向に回します。この方法を数回繰り返すと、液面が落着き(ガスが抜ける)、それから開栓してください。


百楽門 濁酒・百楽門 濁酒 1.8l¥2,700 720ml¥1,350

 (アルコール分 12度から13度未満 を予定)

上記のどぶろくを火入れ(生詰め)したお酒です。生詰めのお酒ですので、このお酒も冷蔵庫で保管してください。
御神酒の製造を許されている葛城酒造さんだからこそできる、古来の製法で造られた(水もと造り)、本物のどぶろくです。
酸味の利いたやや甘口で、見た目よりもやわらかな軽い口あたりの濁酒。お米の粒粒が残っていますので、飲むというよりも「食べる感覚」のお酒です。
熟成させても美味しいので、できれば、2本お買い上げいただいて、1本はすぐに、もう1本は冷蔵庫で少し寝かせてから飲むと味の変化が楽しめます。<1.8lは完売>


*両商品とも、「濾す」工程はございませんので、異物が入っていることがございますが、異物は籾殻や竹箒・木製の櫂棒などの減菌された醸造用道具の一部です。人体に害はございませんので、取り除いてお召し上がりください。

是非、飲み比べて、お好みの味をお探しください!


今月のおすすめ  

 美味しいお燗酒  おすすめギフト ピチピチ新酒 秋の日本酒「ひやおろし」


・田酒・喜久泉 ・陸奥八仙 ゆきの美人 ・春霞 ・白瀑
・南部美人 ・東北泉 ・出羽桜 ・雅山流 ・寫楽
・國権 ・墨廼江 ・花陽浴 ・神亀 ・八海山
・川中島幻舞 ・明鏡止水 ・尾瀬の雪どけ ・開運 ・手取川
・黒龍 ・満寿泉 ・十旭日 ・扶桑鶴 ・鷹勇
・石鎚 ・土佐しらぎく ・庭のうぐいす ・旭菊・獺祭


ご注文はメール、またはお電話でお願いします。



(有)山武商店 よしのや
埼玉県富士見市関沢2−25−53(東武東上線鶴瀬駅西口徒歩8分 ダイエー三芳店前)
電話 049−251−7604
FAX 049−255−5990
メール
 info@e-yoshinoya.co.jp
定休日 毎週水曜
営業時間 9時30分〜20時
未成年の飲酒は禁じられています